« 国民的行事。 | トップページ | 夢が映像化? »

2013年5月 6日 (月)

野球バカ一代!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

昨日の「国民的行事」の感動と興奮が冷めないまま、僕は今朝、目を覚ましたが、カーテンを開けて窓の外を見てビックリ

昨日までの世界とはまったく違う、真っ白な雪の世界に変わっているではありませんか

「おいおいちょっと待てよ、今はもう5月だぞ・・・なんだよこの雪は!」と絶叫しそうになりましたが、絶叫したところで何も始まらないのでやめました

天気予報では一応「雪マーク」は出ていましたが、まさかこんなに降るとは思いませんでした。ニュースなどでもやっていましたが、帯広での5月の雪は2005年以来、8年ぶりとのことです

僕の感覚では「何十年ぶり」なのかと思いましたが、数年前にも5月に降っていたんですね。

そんな今日は遂に「ゴールデンウィーク」も最終日となりました。今年は僕はほぼ毎日仕事でしたので、ゆっくりと体を休める暇もありませんでしたが、仕事の合間を縫って今日は家族でちょっとお出掛けしてきました

タイヤ交換もしようと思っていたのですが、朝からのこの雪の状態では中止せざるを得ませんでした

思わず僕は、この5月の雪を見上げて叫んでしまいました

Dsc_0648

「なんて日だ!」

午後からは「雪」も「雨」に変わり、ほぼ解けていきましたが、本来であればもう桜が開花してもおかしくない時期です。今年は例年よりも1週間ほど開花が遅れそうですが、早く桜の花びらをみて春を感じたいところですね

さて、冒頭でもお話しましたが、昨日の長嶋茂雄氏と松井秀喜氏の「国民栄誉賞授与式」は本当に素晴らしいもので、久しぶりに日本国民が心から祝福できる出来事だったのではないでしょうか

偉大な2人の“野球人”が僕達に残してくれたものは、実は「栄誉」でも「名誉」でもなく、「野球」というスポーツの素晴らしさだったことを改めて強く思い知らされた、そんな一日でした

僕は幼い頃、おそらく物心がついた頃からボールで遊ぶのが大好きで、バットを持ってテレビの前で野球選手の打つ真似をするのが好きな子供だったそうです

確かに幼い頃の自分の写真を見ると、バットを握っている写真が多いですし、巨人のシャツとかパンツとか帽子を被っている写真もかなりあります

親の影響と言うのもあるのでしょうが、僕は生まれながらの「野球バカ」だと思います。

よく「○○バカ一代」などと言いますが、ここでの「バカ」という表現は侮辱するという意味ではなく、「そのことに夢中になる」、あるいは「一筋に生きている」ということの例えです

なので僕の場合は「野球バカ一代」と言ってもいいでしょう

確かに僕は野球に関する知識や情報に関しては、あまり人に負ける気がしない程の自信があります

僕自身も今も朝野球で選手としてプレーしていますが、その上手下手は別として、野球に対する愛情や情熱だけは誰にも負けないと思っています

その根底にあるのは、幼い頃からとにかく、暇さえあれば野球のことしか考えていなかったということです

今と違って、当時のテレビ中継がほぼ毎日大好きな「巨人の試合」ばかりだったこともあり、とりわけ巨人に対しての愛情は日本でもトップクラスだと自分では思っています

これは仮の話ですが、もしも僕がプロ野球のドラフトにかかるほどの選手であったとして、巨人軍以外から指名されても、おそらく入団は拒否していたと思います

ですから巨人以外には入団せずに、留年して次の機会を待った選手(例えば元木、内海、菅野など)の気持ちが凄くよくわかります

「野球バカ」というか「巨人バカ」でもあります僕は(笑)

そんな僕はちょうど1ヶ月程前になるでしょうか、高校野球の春の選抜大会が開催されていた頃に、ふと思い出したことがあり、実家の自分の本棚のところに保管してある、あるものを取りに行きました

それがこれです

Dsc_0278

実はこれは、僕が中学生の頃につけていたノートです

Dsc_0282_2

中に書かれているのは、高校野球の大会に関する詳細なデーターとメモです。ノートの1ページ目には、その大会の「展望」と「優勝予想」などが書かれていました

20130329_002014

これは第61回選抜高校野球大会のトーナメント表です。この大会は、あの元木大介率いる上宮高校(大阪府)が、東邦高校(愛知県)と伝説ともなった決勝戦を戦った大会です

20130329_001957

我が北海道からは苫小牧工業と東海大四高校の2校が出場し、両校とも初戦を突破した大会でもありました

自分で言うのも何ですが、こうやって新聞の切り抜きをノートに貼り付けて、大切に保管しておくあたりが、僕らしいといえば僕らしいですね

Dsc_0285

前評判が高く、優勝候補にあげられていた吉岡雄二(元巨人→元近鉄)率いる帝京高校(東京都)は、初戦で報徳学園(兵庫県)に敗れましたが、夏の甲子園では見事に全国制覇を達成しました

Dsc_0287_2

この大会のスター選手・元木の切り抜きは、特に多くノートに貼られていました

Dsc_0288

ノートの最後のページには「総評」と題して、大会を振り返り、自分なりに感じたことをコメントしてありましたまるでスポーツジャーナリストですね(笑)

これを見ると本当に自分が「野球バカ」だということが凄くわかります。

中学生の頃からこんなことをやっていますが、それは大人になった今も同じですからね僕の「野球バカ」の根底は「幼い頃にある」ということが今日再確認できました

僕は学生時代は勉強では「社会科」が得意で、特に「地理」が好きだったのですが、実はその背景には僕の野球好きというものが大いに影響しているんです

「野球」と「地理」、いっけん何も関係ないように思えますが、実は僕は小さい頃から高校野球の本を何度も何度も繰り返し読んでいるうちに、どの都道府県に何という名前の高校があり、その高校の野球はどのくらい強いのかということを全て頭の中に入るようになったのです

ですから地名の付いた高校などは、すぐにそれがどの都道府県にある高校なのかがすぐ分かり、おのずと自分の頭の中で日本地図が浮かび、そのどのあたりにどの高校があるのかがわかっていたのです

ですから「地理」を初めて授業で習った時も、その高校野球で得た知識がかなり役立ち、県庁所在地などはあっという間に記憶できましたし、例えばいまだに「ある1つの都道府県の中にある高校の名前を言え」と言われれば、即座に20~30校の名前は出て来ると思います

ね、「野球バカ」でしょ(笑)

この「野球バカ」は一生直らないと思いますし、直す気も毛頭ありません

今日はそんな「野球バカ一代」のお話に、最後までお付き合いしていただき、ありがとうございました

僕の夢の1つに、「野球」だけに関するクイズ番組に出て優勝することというものがあります

そんな企画があれば、いつか出てみたいと思っています。全国には僕以上の「野球バカ」ももちろんいるでしょうが、そんな人たちと野球の話をするのも楽しいかもしれません。きっと寝ないで朝まで語ることになると思いますけどね

ちなみに僕が一番印象に残っている高校野球での思い出のシーンは、第54回選抜高校野球大会(1982年)の決勝戦、「PL学園(大阪府)VS二松学舎(東京都)」との試合で、プレーボールと同時の初球をホームランしたPL学園の1番打者、確か佐藤君という名前だった思いますが、その選手が試合開始の合図のサイレンがまだ鳴り止まない中を、ホームインした姿がいまだに目に焼きついており、当時7歳だった僕は「カッコイイ」と強い憧れをもったことを思い出します

こうやって話していると、何だかもう楽しくて仕方ありません。やっぱり「野球バカ」なんですね僕は

130506_212655_2 

野球好きの僕だけあって、娘ももしかしたら野球好きになるかもしれません。というのも、最近娘は腕をぐるぐる激しく回す動きをよくしますしかも高速で

その姿はまるで、三塁コーチャーが走者に向かって腕をぐるぐる回す仕草にそっくりです

130506_213304

今日も満面の笑みでを楽しませてくれています。この笑顔を見ながら今日もこれから眠りに就くことにします

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日2> 5月6日生まれ

イビチャ・オシム(72歳)、村上雅則(69歳)、向井千秋(61歳)、ジョージ・クルーニー(52歳)、鈴井貴之(51歳)、荒木大輔(49歳)、吉田美和(48歳)、木本武宏〔TKO〕(42歳)、高橋尚子(41歳)、武井壮(40歳)

|

« 国民的行事。 | トップページ | 夢が映像化? »

コメント

いつもミキティーにTIGERSと着せてくれてありがとうございますm(_ _)m
それにしてもこのノートは凄いね。「野球バカさ」は猫さんに敵いませんわ。。
いよいよ高校野球も春季大会が始まりますね。十勝支部は来週からかな。
今年から私が応援するS高校はGWは道外に遠征してたようです。その成果が発揮されるかどうか非常に楽しみです。

投稿: 29 | 2013年5月 7日 (火) 18時35分

29さん
「TIGERS」はかなり重宝していますよありがとうございます。
中学生の頃に作ったノートが、20年以上経ったこんなところで役に立つとは思いませんでした
高校野球の春季大会楽しみですね甲子園には直接つながらないとはいえ、十勝から全道制覇するような高校が出て欲しいですね
S高校とK高校の健闘を祈ります。

投稿: 猫男爵 | 2013年5月 7日 (火) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野球バカ一代!:

« 国民的行事。 | トップページ | 夢が映像化? »