« さくらに一票! | トップページ | アキレス腱断裂! »

2013年11月19日 (火)

ついつい愛国心が。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

先月の16日、ちょうど我が愛娘の1歳の誕生日birthdayでしたが、あの日は十勝地方では観測史上最も早い「初雪snowが降ったのですが、それはまだ皆さんの記憶でも新しいところだと思いますpaper

あれから1ヶ月以上が経ちましたが、いまのところ十勝では「雪」が降る気配はないようです。

一応、明日の天気予報では「一時、雪」の予報となっはいますが、積もるほどの雪にはならないようです。

このまま雪の降らない冬となれば、僕個人的てには嬉しい限りなのですが、もちろんそんなことはありえませんcoldsweats01

今年は何回ぐらい「ドカ雪」がやってくるのか、今から不安で不安で仕方ありませんbearing

「雪」が降れば降るほど、僕の早朝出勤の回数が増えますし、おのずとブログ上でも愚痴が増えると思いますwobbly。そうならないようには気をつけますが、一番良いのは雪が降らないことですpaper

今年は「雪の少ない冬」を願いたいものですconfident。そうなればとっても嬉しいワイ(Y)(古い?)coldsweats01

20131119_180121

冬の到来に備えて娘も帽子を新調しましたshine。これでいつ冬が来てもだいじょうブイ(V)(これも古い?)coldsweats01

さてそんな今日ですが、僕は先程までTBS系列で放送されていた、ボクシングWBA世界バンタム級タイトルマッチ、亀田興毅の試合を見ていましたtv

スポーツ観戦が大好きで、もちろんボクシングの試合もテレビで観戦することの多い僕ですが、基本的には「亀田一族」があまり好きはではないのでthink、彼らの試合を観ることはまず無いのですが、今日は敵地韓国での試合ということで、ちょっと見てみようと思いチャンネルを合わせてみましたtv

するとsign03

これまでのように、見渡す限り「亀田ファン」で覆われていた日本での戦いとは違い、完全アウエー状態での戦いに、チャンピオンの亀田興毅は完全に防戦一方の戦いを強いられていましたsweat01

それを見ていると、なぜか嫌いなはずの亀田興毅のことを心の中で応援する僕がいましたcoldsweats02。やっぱり僕は日本人なんですね・・・

ついつい愛国心がそうさせましたcoldsweats01

20131119_231328

挑戦者の強打がヒットimpactし、亀田の瞼には傷ができ、ダウンdownも奪われてしまった亀田は完全にに窮地に陥ってしまいましたbearing

20131119_231335_2

「負けるな亀田!日本人の意地をみせろ!」僕は思わず興奮して応援に熱が入ってしまいましたup

日本での試合では、同じ日本人なのに本当に憎たらしいくらいに感じてしまう亀田のことを、ここまで応援してしまうのですから、「愛国心」というものは凄いものなんですねconfident。改めて自分でも思いました。

ちなみに、今日は国外での世界戦ということで、日本ボクシング界からは事実上の“永久追放”となっている、父の亀田史郎氏の姿もありました。

後半のラウンドも韓国人挑戦者が優位に試合を進め、結局亀田興毅にとってはこれといった見せ場もないまま12Rが終わり、試合は判定にもつれこみました・・・

「誰がどうみても、これは負けだよな・・・」

さすがにこればかりは「日本人」というひいき目で見ても、勝ち目のない判定勝負でしたbearing

もちろん、韓国人挑戦者サイドか“勝ち”を確信してはずです。

しかし試合が終わり、ジャッジの判定の結果を書いたペーパーの集計作業がすぐに行われるはずが、なかなかその集計が出ません・・・

これも日本での試合とは違い、韓国では勝手が違うようです。

すると、あろうことか肝心要の判定結果が発表される前に、放送時間を延長していたにも関わらず放送送時内にその映像を見せることなく、テレビの画面はCMになってしまったではないですかsign03

「えっーーー、それは無いでしょうTBSさん!」

そして待つこと数分、次の番組の『NEWS23』が始まり、その冒頭でボクシングの結果が伝えられましたtv

注目のその結果はsign03

20131119_231320

何と、まさかの亀田興毅の勝利でしたcoldsweats01

「えっ、まじで?」僕は思わず驚愕しました。

もちろん、「愛国心」で応援していたので勝ったことは嬉しいのですが、試合内容は完全に負けていたので、この判定結果には少し疑問が残りますbearing

これは「愛国心」どうこう、「日本人」どうこうの次元ではなく、適正なジャッジが行われているのか、スポーツで最も大事なところに、「???」が思わず付いてしまいます。

しかしながら、亀田が勝利したという事実は変わりありませんgoodこれで8度目の防衛crownとなり、これは現役日本人王者では最多ということになりますshine

今日の試合で分かったことは、決して派手さの無い、手堅い亀田興毅のボクシングスタイルでは、完全アウエーのようなところではなかなか勝機を見い出せないということです。

そして、どれだけ嫌いな選手でも、敵地となればついつい愛国心が湧き出てきてしまうということですscissors

ただそれは今日だけのこと、試合後のインタビューや態度を見る限り、やっぱり僕は好きにはなれませんthink

また日本でのタイトルマッチとなれば、テレビで観戦することもないでしょう。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日birthday2> 11月19日生まれ

松崎しげる(64歳)、松任谷正隆(62歳)、安藤優子(55歳)、メグ・ライアン(52歳)、ジョディ・フォスター(51歳)

|

« さくらに一票! | トップページ | アキレス腱断裂! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/53906007

この記事へのトラックバック一覧です: ついつい愛国心が。:

« さくらに一票! | トップページ | アキレス腱断裂! »