« 桃栗三年、猫八年! | トップページ | 野球バカ一代! »

2013年5月 5日 (日)

国民的行事。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日5月5日は、暦の上では「立夏」ですshine

季節は「春」から「夏」へと移り変わる時期でもあるのですが、僕の住む北海道ではそんな話は無縁の話のようですbearing

今日も平年に比べるとやや肌寒い気温で、夜から天候は雨rainになり、そして明日は何と雪か雨の予報ですsnow

この異常な天候は、いったいいつになれば元に戻ってくれるのでしょうか?

さて今日は「こどもの日」でもありましたhappy01。「こどもの日」といえば、今日の新聞でこんな記事が載っていましたpaper

それは「子供の数が、昨年比15万人減少。」という記事です。

総務省がまとめた4月1日現在の推計によると、15歳未満の子供の数は全国で1649万人で、1982年以来、32年連続して減少しdown、総人口に占める子供の割合は前年比0.1%減の12.9%で、過去最低を更新したそうです。

この数字を見ても、「少子化社会」というものがまざまざと見受けられますbearing

我が家には昨年、が誕生しました。これは気のせいかもしれませんが、芸能界でも昨年はベビーラッシュだったような気がしますup

僕の身近でも友達や知り合いで、昨年子供が誕生した人が多く、僕の娘の同級生が結構いるように感じますhappy01

それでも「少子化」は進む一方で、いずれこの国の子供の占める割合は総人口の1割を切る日もそう遠くはないのかもしれませんbearing

何かこの問題を解決すべき対策を早急に考えないと、この国は増える一方の高齢者を僅かな数の若者が支えるという社会になってしまいます・・・というか、もうなっています。

「こどもの日」だけに、こどもの未来を考えるのも大切な日だと僕は思いました。

さて、そんな今日5月5日は「国民的行事」が行われましたが、皆さんご覧になりましたか?

野球ファンであれば、特にジャイアンツファンであればすぐに「国民的行事」というところでピンflairと来ると思いますが、今日は長嶋茂雄氏(77歳)と松井秀喜氏(38歳)の国民栄誉賞授与式が行われましたcrown

先日、政府から突然発表されたミスター&ゴジラの国民栄誉賞のW受賞に対し、様々な意見が出たと思いますが、ミスターとゴジラの人柄とそしてその人気は「国民栄誉賞」をもらうに十分、値するものだと僕は思っていますgood

かつてミスターが監督、そして松井が選手として活躍していた1994年のペナントレースは、いつにない接戦となり、ライバル「中日ドラゴンズ」と優勝を最後の最後まで争い、最終戦の直接対決に勝利したほうが優勝という歴史に残る試合となりましたbaseball

1994年10月8日のその戦いを、ミスターは「国民的行事」と名付けましたpaper

あれから19年、今日2013年5月5日行われた「国民栄誉賞授与式」は、まさにプロ野球ファンだけでなく、日本国民にとって「国民的行事」といっても言いのではないでしょうかhappy01

多くの国民から「ミスタープロ野球」と愛された長嶋茂雄氏、そしてそのミスターのもとで自分を磨き、多くの野球ファンから「ゴジラ」として愛され、スーパースターの地位を確立した松井秀喜氏、僕はこの2人に対し、本当に敬意を表し、「おめでとうございます!」と心から拍手を送りたい一心ですhappy02

今日は授与式に先立ち、松井秀喜氏の引退セレモニーも行われましたbaseball

Img_20130505143934709_5438296895670

「ジャイアンツの選手として長年プレーした東京ドームのグランドに、再びこうやって立てることに感謝しています。もうこのグランドに立つことは許されないのではないか・・・という思いもありました。」

と松井は話した後、ファンへの感謝の思いを述べ、現役生活を終えたこと、そしてまた再び何らかの形でここに戻りたいという思いを伝えましたkaraoke

本当に素晴らしいスピーチで、巨人ファンとして有名な徳さん(徳光和夫さん)もかなり褒めていました。

Img_20130505151923392_4604362339727

そしていよいよ国民栄誉賞の授与式が執り行なわれましたcrown

脳梗塞による麻痺の影響がまだある中、ミスターは松井と並び、安倍首相から表彰状を授与されました。

この時、表彰状を受け取る際に、右手が使えないミスターの横から松井が手を添えるように寄り添ったのが非常に印象的でしたconfident

このシーンを見ていた徳さんは思わず嗚咽をもらしながら号泣していましたcrying。僕も思わずグッとくるものを抑えるものができませんでしたcrying

ミスターは脳梗塞で倒れて以降、初めてファンの前でスピーチをしました。まだ後遺症の残る中で、一生懸命に自分の言葉でファンに感謝の思いを伝えるそのミスターの姿にはもう僕はダメでした・・・号泣ですcrying

Img_20130505144311683_6853018286960

本当に素晴らしい「師弟関係」の2人です。親子ぐらいの年齢が離れている2人だけに、時にミスターは松井のことを息子のように、松井はミスターのことを父親にように、思ったこともあったのではないでしょうかconfident

もう野球界にはこの2人のような、国民に愛され慕われるような「師弟関係」を持つ人は現れないのかもしれませんconfident

セレモニーが終わると、今度は2人に試合前の「始球式」という舞台が用意されましたbaseball

Img_20130505155525856_4776934446852

久しぶりに栄光の背番号「3」が帰ってきましたsign03

野球人であれば、みんなが憧れたこの「3番」、やっぱり一番似合うのはこの男、長嶋茂雄以外にいませんscissors

Img_20130505160930608_5816155247882

打席に入ったミスター、そして捕手は原監督、審判は安倍首相という豪華な始球式ですshine

Img_20130505160956032_7295461749598

こちらも久しぶり、11年ぶりにジャイアンツのユニホームに袖を通した松井が投じた1球はbaseball

緊張したのか、内角高めにいきましたが、ミスターはスイングして空振り、見事な始球式でしたshine

Img_20130505161009539_7087790684838

これを「国民的行事」と呼ばずに何と呼ぶのでしょうsign03今日は本当に僕にとっても、そしてもちろん日本中の野球ファンにとっても、忘れられない思い出の一日となったのではないでしょうかconfident

Img_20130505180947042_6598641028708

会見で席についた2人の表情は、凄く晴れ晴れとしたもので、この2人のツーショットを見ていると本当に思わず時を忘れてしまいますconfident

野球っていいな~そしてミスターって凄いな~、そのミスターに出会い、ともに日々を過ごせた松井は幸せだったんだろうな~と改めてそう感じましたconfident

Dsc_0646

今日は娘をジャビット君と遊ばせながら、いつか娘にも今日の「国民的行事」の出来事をお話したいと思いましたpaper

長嶋茂雄と松井秀喜という2人のスターの存在は、次世代の子供達にもちゃんと伝えていく義務が僕達にはあるとそう思っていますconfident

まあ、よだれかけが「タイガース」なのは、あまり気にしないでくださいねcoldsweats01(僕は大のジャイアンツファンですから)

次の「国民的行事」となる日は、松井が監督してジャイアインツのユニホームを着る日かな?今からその日を首を長くして待っていますgood。その時はきっとミスターも駆けつけてくれるはずだと思います。

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日birthday2> 5月5日生まれ

Dr.コパ(66歳)、モト冬樹(62歳)、デーブ・スペクター(59歳)、馳浩(52歳)、渡部篤郎(45歳)、田中哲司(42歳)、中川翔子(28歳)

|

« 桃栗三年、猫八年! | トップページ | 野球バカ一代! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/51505189

この記事へのトラックバック一覧です: 国民的行事。:

« 桃栗三年、猫八年! | トップページ | 野球バカ一代! »