« いなくなった「腹話術」・・・ | トップページ | 国民的行事。 »

2013年5月 4日 (土)

桃栗三年、猫八年!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は「ゴールデンウィーク」後半の2日目でしたshine

僕の住む十勝地方では、まだ例年に比べると肌寒さは残るものの、晴天sunに恵まれた行楽日和となりましたpaper

僕は今日も変則的な時間帯での仕事でしたが、その合間を縫って、実家の裏にある「男爵村」に足を運びましたcar

「男爵村」のことをご存知でない方にご説明致しますと、今からちょうど7年前の2006年春に、当時テレビで放送tvされていた『鉄腕DASH!』の「DASH村」に影響され、「自分で畑を作って家庭菜園をやってみよう!」という、僕の思いつきから始めたのが「男爵村」ですhappy01

幸いにも実家の裏には、以前僕が子供の頃に「野菜畑」として利用していた土壌がありましたので、そこを耕し、1からのスタートでしたup

しばらく使っていない土壌でしたので、最初はその荒れた土壌を家庭菜園として使える土壌にするまで苦労しましたsweat01

でもそんな苦労もいつか楽しみに変わり、野菜を作ることの楽しみと喜びに包まれていきましたshine

そんな「男爵村」も何と今年で8年目となりますsign03

「桃栗三年、柿八年」という諺があるように、何事も成し遂げるまでには相応の時間がかかるものですclock

今年は僕猫男爵が挑む「男爵村8年目」ということで、そろそろそれなりの成果が現れる頃なのかもしれませんscissors。いうなれば、「桃栗三年、猫八年!」といったところですsmile

Dsc_0609

「男爵村」に行く前に、に「行ってきます」のキスkissmarkをしようとしましやたが、娘はいつもと違う僕の姿(タオルを巻いていることもあって)に、変な表情を浮かべましたcoldsweats01

「おまえ、誰だ?」的な顔で僕のことをじっと見ていましたeye。そんな娘の顔も、とっても可愛いですlovely

「男爵村」に着いた僕は早速、「開村式」の準備に取り掛かりましたgood。そして、今年も村長不在のまま、誰もいない僕だけの「開村式」のセレモニーを執り行ないました。

セレモニーも終わり、早速オープンに向けての畑作りがスタートですup

20130504_211713

今年も僕の相棒として活躍してくれるのは「N-210」ですshine。コイツがいないと村は破滅してしまいますからね、毎年感謝ですwink

実はこの耕運機は、僕が小学生の頃にが購入したものなので、かれこれ30年近く利用していますpaper。“ねんき”は入っていますが、調子は今でも絶好調ですscissors

「N-210」を使いこなすのは、もちろん自称「北日本一耕運機の似合う男」僕猫男爵ですcat

Dsc_0613

男爵村スタート時は31歳でしたが、今は38歳・・・それなりの“老い”は隠せませんが、それでも家庭菜園には今年も汗と泥まみれになり精を出すつもりですsweat01

20130504_211724

昨秋は娘の誕生などで多忙だったために「秋耕し」ができませんでしたが、それでも7年間使っている土壌のため、非常に今年も土が柔らかくて耕しやすい状態でしたshine

今年の生育作物の予定としては、既にいつものごとく知り合いの農家さんshadowから「種芋」をいただいているので、「じゃが芋」は植えようと思っていますpaper

今年の種類は「わせじろ」「キタアカリ」「さやか」の3種類にしましたshine

その他には、「白いとうもろこし」「コネギ」にチャレンジする予定ですbell「とうもろこし」は何度か挑戦していますが、「白いとうもろこし」という品種は初めての挑戦です。

ネギ系は今まで植えたことがないので初挑戦となりますが、も「コネギ」は大好きなので、その生育が今から待ち遠しい限りですhappy02

あとは、今のところ「葉野菜」と「豆類」、さらには「トマト」などを育てる予定ですpaper。今年もたくさんの野菜たちが村を彩ってくれることを願いますhappy01

ところで皆さんは、この「お芋」を憶えていらっしゃいますか?

120902_144944

これは昨秋に芋を収穫した時に、「男爵村」の土の中から出てきた少し形の変わったじゃが芋(レッドムーン)ですpaper

2012年9月2日のブログpcでもご紹介しましたが、この芋はその形が母親のお腹の中にいる胎児の形に似ていることから、この時はまだ我が娘が誕生する前で、妻のお腹の中にいる赤ちゃんのことを「ベビちゃん」と2人で呼んでいたことから、「ベビちゃん芋」と命名しましたbell

まるで僕達に出会うために、「男爵村」の土の中で育ったとも思えるこの芋を手にとった瞬間は、本当に不思議というか神秘的な感じでしたconfident

もちろん、そんな「お芋」を食べることなどできずに、大事に我が家の部屋に飾っておきましたshine

そしてその1ヶ月後に無事に娘が誕生し、その後も何となくこの「ベビちゃん芋」は処分することができずにいました。

でも、いつまでも部屋においておくわけにもいかず、「今年また男爵村がオープンしたら、畑に返してあげよう」ということで、僕と妻の意見は一致しましたgood

Dsc_0637

これが現在の「ベビちゃん芋」ですconfident。頭と足の部分からは芽が出てきて、まるで髪の毛と靴のようにも見えますshine

この「ベビちゃん芋」は、畑で芋を蒔く時に畑に返しに行ってきますconfident

Dsc_0622

夕陽が西に傾いた頃、ようやく「男爵村」の畑耕しが終了しましたgood

今年も、この畑で実り多き秋になることを祈り、そして大地の恵に感謝し「野菜作り」に励んでいこうと思いますhappy01

いつかもこの畑に足を運び、自分の手で野菜を収穫する事で、野菜を作ることの楽しさや喜び、そして難しさを肌で実感してもらえればと思っていますconfident

それはまだ早くても4~5年後だと思いますが、それまでこの「男爵村」を継続していくことも父親としての務めなのかもしれませんねconfident

娘ができて、今まで以上に「男爵村」に対する愛情もパワーアップした猫男爵でしたup

今年もこの「男爵村」での様子は、このブログpc上でお伝えしていく予定ですので、どうぞお楽しみにscissors皆さんももし時間に余裕があれば、家庭菜園にぜひチャレンジしてみてくださいconfident

たかが「野菜作り」とお思いでしょうが、自分で育てた野菜というものは、まるで子供のように大切に思えますし、「野菜作り」というものは実に奥が深く、そして楽しいものですよconfident

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日birthday2> 5月4日生まれ

近藤房之助(62歳)、菊池桃子(45歳)、たむらけんじ(40歳)

偉人たち→森繁久彌(俳優・1913年生まれ)、田中角栄(政治家・1918年生まれ)、オードリー・ヘプバーン(女優・1929年生まれ)

|

« いなくなった「腹話術」・・・ | トップページ | 国民的行事。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/51492217

この記事へのトラックバック一覧です: 桃栗三年、猫八年!:

« いなくなった「腹話術」・・・ | トップページ | 国民的行事。 »