« ロックンロール! | トップページ | 大器、華開かず・・・ »

2013年11月14日 (木)

バックミラーの怪奇・・・

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日も「晩秋」に相応しい清々しい一日でしたsun

北海道では「晩秋」というよりは、もう「初冬」という響きが相応しいのかもしれませんが、少しでも「秋」の終わりが長引くことを祈りますmaple

では「秋」の終わりはどこで判断するのか?

やっぱり「雪snow」が降った時点で「冬」の始まりなので、そこで「秋」は終わったと解釈するのが正しいのでしょうか?

だとすれば、既に十勝では先月の16日に「初雪snow」を観測したので、その時点で「秋」は終わり「冬」になったのでしょうかねcoldsweats01

でも、その後は気温も上がりupまだ「晩秋」らしい日が続いていたので、ちょっと「冬」とはいいにくいものがありますpaper

なので、僕の中では十勝に限っては今はまだ「秋」ですhappy01

車のタイヤ交換carをした時、冬物のコートt-shirtを着た出した時、最低気温が氷点下downになった時など、「冬」の始まりを決めるポイントは幾つかありますが、今度「雪」が積もった時点で「冬」と判断することにしますgoodあるいは、雪が降らなくても「12月」になれば、その時点で「冬」と判断して間違いないでしょうpaper

皆さんの中で、もう既に季節は「冬」ですか?それともまだギリギリ「晩秋」ですか?

今日は「季節の変わり目」について、少し考えてみた猫男爵でしたcat

さて、そんな今日この頃ですが、すっかり陽が暮れるのも早くなり、午後4時を過ぎると辺りは徐々に暗くなり、午後5時頃には真っ暗になりますnight

僕が仕事から帰る頃は、真っ暗な中を車を運転carして帰宅するのですが、実は一昨日の帰路で摩訶不思議な出来事がありましたsign02

いつもように僕は通いなれた通勤路を、愛車のハンドルを握りながら運転していましたcar

僕の職場から自宅までは、時間にして車でおよそ10分程度の道のりですpaper

自宅まであと5分ぐらいというところを走行している時、ちょうど僕の後方に1台の車rvcarが走っており、少しずつ僕の車に近づいてきました。

あまり車間距離をとらない車だったので、車のライトflairが結構まぶしくて「嫌だな・・・」と心の中で思っていましたdespair

ちょうどそこは「追い越し禁止」の車線でしたので、後方の車は僕の車を追い越していくこともできずにいました。

僕は後ろの車が少し気になったので、バックミラーでチラチラ確認しながら運転していましたeye

そして、何度かバックミラーを覗き込んでいたその時に問題は起きたのですsign03

バックミラーで後方をまだ走っている車のライトを確認して、僕は前方へ目線を変え、そしてもう一度バックミラーを覗き込みましたeye

時間にして、1秒か2秒の世界です。

すると何とsign03

先程まで後方にいたはずの車の光り輝くライトの姿が無くなっているではありませんかsign02

一応説明しておきますが、僕がその時走行したところには、右折も左折もできるところは無く、停車して休憩するような場所もないのですpaper

もちろん、後方にいた車が追い越していったわけでもありません。もしも追い越していったのなら、僕の車の真横を通るわけですから分からないわけがありませんし・・・

では、いったい2秒前まで後方にいたはずの車はどこにいったのでしょうか???

それはいまだに僕には分かりません・・・

これはもしかして怖ろしき怪奇現象なのでしょうかshock

本当はそんな車じだいが存在しておらず、僕が見ていたのはこの世には存在しないものだったのでしょうか・・・

確かにその場所は、過去に事故が起きている場所ではありますsad。その場所じたいは決して「事故多発地帯」というわけではありませんが、その数キロ先では何度か事故が起き、過去に数名が亡くなられているのも事実ですshock

だとすれば、そのような怪奇現象が起きても不思議ではないかもしれませんdespair。正直、僕はそういうのは大の苦手ですが・・・

それか、可能性として考えられるのは、何からの理由で急に道路の路肩に車を止めてライトも全て咄嗟に消したのか・・・

あるいは、ただたんに僕が疲れていて、後方で車が走っていると勝手に思い込んでいただけなのかもしれませんcoldsweats01

というか「そうであって欲しいsign03と、僕は自分で「単なる思い込みだったのだと、車は元々走っていなかったのだ」と、そう言い聞かせることにしましたcoldsweats02

その道は僕が22歳の頃から、かれこれ17年間毎日通っている道です。そしてこれからも毎日通る道でもあります。

なので、単なる僕の思い込み、それが一番の答えですpaper。そしてそれが間違いなく正解なのですcoldsweats01

皆さんはそういった摩訶不思議な体験はされたことはありますか?

今日は夏でもないのに、若干背筋がブルっshockとするお話でしたね、申し訳ありませんでした。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日birthday2> 11月14日生まれ

阿藤快(67歳)、中野浩一(58歳)、あめくみちこ(50歳)、森崎博之(42歳)、片岡安祐美(27歳)、千代大龍(25歳)

|

« ロックンロール! | トップページ | 大器、華開かず・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/53916494

この記事へのトラックバック一覧です: バックミラーの怪奇・・・:

« ロックンロール! | トップページ | 大器、華開かず・・・ »