« 83歳の高校生。 | トップページ | 恵みの雨を待つ。 »

2013年6月27日 (木)

コートには魔物が・・・

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

昨日の夜から今朝にかけて、久しぶりに雨が降りましたrain。今年の夏は、ここまで暑さはそれほどでないものの、雨の少ない日照りが続いていますsun

7月~9月の長期予報でも、今年の夏は雨量が少なくdown、平年に比べると暑い夏upになるとのことですから、水不足や農作物の生育も心配されますbearing

毎日とは言いませんが、週に1回ぐらいは程よく雨が降ってくれれば最高なんですが、そんなに自然は甘くないですよねcoldsweats01

僕は夏男日本代表sportsでもあり、丘サーファーyachtでもあるので、「暑い夏」になってもかまわないのですが、様々な面から考えると、程よい暑さが理想なのかもしれませんpaper

さて話は変わりますが、今、テニスtennisの四大大会(グランドスラム)の1つ「ウィンブルドン選手権」がイギリスで開催されており、NHKで毎日深夜に放送されていますtv

テニスにさほど興味のない方でも、「ウィンブルドン」という言葉は一度は耳にしたことがあるのではないでしょうかear

「ウィンブルドン」はテニスの四大大会の中でも最も歴史が古く、1877年に第1回大会が開催されていますshine

僕も昔はよくテレビ中継tvでテニスtennisは観戦したほうで、僕が子供の頃に活躍していた選手といえば、男子ではマッケンローレンドルベッカーエドベリサンプラス、女子ではナブラチロワグラフサバチーニセレシュなどの面々でしたshine

みんな個性的な選手ばかりで、試合を見ていても本当に目の離せない好勝負の連続でしたhappy02

それが僕はいつの頃からか、テニスをテレビ中継で見ることもなくなり、自然に選手の名前や顔もいまいちよく分からないようになりました・・・

しかし、ここ数年の間で、日本人の中に錦織圭という世界で通用する若武者が登場してきたことで、僕のテニスに対する関心度も以前と比べると増して来ましたup

僕は大学生の頃、松岡修造が「ウィンブルドン」でベスト8に入った試合をテレビで真夜中に観戦していましたtv

手に汗を握りながらsweat01、ハラハラドキドキしながら見ていたあの興奮と感動をもう一度味わえるのか、それは錦織の活躍いかんにかかっていますhappy02

そんな注目の「ウィンブルドン」ですが、今大会は誰も予想しなかった大波乱が起きているようですsign03

その発端は、男子世界ランクfive位で先の「全仏オープン」の覇者crownでもある、ラファエル・ナダル(スペイン)が1回戦で敗れるという、信じられない出来事が始まりでしたsign03

Rafaelnadalusopenkneeinjury

これまで四大大会を全て制して「キャリア・グランドスラム」を達成し、「全仏オープン」では現在4連覇を続け、ツアー通算57勝の実績を持つナダルの初戦敗退に、世界中が衝撃を受けましたsign03

ナダルが四大大会の1回戦で姿を消すのは初めてのことで、何と敗れた相手が世界ランク135位というのですから、ショックは隠せませんbearing

試合終了後にナダルは、「悪いプレーをして、相手が良いプレーをすれば、負ける時もある。相手が素晴らしいプレーをしただけで、別に悲劇というわけじゃない。これがスポーツというもの。」とコメントし、対戦相手を称えていましたpaper

「弱い者が強い者を倒す」これがスポーツの面白いところでもありますが、それにしてもテニスファンにとっては驚きの結果でしたtennis

そんな、まさかのナダルの敗戦のショックが拭えない中、昨日も「ウィンブルドン」では波乱が起きましたsign03

昨日行われた2回戦で、今度は男子世界ランクthree位で前年度の覇者でもあるロジャー・フェデラー(スイス)がまさかの敗退を喫したのですsign03

Tky201306270021

フェデラーといえば、ナダル同様に四大大会を全て制し(通算17勝は史上1位)こちらも「キャリア・グランドスラム」を達成し、ツアー通算77勝を挙げていますshine

その安定した強さから「史上最高のテニスプレーヤー」とも言われているほどですtennis

「ウィンブルドン」に限っては、彼はこれまで歴代最多の7度の優勝を誇り、今回ももちろん優勝候補の筆頭にあげられていました。

そのフェデラーも、世界ランク116位という格下を相手に2回戦で早々と姿を消してしまうという大波乱に、現地のみならず世界が衝撃を受けていますsign03

そしてこの大波乱は、男子だけでなく女子の試合でも起きてしまっていますsign03

0aa6cea9

女子シングル2回戦で、女子世界ランクthree位のマリア・シャラポワ(ロシア)が、世界ランク131位の相手に敗れ、さらには女子世界ランクfour位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)は、初戦で膝を痛めた影響により2回戦を棄権しました・・・

いったい「ウィンブルドン」で何が起きているのでしょう・・・

今年の「ウィンブルドン」のコートには魔物が棲んでいるのでしょうか・・・

しかし逆にいえばこの結果は、ランキング下位の若手選手たちに力がついてきた証でもあるでしょうし、そして何と言っても男子世界ランク11位の、我らが錦織圭にとっては願ってもないチャンスですscissors

ナダル、フェデラーが姿を消したことで、もしかしたら松岡修造のベスト8を超えて、ベスト4、さらには優勝をも狙える絶好の機会だと思いますhappy02

今の彼にはそれを可能にする力は十分にあると思いますgood

どうぞ皆さん、今年の「ウィンブルドン」は見逃さずに、夜更かししてご覧になるだけの価値はあると思いますよgood

僕も平日は仕事があるのでさすがに厳しいですが、土日はちょっと夜更かしして、久しぶりにテニス中継tvに夢中になろうかと思っていますhappy01

錦織、頑張れ!応援しているぞ!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日birthday2> 6月27日生まれ

ハンス・オフト(66歳)、西本聖(57歳)、吉田敬〔ブラックマヨネーズ〕(40歳)、ラウル・ゴンザレス(36歳)、優香(33歳)、福島千里(25歳)、本田翼(21歳)

|

« 83歳の高校生。 | トップページ | 恵みの雨を待つ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/52205450

この記事へのトラックバック一覧です: コートには魔物が・・・:

« 83歳の高校生。 | トップページ | 恵みの雨を待つ。 »