« ゆく川の流れ~river23~ | トップページ | チャンネル争奪戦! »

2013年6月30日 (日)

未知の領域!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は非常に暑い一日でしたね~

それもそのはず、今日の帯広の最高気温は昨日よりも4℃も高い27℃でした。明日はさらに気温が上がり、28℃になる予想です

いよいよ明日からは7月のスタートですから、やっぱり「暑い日」になってもらわないと、夏らしくないですからね

Dsc_1152

そんな暑い中での今日一日でしたが、は元気いっぱいに遊んでいました。夜になってもまだ何となく暑さが残っていますが、夏らし服を着て布団で眠りに就きました

相変わらずのカメラ目線で、僕のハートを鷲掴みです

これから7月、そして8月になれば、北国である北海道であっても30℃を超える「真夏日」、そして35℃を超える「猛暑日」がやってくると思います

そうなった時に娘がどんな感じになるのか、楽しみでもあり不安でもあります。僕や妻に似て、暑いのが好きな子でありますように

僕が子供の頃、35℃を超える暑い日があった記憶がありますが、人間の体温にほぼ近い気温になるわけですから、体に異常が起きても何ら不思議ではありませんよね

ここ数年の間で、帯広で最も気温が高かったのは2010年6月27日36℃のようです

この日のことは僕もよく憶えています

というのもこの日は、その月に「結婚式」を挙げた僕と妻が「新婚旅行」から帰ってきた翌日だったからです

旅行先の大阪・京都でも体に突き刺さるような「暑さ」を体験しましたが、「まさか北海道に帰ってきて、こんな目に会うとは・・・」と思ったことを今でも憶えています

僕達が「暑さ」を北海道に持ち帰ってきたのでは?と錯覚してしまうくらいでした

今年の夏は、あの時のような「猛暑」が再びやってくるのでしょうか

しかし、36℃ぐらいで騒いでいてはいけません実は今日、アメリカではちょっと信じられない最高気温が記録されたそうです

聞いてビックリしないでくださいよ、その最高気温とは!何と50℃です!

5、5、50℃ですよ・・・もはや、そんな気温は人間が生活できる領域ではありませんよね?

もちろん、そんな気温は我々日本人にとっては未知の領域なわけですが、その50℃という人類の枠を超えた気温を記録したのは、アメリカのカリフォルニア州やアリゾナ州という、いわゆる西海岸沿いの地域です

この猛暑の原因は、この地域を覆っている高気圧が太平洋岸北西部からの涼しい風を遮断しているためで、この状況はまだ2、3日は続くそうです

カリフォルニア州のデズバレーというところでは、1913年に地球上の観測史上最高気温である56.7℃という記録が観測されたそうで、今年はちょうどそれから100周年という節目の年に当たるそうですそれも何か偶然とは思えませんね。

「50℃」って想像しただけでも具合が悪くなりますが、2005年にはアメリカのラスベガスでも記録的猛暑により死者17名を出しており、今回の暑さはそれに匹敵するのではないかと言われています。

日本に住んでいて気温が50℃になることはまず無いとは思いますが、自然現象ですから絶対に無いとは言い切れません

もしもそうなったら、どうしたらいいのでしょうかね?

外出はせずに家の中にいて、とにかく冷房や扇風機を回して過ごすしかないのかな?でも日本中の国民が同じ行動に出たら、電力はパンクしてしまうだろうし、そうなれば身も蓋もない・・・

水風呂や水のシャワーを一日中浴びるとか、氷をとにかく多用するとか、それももちろん電力ありきの話ですけど・・・

最高気温が50℃近くになると、特に田舎よりも都市になればなるほど、その機能は麻痺して大きな影響を受けやすいそうです

NASAの調査によれば、今からおよそ70年後の2080年代にはシカゴ、ワシントン、アトランタなどのアメリカの主要都市では、夏の平均気温が40℃以上に上昇するそうで、それは日本の東京でも同様に起こり得るそうです

では、実際に気温が50℃を超えるとどうなるのか?

もちろん、僕にとっては未知の領域の話なので想像もつきませんが、実際に50℃を超えた世界各地の場所ではこんな現象が起きたそうです。

息をハッーと指先にかけると、それが冷房のように涼しく感じられる(理由は体温の方が低いためです)

車に乗っている時に窓を開けるのは自殺行為(体温よりも高い熱風を直撃してしまうためです)

暑いからといってプールに入ると、そこはまるで温泉(水は暑さで水温が上昇してしまうためです)

暑さのせいで蚊やハエなどの虫がいなくなる(暑さで生息できないためです)

ちょっと異次元のことなので想像しかできませんが、非常に生活するのには危険な状態であることは一目瞭然ですよね

ただでさえ「地球温暖化」が進む現在の地球です。日本でも毎年、暑さがその度合いを増しているようにも感じます

僕達が生きている頃ではないかもしれませんが、僕達の子や孫が暮らす未来では、40℃や50℃が当たり前のような時代がやってくるかもしれません

少なくとも、その時までに人類は何からの方法で、その暑さを回避できる手段を考案していかなければならないのかもしれませんね

何せ相手は自然ですから、僕達の思うようにはなりませんからね

今年の夏は果たしてどんな夏になるのでしょうか?もしかしたら、僕達の住む北海道でも38℃、39℃、そして40℃という未知の領域に突入するかもしれません

そうなれば、いくら夏が大好きな夏男の僕でも、正直、元気でいれる自信はありません。今はとにかく、そうならないことを祈るだけです。

暑さも寒さも、程ほどが一番ですね

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日2> 6月30日生まれ

マイク・タイソン(47歳)、中尾明慶(25歳)、夏帆(22歳)

|

« ゆく川の流れ~river23~ | トップページ | チャンネル争奪戦! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未知の領域!:

« ゆく川の流れ~river23~ | トップページ | チャンネル争奪戦! »