« 夏、夏、夏、夏、ここ夏! | トップページ | 結婚式のあとの勢いで・・・ »

2013年6月11日 (火)

ゆく川の流れ~river22~

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は昨日まで2日間続いた「真夏」並みの暑さは影を潜め、涼しい一日となりましたdown。涼しいといっても「23℃」はあったので、「夏」には変わりありませんけどねcoldsweats01

今週末は本州に台風3号typhoonが接近する影響で、道内も雨模様rainの予報となっています。しばらく雨が降っていませんので、農作物にとっては「恵みの雨」かもしれませんが、量は程ほどになってくれることを祈りますpaper

さて、そんな今日は実に1ヶ月ぶりのシリーズ企画をお送りしますscissors

全国に点在する「一級河川」を、妄想の中で旅をするシリーズ企画『ゆく川の流れ』の第22回をお送りしたいと思いますhappy01

1ヶ月も前のことなので、前回はどこまで旅をしたか忘れた方もいるかと思いますが、前回僕が旅をしたのは富山県を流れる「神通川」でした。

今回僕はその「神通川」の河口からバスに揺られbus、長野県と富山県の県境に位置する「北アルプス」を目指しましたup

「北アルプス」は飛騨山脈の通称で、木曽山脈、赤石山脈と、3つの山脈を合わせて「日本アルプス」とも呼ばれていますfuji

「北アルプス」には3000m級の山々が連なり、登山家にとっては夢の山脈でもありますfuji。実は僕も登山が好きなほうなので、いつかこの「北アルプス」には行って見たいと常々思っていますconfident

そんな僕がバスを下車して、登山道を歩き続け、ようやくたどり着いた場所はsign03

800pxview_from_mt_sugorokupano3

「鷲羽岳」(わしばだけ)ですfuji

「あれ?川を巡る旅じゃないの?」とお思いでしょうが、実は今回の目的とする川の源流がこの「鷲羽岳」から流れているのですbell

ということで今回はその源の源である頂上まで来てしまいましたcoldsweats01

さあ、これからがいよいよ旅の始まりですup

山頂での絶景を目にした後は、すぐさま下山ですdown

下山すること数時間で、ようやく僕の目の前に川の流れが登場しましたshine

450pxkurobe_kyokoku_view_from_kurob

山地の中を流れる1本の水の流れは、紛れもない一級河川「黒部川」ですshine

「黒部川」は富山県東部を縦断する一級河川で、延長は85km、流域面積は667k㎡で、その流域面積の98%が山岳地帯という、日本を代表する急流河川ですshine

写真のように山地の間を川が流れているために「黒部峡谷」とも呼ばれていますpaper

450pxkurobe_dam_survey

「黒部川」を語る上で欠かせないのがこの「黒部ダム」ですsign03

「黒部川」は水量が非常に多く、高低差もあるために、水力発電に有利な条件を整えており、大正時代には日本電力(現在の関西電力)による水力電源開発が始められましたflair

中でも黒部川上流部に位置する「黒部ダム」は、電源開発事業では最も有名ですが、実はこの完成までには多大な労力をようしたことは忘れてはいけませんbearing

ちょうど僕が「黒部ダム」を訪れた時は、放水downの最中で、その壮大で迫力のある光景には圧倒されっ放しでしたhappy02

「黒部ダム」に別れを告げ、川に沿いながら上流から中流へと差し掛かり、徐々に平坦な土地になってきた頃、僕の前にまた何かが見えてきましたeye

800pxaimoto_bridge

これは黒部川中流域に架かる「愛本橋」という橋ですshine

富山県黒部市宇奈月町にあるこの「愛本橋」は、黒部川を山地と扇状地に分けるポイント地点でもあり、その鮮やかな朱色のアーチが見る人の心を癒してくれますconfident

この「愛本橋」はかつて「日本三奇橋」の1つとも言われていた橋で、豪雨などで12回架け替えられています。

なぜ“奇橋”かと申しますと「橋脚」がないのですsign02橋脚がないのに全長は63mという橋なのです。

このあたりの扇状地は「黒部川扇状地」と呼ばれ、その豊富な水量から湧き水が非常に多く、「名水百選」の1つにも選ばれているほどですshine

ちょうど近くに「湧き水」が湧いていたので飲ませていただきましたが、本当に美味しい水でしたgood

上流と中流の全く違う2つの顔を目にした僕は、いよいよ下流域へと辿り着きましたpaper

Kurobe_river

下流域の水質は見事に透き通って澄んでおり、2006年の水質調査結果では水質日本一にも輝いていますcrown

黒部市と入善町の境界付近を河口として、日本海へ注いでいく「黒部川」を目に焼きつけ、僕は今回の旅を終えることにしましたconfident

さあ、いかがでしたか今回の『ゆく川の流れ』はhappy01

「黒部川」という誰しもが一度は耳にした事のある有名な川は、実際旅をしてみると、色々な顔を持つ、奥の深い川だということがわかりましたpaper

次回はどの一級河川を旅をするのか、ぜひともお楽しみにhappy01もしかすると、あなたの住んでいる街に、猫男爵が訪れるかもしれませんよ(妄想で)cat

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日birthday2> 6月11日生まれ

ジャン・アレジ(49歳)、沢口靖子(48歳)、チェ・ジウ(38歳)、山口もえ(36歳)、ムーディ勝山(33歳)、新垣結衣(25歳)

|

« 夏、夏、夏、夏、ここ夏! | トップページ | 結婚式のあとの勢いで・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/51990540

この記事へのトラックバック一覧です: ゆく川の流れ~river22~:

« 夏、夏、夏、夏、ここ夏! | トップページ | 結婚式のあとの勢いで・・・ »