« 畑でも3人一緒だね♪ | トップページ | 栄ちゃんにシュッ、健ちゃんにシュッ♪ »

2013年9月24日 (火)

僕らに夢をありがとう!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日もニュースtvでやっていましたが、相次ぐ「JR北海道」の事故トラブルには本当に怒りを通り越して呆れていますthink

どうしてこうも毎日、次々とトラブルが起きてしまうのでしょう?これでは乗客が安心して利用する事など、もはや不可能ですdown

北海道は面積が広い分、移動するには当然交通機関の利用は避けては通れませんpaper。飛行機airplaneやバスbusなどもありますが、はやり一番利用頻度が高いにはJRになるわけですbullettrain

実は僕も今週、出張で札幌に行く予定なのですが、最近の相次ぐトラブルでJRを利用するのは控えて、自家用車で行こうかと考えていますcar

ただでさえ、乗り物にはツキのない僕ですから、このような事態の時に僕が乗っていると何が起きるかわかりませんからcoldsweats01

百歩譲って、車両のトラブルは部品が劣化することもあるので仕方無しとしても、運転手や車掌による怠慢な行為(居眠りや事故の隠蔽)は許されないことですangry

JRには徹底的に事故の解明をしてもらい、社員一丸となって信頼の回復に努めてもらいたいです。でないと、本当に利用するのが正直今は怖いです・・・

北海道にお住みになっている皆さんも、きっと同様の気持ちかと思いますが、交通機関はまず第一に「安全」が最優先でなければいけませんよねpaper

一刻も早い、事態の解決を望みますconfident

さて話は変わりますが、今から124年前の昨日1889年9月23日、この日にある「花札会社」が創立したのですが、皆さんご存知ですか?

その会社とは「任天堂」ですshine

老舗の花札会社だった任天堂は、1980年代以降は家庭用ゲーム機器に力を注ぎ、その名を世に知らしめることになりましたgood

僕達「アラフォー世代」にとっては、子供の頃に「ファミコン」という夢のゲームを与えてもらい、この会社からたくさんの夢をいただきましたconfident

001

その「ファミコン」の産みの親でもあり、ゲーム産業で一時代を築いた任天堂の前社長、山内溥氏が、9月19日にご逝去されました。85歳でした。

「ファミコン」で楽しい子供時代を過ごした僕にとっては、「任天堂」という会社の名前は知っていても、山内氏の名前は全く知りませんでしたbearing

結果的に亡くなってから、彼が僕らに夢を与えてくれた人だということが分かりましたpaper

思い返せば、「ファミコン」との出会いは衝撃でしたhappy02sign03

210703574_5e6e8aeb9d

この1つのゲーム機が、日本中の子供達をどれほど楽しませてくれたことかhappy02

今でこそ、パソコンpcや携帯電話mobilephoneの普及などで、誰でもどこでもゲームを気軽に楽しむことができますが、1980年代前半にはテレビの画面を通じてゲームで遊ぶことができるなど、画期的なことでしたflair

Dscn9933

世に出たそのゲームの種類は数え切れない程ありますshine

僕も50本近くのファミコンのカセットを持っていましたが、友達とカセットを貸し借りしたりして、色々なゲームをすることができるのも楽しみの1つでしたgood

20071101news_pic

中でもこの「スーバーマリオブラザーズ」との出会いは今でも忘れることのできない歓喜の瞬間でしたhappy02

Familystudium01

野球好きの僕にとってはこの「ファミリースタジアム」も、大好きなゲームで毎日のように友達と何試合も戦い、楽しい思いをしましたhappy02

それもこれも、山内氏の存在があったからこそなんですねconfident

1983年7月15日に「ファミコン」は発売が開始されたわけですが、当時の開発責任者だった上村氏shadowという方は、ある雑誌でこう語っていました。

それは、ファミコン発売の2年前のことです。上村氏の自宅に電話telephoneが掛かってきたそうです。

「カセット式の家庭用テレビゲームを開発してくれ。3年間は競争相手が出ないような機械を頼む!」

その声の主こそが、山内氏だったそうですpaper

当時は、同じく任天堂が発売していた「ゲームウォッチ」が大ヒットしていたのですが、それに超えるものを山内氏は求めていたのでしょう。

そしてその「ゲームウォッチ」でも大人気だった「ドンキーコング」を、家庭用テレビゲームにするという上村氏の判断が見事にハマり、「ファミコン」は日本はおろか世界中でも愛される商品になったのですshine

山内氏の突然の開発指令がなかったら、きっと今頃、世の中に「ファミコン」というものは存在していなかったのかもしれませんconfident

そうなると、僕達の子供時代の過ごし方はつまらないものになっていたのかもしれませんbearing。それは何も子供だけではありません、少なくとも大人のライフスタイルにも何らかの変化を与えていたことは間違いないと思います。

ゲーム市場ではその後、ライバル会社によって様々なゲーム機器が開発・発売され、近年はスマートフォンの普及などもあり、その人気は奪われつつありますが、山内さんが作り、そして育てたゲーム文化の灯りは消えることはないでしょうconfident

僕は大人になった今、改めてその「ファミコン」の偉大さを感じ、そして出会えたことに感謝していますhappy01

亡くなった山内氏には、その感謝の思いをこめてこう伝えたいですpaper

僕らに夢をありがとう!天国で安らかにお眠りくださいconfident

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日birthday2> 9月24日生まれ

筒井康隆(79歳)、田淵幸一(67歳)、KAN(51歳)、羽田美智子(45歳)、桜塚やっくん(37歳)、リア・ディゾン(27歳)

|

« 畑でも3人一緒だね♪ | トップページ | 栄ちゃんにシュッ、健ちゃんにシュッ♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/53364482

この記事へのトラックバック一覧です: 僕らに夢をありがとう!:

« 畑でも3人一緒だね♪ | トップページ | 栄ちゃんにシュッ、健ちゃんにシュッ♪ »