« 白い宝石! | トップページ | 我が家の必須アイテム! »

2013年8月31日 (土)

歴史的瞬間を目撃せよ!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日で「8月」も終わりますが、8月最後の一日も雨模様の優れない天候でしたrain。今年の夏はどうかしてますね、本当に困ったものですbearing

明日から「9月」に突入するわけですが、僕の大好きなプロ野球baseballはペナントレースもいよいよ終盤に差し掛かり、セ・リーグでは我が巨人軍が、パ・リーグでは星野監督率いる楽天が「マジックナンバー」を点灯させflair、優勝へ向けてひた走っていますup

とはいえまだまだ勝負はわかりせんpaper。スポーツの世界は最後まで何が起きるか分かりませんからsign03

そして今年のペンナトレースは、個人成績で日本プロ野球史に残る大記録が誕生したり、あるいはこれから誕生しようとしていますcrown

まずは、既に皆さんよくご存知の楽天の、いえ日本プロ野球界のエース田中将大、通称「マー君」の偉業ですbaseball

Tky201308300635

先日、開幕からの連続勝利数の日本記録を更新し、さらにはシーズンをまたいでの連続勝利数までも塗り替えるなど、怒涛の活躍を今シーズンのマー君は見せていますshine

そんなマー君は、その後も連勝記録を更新し続けupいよいよ世界記録に王手をかけましたsign03

まずは開幕からの連勝記録を昨日の勝利で「19」に記録を伸ばしたマー君ですが、その「19」という記録は実はメジャーリーグ記録と同じ数字なのですshine

Rube_marquard

今から101年前の1912年に、ルーブ・マーカード(当時・ジャイアンツ)という選手が記録した、この「開幕19連勝」という記録にマー君は並んだのですshine

つまり、次の試合で勝利をすれば「開幕20連勝」という世界新記録の樹立となるわけですcrown

日本とアメリカという海を超えての記録とはいえ、実におよそ1世紀ぶりの記録達成となるわけですから、それはまさに世紀の瞬間ですsign03

そしてもう1つ、シーズンをまたいでの連勝記録、こちらはマー君は現在23連勝中ですが、こちらの世界記録は「24連勝」です。

50111003550

この記録の持ち主は、カール・ハッベル(当時・ジャイアンツ)という選手で、1936年~1937年に渡って「24連勝」という記録を残してますpaper

ただし、彼の場合は先発で21勝、リリーフで3勝ということなので、マー君のように全て先発でこのような記録を残していることは、もの凄いことだということがよく分かります。

次の試合でマー君が勝利すれば、シーズンをまたいで「24連勝」ということで、こちらは世界タイ記録ということになりますcrown

いずれにしても次の試合で、マー君にとっては2つの世界記録を手に入れることができるわけですgood

その気になる次戦は、9月6日の日本ハム戦が予想されています。

実はその試合は、日本ハムはゴールデンルーキーの大谷翔平を先発させようというプランもあるようですので、この試合は日本中、いえ世界中が注目する試合になるのではないでしょうかhappy02

ぜひ皆さんもこの歴史的瞬間を目撃するためにも、球場へあるいはテレビで、その姿をご覧になってくださいpaper

そしてもう1つ、今度は打撃の方で今シーズンはとてつもない記録が誕生しようとしていますsign03

日本プロ野球の「シーズン最多本塁打」といえば、過去に3名が記録した「55本」という数字ですbaseball

82b563b8

その1人はご存知「世界のホームラン王」王貞治(巨人)ですshine

彼が1964年に記録したシーズン55本塁打は、日本プロ野球史の金字塔として、誰も抜くことなく光り輝いてきましたshine

その「55本」の聖域に肩を並べる記録を作ったのが、2人の外国人選手ですshadow

20050209222736

1人目はタフィー・ローズ(当時・近鉄)です。2001年にこの偉大な記録に肩を並べた彼は、日本でも人気のある外国人選手でしたhappy01

522921_c450_2

そして2人目がアレックス・カブレラ(当時・西武)です。豪快でパワフルなスイングが魅力の彼は、2002年にこの「55本」の大記録を達成しましたshine

この2人はいずれも135試合で「55本」の記録に肩を並べ、当時は140試合制でしたので、残り5試合での記録更新に大きな期待がかかりましたが、残念な事に対戦投手から敬遠をされるなどして、結局は新記録達成とはなりませんでしたbearing

それからおよそ10年が経過し、ついに今年その偉大な「55本」という記録を塗り替えようとする選手が現れましたsign03

Bb1105138911ns300

それがこのウラディミール・バレンティン(ヤクルト)ですshine

彼は現在、52本の本塁打を記録しており、試合数はまだ29試合を残していますpaper

つまりあと31試合で「4本」を打てば、日本プロ野球記録の「55本」を超えるのですup

普通から考えて、この残り試合数を見れば記録更新は間違いありませんpaperここで敬遠などを続けるようであれば、日本プロ野球は崩壊でしょう・・・

堂々と勝負するのがスポーツマンシップでしょうし、プロとしての義務だと僕は思います。もちろん、最後の最後でチームメイトがタイトル争いに絡んでいるといったような場合は、多少のことは目を瞑らざるを得ませんが、基本は正々堂々ですgood

ただ、怖いのはケガですhospitalケガをしては、どうすることもできませんからね。

バレンティンは、春先に行われた「WBC」にオランダ代表として出場した際にケガをして、その影響でペナントレースに復帰するのが遅れたので、今シーズンは実質102試合(ヤクルトの試合数は115試合)にしか出場していません。

つまり102試合で52本ということは、2試合に1本というペースで本塁打を量産しているのですcoldsweats01

王、ローズ、カブレラはいずれも当時140試合制でしたので、現在はそれよりも4試合多い144試合制であるとはいえ、それを差し引いても、これは偉大な記録が誕生しそうですshine

その「Xデー」がいつになるのか?

一気に記録更新に向けて打ち続けるのか?それとも対戦チームの厳しいマークに遭い、記録誕生は少し遅れるのか?

いずれにしても、こちらの方もその歴史的瞬間を見逃す手はありませんsign03

今年のプロ野球は「優勝争い」ばかりでなく、「個人記録」にもぜひ注目して見て欲しいですhappy01

野球に興味がある方は、もちろん黙っていてもその瞬間を見ると思いますが、野球に興味のない方でも、ぜひ今年はその大記録達成の瞬間をご覧になって欲しいと思いますeye

僕は一野球ファンとして声を大にして言いたいですsign03

日本プロ野球史に残る、その歴史的瞬間を目撃せよ!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日birthday2> 8月31日生まれ

青木功(71歳)、アニマル浜口(66歳)、リチャード・ギア(64歳)、小林よしのり(60歳)、杏里(52歳)、別所哲也(48歳)、野茂英雄(45歳)

|

« 白い宝石! | トップページ | 我が家の必須アイテム! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/53088903

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史的瞬間を目撃せよ!:

« 白い宝石! | トップページ | 我が家の必須アイテム! »