« 猫太郎。 | トップページ | いないいないばあっ! »

2013年5月21日 (火)

「J」の☆たち~エスパルス編

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

5月も中盤から後半に差し掛かり、ようやく「初夏」らしい日が続くようになりましたねsun

そして季節が徐々に「夏yacht」に近づき、様々なスポーツも各地で盛んに行われていますpaper

プロ野球baseballでは交流戦がスタートし、通常のペナントレースでは試合を行うことのない「セ・リーグ」と「パ・リーグ」の全12球団が、しのぎを削った戦いを繰り広げていますimpact

そんなプロ野球同様に、サッカーでもスタートから20年を迎えた「Jリーグ」で熱い熱戦が繰り広げられていますup

今年のJリーグは「大宮アルディージャ」の快進撃が続きup、これまでとはまた違う優勝争いが展開され、大いに盛り上がっていますcrown

そんな今日は、恒例のあのシリーズ企画「J」の☆たちをお送りしたいと思いますsoccer

実に3週間ぶりになるこの企画は、Jリーグに加盟するクラブチームの1つにスポットをあて、そのチームに所属する(過去に所属していた)メンバーの中で、「ベスト11」を僕なりにセレクションするという企画ですhappy01

今日で6回目となりますが、今日ご紹介するチームはsign02

清水エスパルスですshine

「エスパルス」といえば、Jリーグ創設時から加盟する、いわゆる「オリジナル10」の1つで、スタート当初は地元静岡県出身の選手だけを集めて作った夢のクラブチームでしたshine

このチーム編成は、僕にとっては非常に楽しみというかワクワクするような感じだったことを今でも憶えていますconfident

ホームタウンは静岡県清水市(現静岡市)ですsoccer

「エスパルス」のチームカラーはオレンジ色で、これは静岡県が日本有数のミカンの生産地であることから「オレンジ色」が採用されとなっていますが、実は清水市は港町でもあり、そして市内にあるサッカーの強豪校(清水市商、清水東など)が青色系のユニホームを使用していることから、市民に馴染みの深い青色が検討されたのですが、当時のJリーグ創設時の他チームに青色系のユニホームのチームが複数あったことから、バランスを考えてオレンジ色が採用されたそうですpaper

僕個人的には、あのオレンジ色のユニホームの「JAL」のロゴの下に描かれた「世界地図」のデザインが何となく好きでしたhappy01

チーム名の「エスパルス」の由来は、「エス」=「サッカー、静岡、清水の頭文字のS」、「パルス」=「英語で心臓の鼓動の意味」から来ていますbell

チーム発足当時、「清水東三羽烏」と言われていた堀池巧大榎克己長谷川健太の3人や、三浦泰年(カズの兄)、さらには新人の澤登正朗などのスター選手を揃え、ヴェルディやマリノスと共に優勝候補に常に名前が挙がるチームでしたshine

しかし1993年は3位、1994年は4位と優勝を逃すと、その後は優勝争いに絡むこともなくなっていきましたbearing

1999年の2ndシーズンでようやく優勝しましたが、総合順位は2位に終わり、年間でのリーグ制覇とはならず、今だにリーグ優勝の栄冠は手にしていませんweep

「ナビスコ杯」(1996年)と「天皇杯」(2001年)は、それぞれ1度ずつ優勝していますが、悲願のリーグ制覇に向けて今シーズンも奮闘中ですsweat01

地元静岡県出身のスター選手が多かった1990年代から、なかなか「世代交代」がうまく進まなかったのが、低迷期の主な理由として挙げられますが、2000年代半ばにはユース出身の選手達が主力となり、その低迷期を脱し、再び優勝争いに加われるチームに生まれ変わりましたgood

その最たる要因は2005年に監督に就任した、昔の「エスパルス」の人気選手だった長谷川健太です。彼が監督に就任してからは、常に上位に顔を出し、安定した成績を残していましたが、2010年に退任して以降は再び下降線を辿っていますdown

そんな「エスパルス」のベスト11を、今日も僕なりに選んでみましたので、それでは発表したいと思いますpaper

尚、いつものように、選出にあたってはチームに3シーズン以上所属していることを条件とし、ポジションの後ろの数字は「背番号」、( )内の在籍年数はJリーグ発足以前の母体チームも含むこととしますconfident

<清水エスパルス> ベスト11

1206122

GK 1 真田雅則(1992年~2004年) 元日本代表(出場0試合)

Shimizuspulse9394mizunohomekitorang

DF 4 堀池巧(1992年~1999年) 元日本代表(出場58試合)

Shizuoka_shimizu_interview_2

DF 11 森岡隆三(1995年~2006年) 元日本代表(出場38試合)

1

DF 25 市川大祐(1998年~2010年) 元日本代表(出場10試合)

201012092292401

DF 26 青山直晃(2005年~2010年) 元日本代表(出場0試合)

200207022

MF 6 大榎克己(1992年~2002年) 元日本代表(出場5試合)

200902132138501

MF 7 伊東輝悦(1993年~2010年) 元日本代表(出場27試合)

Imagepro01

MF 10 澤登正朗(1992年~2005年) 元日本代表(出場16試合)

349490942_1

FW 8 トニーニョ(1992年~1996年) 元ブラジル代表(出場1試合)

A0015341_1721391

FW 9 長谷川健太(1992年~1999年) 元日本代表(出場27試合)

Soccer090831_1_01

FW 23 岡崎慎司(2005年~2010年) 日本代表(出場61試合)

0615_tokuhara_03_b

監督はエメルソン・レオンです。

Dsc_0727

フォーメーションはご覧の通りで、システムは「4-3-3」ですsoccer

ドーハ組、日韓W杯世代、さらには現代表の岡崎など、非常に幅のある世代が集まったまさに「ドリームチーム」ですshine

僕的には「エスパスル」創設時に活躍した、トニーニョが大好きでしたhappy02。ゴールを決めた後に飛行機airplaneの翼のポーズをして走る姿が非常に印象的ですconfident

このメンバーでのチームの特徴としては、守備陣が安定しているので中盤でボールを支配さえできれば、前線の3人の力が活きると思いますし、市川と堀池の両サイドバックの攻撃参加も武器の1つですscissors

非常にバランスの取れた素晴らしいチームだと思いますhappy01

さあ、いかがでしたか今回の「J」の☆たちはpaper次回は果たしてどのチームにスポットがあたるのか、お楽しみにsign03

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日birthday2> 5月21日生まれ

アグネス・ラム(57歳)、米良美一(42歳)、梨花(40歳)

|

« 猫太郎。 | トップページ | いないいないばあっ! »

コメント

昔、マッサーロなんていたよね。
来た時はスキラッチくらい驚いたけど、活躍はあまり記憶にない…。
アン・ジョンファンが、来た時もちょっとびっくりしました。
なかなか強そうなメンバーだけど、何かひとつパンチが足りない気がする(..)

投稿: 29 | 2013年5月23日 (木) 09時03分

29さん
懐かしいですね、マッサーロ!名前はかなりの大物ですが、確かに目立った活躍はしませんでしたね。
僕的にはアン・ジョンファンとチョ・ジェジンの韓国代表2トップも考えたのですが、アン・ジョンファンは3シーズン以上はエスパルスに在籍していませんでした。
あと、GKのシジマールも捨てがたかったのですが同様の理由で除外しました。
パンチが足りない理由は何ですかね?スパースター的な決定力がいないからですからね。

投稿: 猫男爵 | 2013年5月23日 (木) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/51721913

この記事へのトラックバック一覧です: 「J」の☆たち~エスパルス編:

« 猫太郎。 | トップページ | いないいないばあっ! »