« わが生涯に一片の悔いなし! | トップページ | 天才に最後の難敵! »

2013年6月15日 (土)

雨(う)らめしや~

おはようにゃ~ 北の猫男爵です

今日は天気予報通り、優れない天気の一日ですね。でも、もっと雨が降るのかと思いきや、意外にも早い時間に雨はあがりましたね。

実は今朝は、僕が所属している朝野球の試合がある予定でした

昨日の夜から天気予報とにらめっこしていましたが、「どうも無理っぽいな~」と思いつつも、いつもよりも早めに就寝しました

朝野球はよっぽどの豪雨などではない限り、試合を行うか中止するかの判断は、当日の朝、現地で判断することになっています

なので、例え雨が降っていても、とりあえずは球場へと足を運ばないといけないわけなんですそこが何とも辛いところです。

でも、大好きな野球のためですから、そこは気合いで早起きし、僕は今朝は午前3時半に起床、ユニホームに着替え、眠る「行ってきます。」と言ってから自宅を出発しました

その頃はまだ雨も降っていなかったので、「今日は試合できそうだな!」と思いながら、車を走らせました

しかし、球場が近づくにつれ、徐々に車のフロントガラスにも雨の粒が当たるようになり、到着する頃には結構な勢いで降りだしました

既に球場には、チームメイトや相手の選手が数名着ていましたが、まだ審判団からの中止の決断はされません・・・

Dsc_0997

写真で見ると試合ができそうな雰囲気ですが、意外と雨は降っていました

なかなか試合中止が決まらない中、チームメイトで雑談していると、ようやく大会事務局の人が来て、「申し訳ないけど、今日は中止します。」との声が・・・

「やっぱり、そうだよな。」と思いつつも、「せっかく来たんだから試合はしたかったな~」というのが本音でした

ここまで我がチームはリーグ戦開幕してから3連敗中です。今日こそは「今シーズン初勝利を!」と、実は僕は意気込んでいただけに残念でなりません

僕的には、平日はなかなか試合に行くのが厳しい現状なので、今日のような土日に行われる試合は僕にとっても非常に大切な時間だったのですが、こればかりは天気相手ですから仕方ないですね

Dsc_0995

僕たちが出場しているこのリーグ戦の会場となる球場は2つあるのですが、1つはプロ野球が開催されても問題ないほどの立派な設備の整った球場なのですが、もう1つはグランドを利用した球場で、ちょっと立派な球場と比べるとプレーする時のテンションは落ちます

でも、今年からベンチに屋根がついたみたいで、ちょっと嬉しいです特に今日みたいな雨の日なんかは

でもちょっと幅が狭すぎる・・・これじゃ、チーム全員が座れないじゃないか作ってもらっれ文句は言いたくないけど、もう少し考えて欲しかったです

Dsc_0996

いずれにしても、今日は早起きてしたので今非常に眠いです

今の僕の心境を言葉にするならば、「雨(う)らめしや~」と言ったところです。スポーツ新聞の見出しみたいですね(笑)

今日はこれから、妻の実家に行き、妻のご両親の誕生日をお祝いをします

天気が良ければ外で「焼肉」をと考えています。今日のこの日まで僕は「断肉」して楽しみにしていただけに、雨はどっかへ吹っ飛んでいって欲しいです

妻には、「断肉って檀蜜みたいだね」と笑われています

また次回、朝野球の結果報告をできることを祈ります

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日2> 6月15日生まれ

伊東四朗(76歳)、斉藤清六(65歳)、細川たかし(63歳)、岩崎良美(52歳)、春やすこ(52歳)、スコット・ノートン(52歳)、ラッシャー板前(50歳)、大林素子(46歳)、ミムラ(29歳)、上田桃子(27歳)、miwa(23歳)

|

« わが生涯に一片の悔いなし! | トップページ | 天才に最後の難敵! »

コメント

本来のルールでは、雨で中止するか、決行するか、どちらにしても球場に9人揃ってないと不戦敗になるんだっけ?
それとも不戦敗になるのは、決行の時のみ?

投稿: 29 | 2013年6月17日 (月) 19時52分

29さん
どっちでしたかね?
中止になるような天気の時は、9人揃ってなさそうですしね。審判が確認しているような感じもありませんし、あいまいですよね。
いずれにしても、天気予報で雨の確率高い時は、前日中止決定が一番いいですけどね。
無駄な早起きがなくなるので。

投稿: 猫男爵 | 2013年6月17日 (月) 23時22分

うん、前の日に決めちゃって欲しいよね。

投稿: 29 | 2013年6月18日 (火) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨(う)らめしや~:

« わが生涯に一片の悔いなし! | トップページ | 天才に最後の難敵! »