« トニー・タッブス。 | トップページ | 唯一無二の審判。 »

2013年9月10日 (火)

NECO’S キッチン♪63

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

ここ数日は日中の陽ざしがとても気持ちよく、秋らしい日が続いています。気温は25℃近くにまで上昇していますが、やはり風が夏のものとは違い、涼しく感じられます

陽が沈む時間も少しずつ早くなりましたし、9月もまもなく半ばを迎えるわけですから、もう秋本番ですね

一週間ほど前まで続いていた長雨もようやく落ち着き、農家さんでは畑仕事が急ピッチで行われていますどうか実り多き秋になることを祈ります

さて、そんな今日は久しぶりにあの名物シリーズ企画をお送りします

今日お送りするのは、今回で63回目を数える料理シリーズ企画『NECO’S キッチン』です

日本テレビ系列『ZIP』の中で、料理コーナーとして放送されている『MOCO’S キッチン』をモチーフにスタートさせたこのコーナーですが、今では楽しむ域を超えて趣味になりつつあります

それでは早速今日も、いつものように例の合言葉でスタートしましょう

せ~の「料理は想像から生まれる娯楽です!」

121119_220403

<NECO’S キッチン> ~第63回~

皆さんこんばんは、猫男爵です。それでは今日はどんなメールが来ているのでしょうか、早速見てみましょう

猫男爵:今日ご紹介するメールは、ペンネーム「おすぎとヒーハー」さんからのリクエストです

おすぎとヒーハーさん:初めまして猫さん、いつも楽しく拝見しています。秋風が吹き始め、最近は朝晩がめっきり涼しくなってきましたね。これからの季節は暖かい食べ物が美味しい季節になると思うのですが、主婦歴まだ2年の新米主婦の私に、何かオススメのレシピを教えてください

猫男爵:そうですね、これからはどんどん暖かい食べ物が美味しくなってきますよね。それでは「おすぎとヒーハー」さんのリクエストに応えて、今日はアレを作っちゃいますか

<材料> 鶏挽き肉、大根、人参、白菜、小松菜、椎茸、生姜、万能ねぎ、めんつゆ、醤油、塩コショウ、昆布、鰹節、水、以上です

Dsc_1411

まずは、「鶏挽き肉」と刻んだ「生姜」と「万能ねぎ」をボールに入れ、塩コショウで味付けした後、よく混ぜてこねておきます

Dsc_1412

その間に、鍋に水を入れて「昆布」と「鰹節」でだしを取ります。

Dsc_1413

だしを取ったら、刻んだ「生姜」、そして具材(大根、人参、椎茸)を入れて、めんつゆと醤油で味付けして煮立てていきます

Dsc_1414

①でこねておいた「鶏挽き肉」を、小さく団子状に丸めていきます

Dsc_1415

鍋がひと煮立ちしたら丸めた団子状の「鶏挽き肉」と、「小松菜」と「白菜」の葉野菜を入れて、弱火でもう一度煮立てます

Dsc_1418

煮立った具材を器に盛り付けて、最後に刻んだ「万能ねぎ」をのせれば、「猫風つみれ汁」の完成です

今日はこれで決まり

これからの季節にはピッタリの、体も心も温まる一品です。作り方は、一般的などこにでもある「つみれ汁」ですが、「生姜」が効いているので風邪などをひいた時にも、ぜひオススメです

「おすぎとヒーハー」さんも、ぜひ試してみてはいかがですか

さあ、いかかでしたか今回の『NECO’S キッチン』は楽しんでいただけましたか。次回は果たしてどんな簡単レシピが登場するのかどうぞお楽しみに

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日2> 9月10日生まれ

アーノルド・パーマー(84歳)、内館牧子(65歳)、綾戸智恵(56歳)、ランディ・ジョンソン(50歳)、斉藤由貴(47歳)、松田翔太(28歳)、内博貴(27歳)

|

« トニー・タッブス。 | トップページ | 唯一無二の審判。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NECO’S キッチン♪63:

« トニー・タッブス。 | トップページ | 唯一無二の審判。 »