« NECO’S キッチン♪62 | トップページ | 白い宝石! »

2013年8月29日 (木)

猛暑の弊害・・・

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

ここ数日、毎日のように雨が降ったり止んだりと、不安定な天候が続いていますが、日本列島には台風が接近したことにより、その不安定な天候は今後もさらに続きそうです

「台風」という言葉を聞くと、「秋」がやってきたということをしみじみと感じてしまいますが、今年は本当に「暑い」と思うような日は、北海道では数日だけだったと思います

このまま「残暑」なく本格的な「秋」に突入したとすれば、本当に「短い夏」だったのではないでしょうか

しかし、全国的にみれば今年は猛暑列島でした

高知県四万十市では観測史上1位の41.0℃という気温を記録しましたし、8月は連日「猛暑日」が続くという過去に例のない暑い夏だったといえるでしょう

実はその猛暑の弊害が、あらゆるところで出てきていることを皆さんはご存知でしょうか?

ニュースなどで取り上げられていることもあるので、ご存知だとは思いますが、その代表的なものが沖縄県などでのサンゴ礁の変化です

Fb1

これが通常のサンゴ礁の様子です。

それが・・・

2_edited

こんなことになってしまっています・・・

これはサンゴの「白化現象」といい、海水温度が30度以上になると、サンゴの色素が失われ、その後は死滅する可能性が高くなるという現象です

沖縄の海と言えば「青く澄んだ海の色」と「色鮮やかなサンゴ礁」がその代名詞ですそれが死滅するという事は一大事です

実はこれと同じ事が今から15年前の1998年にも起き、その時も沖縄のサンゴ礁が壊滅状態になってしまいました

それ以降、沖縄の漁師たちを中心に、サンゴで溢れる海を守るために「サンゴの養殖」というものが行われ、その努力のかいあって沖縄の海は以前のような華やかさを取り戻しました

そんな中での今年の猛暑は、再び沖縄の海を危機的状況に陥れています

養殖サンゴも一部「白化現象」を起こしているようですが、何とかこの「白化現象」が最低限にとどまり、沖縄のキレイな海が失われないことを祈ります

猛暑の弊害は、果物にも出ています

Medium_6330320978

それはこれから収穫が本格化する「リンゴ」です

海外のある研究チームが、日本国内の果実園で収集されたデータを解析した結果、地球温暖化の影響により、リンゴの堅さが減少し、「軟化」してきているというのです

「軟化」といっても、触ってすぐわかるほどの変化ではありませんが、温暖化の影響でリンゴが徐々に柔らかくなってきていることは事実のようです

「柔らかいリンゴ」?ちょっと想像はできませんが、リンゴは堅い食感があってこそリンゴですから、柔らかいリンゴはちょっと美味しいそうには思えません

一方で、リンゴの「糖度(甘味)」は徐々に増してきているそうなので、このまま温暖化が進めばいずれは、柔らかくて甘いリンゴが収穫されることになります。例えるならば「桃」みたいになっちゃうのですかね。これも猛暑の弊害です・・・

そして暑い日が続くと、おのずと水分を摂る機会が増していきますよね。今年の夏は、いつも以上に熱中症対策のために水分補給をしたという人も少なくないのではないでしょうか

僕も毎日、家の中にいる時でも水分補給だけはこまめにしていました。

129456428423516231261_kanpai

そこで問題となるのがこのペットボトルです

何が問題なのかといいますと、直接口をつけて飲んだペットボトルの“飲み残し”には危険が潜んでいるということです

一見なんのこともないペットボトルですが、一度口をつけると口の中にいる細菌が液体に入り込み増殖するというのです

時間を置かずにすぐに飲みきってしまえば、もちろん何の問題もないのですが、それが何時間も暑い中で放置しておくと、細菌は急激に増殖してしまうのです

これも暑い猛暑がゆえに起こることですが、暑い時はペットボトルの中身をコップに入れて飲むか、あるいは時間を置かずに飲んでしまうということに尽きます

最後にもう1つ、猛暑の弊害をお話しましょう。

それは皆さんが飼っているペット、特にワンちゃんに関することです

33ebbd53ac90d84f42382eb427cd4996

実はこの夏の猛暑の影響で、激太りの犬が急増しているというのです

「暑いから、犬も食欲不振で夏バテになり、太らないんじゃないの?」と思ったら大間違いでした

暑いと飼い主も外に行く事が嫌になり、飼い犬の散歩をさぼりがちになり、その結果、運動不足から犬が太ることが多くみられているそうです。

もちろん暑い時に無理をして散歩することは犬にもよくありませんし、飼い主自身も熱中症になる怖れもあるので、お薦めできることではありません

アスファルトとほぼ同じ目線の犬にとっては、照り返しの中、熱い鉄板の上を歩いているようなものなので、暑い時の散歩はちょっとかわいそうです

なので、朝や夜という少し涼しい時間帯に散歩するか、芝生や土などのところで散歩させたり、あるいは少し食事の量をおさえるなどの工夫をして、愛犬たちが「メタボ」にならないように注意することが大事のようです

このように、猛暑の弊害は人間や動物が生活する中のあらゆるところで出ていることが分かりました。

本州ではまだまだこれからが「残暑」厳しい日々が続くと思いますので、ぜひ気をつけて生活することを再度確認してみてはいかがですか

我が家ではここ数日「とうもろこし」の姿を目にしています。そんな「とうもろこし」を見つけて、手にしたのは我がです

Dsc_1599

最初は一生懸命に触っていましたが、そのうちに放り投げて遊ぶようになりました。今はとにかく色々なモノに興味があるので、とりあえず触ったみたいんでしょうね。とっても可愛いです

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日2> 8月29日生まれ

スタン・ハンセン(64歳)、八代亜紀(63歳)、YOU(49歳)、ペ・ヨンジュン(41歳)

|

« NECO’S キッチン♪62 | トップページ | 白い宝石! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猛暑の弊害・・・:

« NECO’S キッチン♪62 | トップページ | 白い宝石! »