« NECO’S キッチン♪65 | トップページ | 予期せぬ結末! »

2013年10月13日 (日)

あの感動を再び!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は風がやや強く、この時期としては少し肌寒い感じがした一日でしたが、3連休の「中日」を皆さんはどうお過ごしになられましたか?

僕はと妻のご両親の5人で、とある場所の「そば祭り」に行ってきましたhappy02

Dsc_1898_2

目の前で「蕎麦」を打っている所も見学でき、しかも「蕎麦」を打っているのは「蕎麦打ち日本一になった人shadow」と、「蕎麦打ち名人shadow」というのですから、かなりの腕前ですscissors

もちろん「蕎麦」は抜群に美味しかったですgood冷たい秋風の中で、温かい「蕎麦」が身も心も温めてくれましたconfident

この時期は各地で「蕎麦祭り」が盛んに行われていますが、やっぱり「蕎麦」は最高ですshine和の象徴に相応しい食べ物の1つですpaper

冷たい「ざる蕎麦」も好きですが、これからの寒い季節は「温かい蕎麦」をたくさん食べたいと思いますhappy01

さて話は変わりますが、今日は高校野球の第66回秋季北海道大会決勝戦が札幌円山球場で行われましたbaseball

我が十勝地区から、悲願の「春の選抜大会」出場を目指した白樺学園は、惜しくも昨日の準決勝で敗れてしまい非常に残念でしたが、今日は室蘭地区の駒大苫小牧高校と、札幌地区の札幌大谷高校で決勝戦が繰り広げられましたpaper

皆さんご存知のように、駒大苫小牧の大ファンである僕は、無論「駒苫」を応援していましたが、1点を争う大接戦の結果、「3対2」で見事に駒大苫小牧が勝利しましたscissors

Dsc_1911

秋季大会としては8年ぶり4回目の頂点に駒大苫小牧が立ちましたcrown

8年前といえば、2005年秋のことですconfident

この時は皆さんもよくご存知だと思いますが、あの「夏の甲子園連覇」と成し遂げた後の新チーム、つまり「マー君」こと田中将大を中心とした新チームで掴んだ「秋優勝」という大会でしたcrown

圧倒的な強さを誇り、春の選抜でも「全国制覇」が期待されていましたが、残念ながら大会直前の不祥事により、駒大苫小牧は2006年春の甲子園の土を踏むことはfootできませんでした・・・

今日のこの8年ぶり4回目の秋季大会優勝により、駒大苫小牧の「春の選抜大会」出場はほぼ確実ですscissors

春の選抜大会は2005年大会以来9年ぶり、そして甲子園出場じたいは2007年夏以来7年ぶりということになりますhappy01

2000年代半ばの高校野球界を席巻したあの強い駒大苫小牧が、遂に復活する日がやってくるのか、今から僕は楽しみで仕方ありませんsign03

きっと駒大苫小牧のことですから、僕達道民に、そして日本全国の高校野球ファンに、あの感動を再び感じさせてくれると、そう僕は強く信じていますhappy01

なぜなら、このチームを率いているのが彼だからですshine

Dsc_1913

佐々木孝介監督、そうですflair2004年、初めて「深紅の大優勝旗」が津軽海峡を越えた時、その優勝旗を手に持ち帰ってきたのが、当時の主将だった佐々木監督なのですshine

まだ27歳と年齢は若いですが、あの名将・香田監督から学んだ“香田イズム”をしっかりと継承している彼の監督としての手腕は、非常に素晴らしいものがあると僕は思っていますhappy01

その証拠に、2007年以降どん底downだった駒大苫小牧を、2009年監督に就任以降は、以前のような輝きを取り戻させ、ここ数年は北海道大会の決勝戦にまで駒を進めさせてきましたpaper

惜しくも甲子園にあと一歩のところでの惜敗が続いていましたが、今日遂にその悲願が叶ったのですsign03

きっと今日の駒大苫小牧の勝利を喜んでいるファンは、北海道だけに限らず全国にもたくさんいるはずですhappy01。それだけ駒大苫小牧の、あの甲子園で見せた数々の感動的なドラマは、ファンの心を強くうっていたのですからconfident

きっとこの駒大苫小牧の秋季大会優勝という結果を、OBたちも心から祝福していると思いますconfident

特に2006年、「甲子園3連覇」という偉業に手が掛かりながら、決勝戦で早稲田実業に敗れた時のOBたちにとっては、この復活はひとしおだと思いますconfident

この復活劇には、今年、日本プロ野球史に残る大記録を次々に記録し、大活躍したマー君の力というものも大いに貢献していると思いますpaper

彼の投げる姿を見て、現役の駒大苫小牧の選手達はたくさんの勇気をもらったと思いますshine

もちろん、マー君だけでなく多くのOBたちの願い、それが母校の復活だったと思います。そのOBたちの強い願いが今日のこの勝利を呼び起こしてくれたのだと思いますup

春の選抜大会まではまだ半年近くの時間があります。

北海道の寒い冬snowを乗り越え、選手達にはひとまわりもふたまわりも、たくましく成長して、そして佐々木監督の下で、夢の「紫紺の大優勝旗」を今度は北海道に持ち帰ってきて欲しいと思いますup

駒大苫小牧ファンとして、僕は今日の優勝を心から喜び、そして春の選抜大会での活躍を大いに期待していますhappy02

これは余談ですが、今日の決勝戦、駒大苫小牧といえばもちろん「マー君」の母校ですが、相手の札幌大谷はマー君の妻でタレントの里田まいの母校でもあるそうですpaper。つまり今日は、夫婦の母校対決ということだったみたいですbaseball

そんな話を聞くと、やっぱり今年は色々な面でマー君の話題を中心に動いた一年だったのかもしれませんねconfident

さて、明日は僕が出場する駅伝大会がありますsports

目標は「アキレス腱を切らずにケガなく完走すること」ですが、過去に2度優勝経験のある僕らですから、ちょっと欲を出して今年から3連覇でも目指してやってみようかな?coldsweats01

駒大苫小牧でも成し遂げられなかった3連覇ですから、達成すればそれは伝説になることでしょうshine

20131013_224117

「パパ、わたちも応援しているよ。パパ、1番になってね!」

僕にはのその言葉がしっかりと届いていますconfident

というわけで、僕も優勝のあの感動を再び味わってみるために頑張ってみたいと思いますscissors

明日の駅伝大会の結果はすぐにご紹介しますので、皆さんも楽しみにしていてくださいねhappy01

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日birthday2> 10月13日生まれ

樋口久子(68歳)、大和田獏(63歳)、金田明夫(59歳)、森昌子(55歳)、生瀬勝久(53歳)、松嶋菜々子(40歳)、鳥羽潤(35歳)、イアン・ソープ(31歳)、misono(29歳)、益若つばさ(28歳)

|

« NECO’S キッチン♪65 | トップページ | 予期せぬ結末! »

コメント

白樺学園残念…
最高の組合せのトーナメントだったのに(>_<)
決勝で駒苫戦が見たかったのに、まさか札幌大谷にまで香田イズムの血が流れてるとは知らなかった( ̄□ ̄;)!!

投稿: 29 | 2013年10月14日 (月) 12時37分

29さん
白樺学園本当に残念でした。
決勝にはいけると僕も思っていました。そして決勝で負けても、駒大苫小牧が神宮大会で優勝して神宮枠で春の選抜出場というのが、僕の描いていたビジョンだったのですが・・・
夏に期待しましょう!

投稿: 猫男爵 | 2013年10月14日 (月) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/53591936

この記事へのトラックバック一覧です: あの感動を再び!:

« NECO’S キッチン♪65 | トップページ | 予期せぬ結末! »