« パパの日。 | トップページ | NECO’S キッチン♪60 »

2013年8月 9日 (金)

衝撃の大記録!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は一日中、雨が降ったり止んだりの優れない天気でしたねrain

東北地方では気象庁が発表した、「今まで経験したことのない雨」が降りrainrain甚大な被害をもらしたようですshock

今年の夏は、短時間にもの凄い雨量の雨rainが降ったり、そうかと思えば猛烈な暑さsunが何日も続いたりと、まさに“異常気象”が全国各地で起きています。

それはいつ自分の住んでいる地域に訪れても不思議ではありませんので、皆さんもくれぐれも気象に関する予報には、十分注意をして見るように心がけてくださいねdanger

そんな今日も「阪神甲子園球場」では熱い熱戦が繰り広げられましたbaseball

今日は我が北海道から出場している北照が第4試合に登場しましたが、本来の力を発揮できぬまま、常総学院(茨城県)に「0対6」で敗れ初戦敗退となってしまいましたweep

明日はいよいよ我が十勝の希望の星shine帯広大谷が第3試合に登場しますhappy02

北照の分も何としても初戦を突破し、道民に大きな感動と勇気を与えて欲しいとそう願っていますhappy01

毎日「野球」の話ばかりになってしまい、野球に興味のない方には誠に申し訳ありませんが、この季節はどうしても僕は野球のことを熱く語らずにはいられなくなってしまうのですbearing

夏生まれの、そして高校野球マニアの、“さが”とでもいいましょうか、「夏=高校野球」なので(笑)そのへんは勘弁してくださいsmile

そして熱いのは何も「高校野球」だけではありませんsign03昼は高校野球、夜はプロ野球が熱いです!

猛暑を吹き飛ばすような熱戦が、プロ野球の方でも毎日繰り広げられていますが、何と今日は大記録が誕生しました!

我らが駒大苫小牧高校出身で、甲子園を熱く盛り上げたあの男が、遂に今日やってくれましたscissors

2013072300000004ykf0002view

マー君こと田中将大が、今日の試合に勝利し、見事に開幕16連勝のプロ野球記録を達成しましたshine

本当に今年のマー君は抜群の安定感があり、投げてるその姿からは力強い自信がみなぎっていますし、ピンチにも動じないオーラも感じられますshine

「負ける気がしない!」それは誰が見ても一目瞭然ですpaper

このままの調子だと「開幕20連勝」も夢ではないですし、今年だけで何勝しちゃうか楽しみが増すばかりですhappy02

次の試合に勝てば、過去に松田清(巨人)、稲尾和久(西鉄)が記録している、シーズンをまたいでの「20連勝」を塗り替える「21連勝」という衝撃の大記録を達成するので、それが達成されるのも楽しみにしていますhappy02

本当にマー君は、日本プロ野球最高の投手でもありますし、日本の至宝ですshine

さて、「大記録」つながりというわけではないですが、実は偶然にも今日8月9日はプロ野球で大記録が誕生した日ですpaper

それは今から26年前の1987年8月9日のことですconfident

それは、ある1人の新人投手によって成し遂げられましたbell

Hqdefault

彼の名は近藤真一、当時はまだ高校を卒業して数ヶ月の18歳という若者でした。

野球ファンであれば、もうすぐにお分かりですねhappy0126年前の今日何があったか。

近藤真一は、愛知県の享栄高校のエースとして1986年に春夏連続で甲子園に出場し、140km台後半の速球と大きなカーブbaseballを武器に「10年に1人の逸材」と騒がれ、秋のドラフト会議では5球団競合のすえに、地元の中日ドラゴンズが交渉権を獲得しましたgood

高校生離れした、その堂々たる風貌と貫禄は、多くの野球ファンから注目を集めました。

そんな近藤が初めてプロのマウンドに上がったのが1987年8月9日、つまり26年前の今日のことでしたpaper

相手は巨人とあって、相手には不足なしですgood

物怖じしない性格の近藤は、気迫みなぎる投球で巨人打線を封じ込め、「6対0」とリードしたまま9回を迎えます。

実は何と彼はここまで「ノーヒットピッチング」を続けていたのですsign03

実はこの当時、僕は中学1年生だったのですが、この試合のことはよく憶えていますconfident

夏休みだったこともあり、父が運転する車carでどこかに出かけていた帰り道、車のラジオでこの野球中継を聞いていましたear

回が進むにつれ、実況の人shadowが「ノーヒットノーラン」の話をするようになり、僕は「大好きな巨人がこんな新人投手にやられてたまるか!」という気持ちになっていましたbearing

しかしそんな僕の祈りも届かず、9回2アウトまで「ノーヒットノーラン」のまま最後の打者を迎えてしまいます。

迎える打者は篠塚ですsign03

Img_775296_39131129_9

近藤が投じた大きく縦に割れるカーブを篠塚は見逃しました・・・

審判の判定は・・・

ストライクsign03

E8bf91e897a4e79c9fe4b880

この瞬間、日本プロ野球史上初の「初登板ノーヒットノーラン」という衝撃の大記録が誕生したのですshine

僕は車のラジオでこの瞬間を聞いていましたが、巨人がやられたことへの悔しさと、そして近藤真一というニューヒーロー誕生に対する喜びとで、とても複雑な心境だったことを覚えていますbearing

彼はこの衝撃的なデビューが日本中にインパクトを与え、この年は4勝5敗という成績だったのにも関わらず、大晦日の紅白歌合戦の審査員にも選出されていますpaper

結局彼は6年間という短いプロ生活で、12勝17敗という成績で終わり、ユニホームを脱ぎました。

その後は、中日ドラゴンズの打撃投手やスコアラー、そしてスカウトなども経て、今はコーチを務めていますpaper

これは余談ですが、スカウト時代には岩瀬仁紀の入団に近藤も貢献したのですが、奇しくもその岩瀬がつけている背番号は、近藤が現役時代につけていた「13」なのですconfident

今日は26年前の今日に起きた、プロ野球史上に残る衝撃の大記録についてお話させていただきましたconfident

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日birthday2> 8月9日生まれ

黒柳徹子(80歳)、吉行和子(78歳)、石橋蓮司(72歳)、佐藤蛾次郎(69歳)、池上彰(63歳)、田山涼成(62歳)、木南晴夏(28歳)

|

« パパの日。 | トップページ | NECO’S キッチン♪60 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/52813626

この記事へのトラックバック一覧です: 衝撃の大記録!:

« パパの日。 | トップページ | NECO’S キッチン♪60 »