« ゆく川の流れ~river20~ | トップページ | 上下逆さまにしても。 »

2013年4月20日 (土)

邦画を見よう!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日もなかなか気温が上がらない肌寒い一日でしたねdown。雨rainが降ったと思いきや、急に晴れ間sunがさしたり、そうかと思えばまた曇ったりcloudと、めまぐるしく天気が変わる「変な一日」でしたcoldsweats01

今日は僕は仕事が休みでしたので、家でとゆっくりとくつろぐことができましたpaper

でも、何か物足りないな・・・あっ!そうだflair久しぶりにDVDcdでも借りてきて映画を見ようsign03何がいいかな~、そうだflair邦画を見よう!ということで、僕はレンタルビデオ店へと行く事にrun(※注意=妄想の可能性ありdanger

昔は「映画」といえば、僕は「洋画」の方をよく見ていましたが、最近というか30歳を超えたあたりから「邦画」の方をよく見るようになりました。(これは事実)

邦画でもハリウッド映画並みの派手なアクションや、今はCGなどが使われ、昔のような邦画のイメージはなく、かなり完成度の高い作品が多くなりましたup

本当は映画館movieに行ければ一番良いのですが、子供ができてしまうとなかなか観に行けないのが現実ですweep

子供が成長して大人になった後に、妻と2人でゆっくりとまた映画館には足を運びたいと思いますconfident

さて、そんな未来のことはさておき、今日はまずDVDcdを借りにいかなきゃ!ということで、僕が着いたのは「TATSUYA」(タツヤ)です(妄想中)

今日は厳選した結果、5つの作品を借りてきて早速見ましたcd。どれも甲乙つけがたい素晴らしい作品でしたが、それぞれの作品を少しだけ、かいつまんでご紹介したいと思いますwink

まず1つ目の作品は、武井咲と松坂桃季の共演で話題を呼んだ青春恋愛作品ですheart04

Z322014658

真面目がとりえで、結婚するまで貞操を守ろうという信念を抱いた古風な女子高生・つばきは、入学式当日に校内一のイケメン・涼太の隣りの席になり、クラスメイトの前でファーストキスを奪われてしまうkissmark

突然のことに怒りangry反発するつばきだったが、涼太の意外な一面を見て次第にひかれていくことになる!

その意外な一面とは??

2007020608a0027108_23541523

実は彼は「変」だったんですsign03

この恋の行方はどうなるの??

『今日、変をはじめます』 (本物の映画のタイトルは『今日、恋をはじめます』です)

続いての2つ目の作品は、日本アカデミー大賞で「最優秀作品賞」を含む3部門を獲得した作品です。

010

田舎町の高校で映画部movieに所属する涼也は、クラスの中では静かで目立たない存在で、自らが監督した作品が表彰されても、クラスメイトには相手にもしてもらえなかった。

そんなある日、ある1人のクラスメイトshadowが突然部活を辞めたことをきっかけに、各部活動やクラスの人間関係に徐々に歪みが広がっていく!

その人物とはsign03

Kirishima

相撲部でキャプテンを務める霧島だったsign02

『霧島、相撲やめるってよ』 (本物の映画のタイトルは『桐島、部活やめるってよ』です)

さて、続けてどんどんといきますよsmile続いての作品は、僕が調子の良い時に似ていると言われる山田孝之主演の作品です。1人で3役をこなす彼の演技が話題を呼んだ作品ですhappy01

Miloc_main01

花屋に勤めるユリにひと目惚れheart02したタモンは、何とかユリの気を引こうとするが、ある日突然ユリは強盗に連れ去られ姿を消してしまうshock

ユリを捜し求めるタモンは、やがて時空を超えて波乱万丈の冒険を繰り広げていくうちに、あることにハマってしまうsign03

そのあることとは??

Nec_0113

人を「見送る」ことpaper

Dlc1

今日もどこかで彼が見送っているpaper

『みおくろうぜ』 (本物の映画のタイトルは『ミロクローゼ』です)

続いてご紹介する4つ目の作品は、大切な人を亡くした者と死者を一度だけ再会させるという職業を通じて、他人の人生に深く関わっていく青年の葛藤と成長を描いたヒューマンドラマです。主演は松坂桃季、祖母役は樹木希林が務めました。

A000339800

一見するとごく普通の男子高校生の歩美は、祖母のアイ子から死者と再会させる職業を引き継ぐことになり、死者との再会を望む様々な人と出会っていく。

しかし、死者との再会が救いになるのか、人生は変わるのか、次第に自分がしている行為に疑問を抱くようになる。

そして自分が着ているものにも、なぜか疑問を持つことになる。そんな彼が着ていたものとは?

Playerz_4870navy

「ツナギ」だったsign03

『ツナギ』 (本物の映画のタイトルは『ツナグ』です)

最後の5作品目は、あの高倉健が6年ぶりに映画出演を果たした作品でもあり、公開後に他界した故大滝秀治さんの遺作となった作品ですmovie

Img_1416985_53254412_0

北陸にある刑務所に務める英二は、最愛の妻を亡くし、「故郷の海に散骨して欲しい」という妻からの遺言が書かれた絵手紙を受け取る。生前には口にしなかった妻の真意を知るために、英二は妻の故郷へと向かう。

そして妻の故郷についた英二は、ある一人の女性に会うshadow。実は妻からの絵手紙はその女性に宛てられたものだったのだsign03その女性とは??

E170b5f1

アニータだったのだsign03

『アニータへ』 (本物の映画のタイトルは『あなたへ』です)

さあ、いかがでしたか素晴らしい邦画5作品だったでしょう(笑)

改めて述べさせていただきますが、今日のこのブログの内容は全てフィクションであり、僕の勝手な妄想ですcoldsweats01

作品については、本物の作品を参考にパロディにさせていただきましたので、くれぐれも誤解のないようにお願い致しますcoldsweats01

毎度のことですが、パロディって面白いですよねsmile。それでは、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ・・・(淀川長治風)

またいつか、パロディ作品でお会いしましょうhappy02

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日birthday2> 4月20日生まれ

吉井理人(48歳)、紀里谷和明(45歳)、大沢樹生(44歳)、コウメ太夫(41歳)、宇治原史規〔ロザン〕(37歳)、Tっか(○○歳)

|

« ゆく川の流れ~river20~ | トップページ | 上下逆さまにしても。 »

コメント

さすが和田勉を尊敬してるだけありますなぁ(^_^;)

投稿: 29 | 2013年4月21日 (日) 08時32分

29さん
ありがとうございますhappy01
和田勉のような敏腕プロデューサーになるのが、昔からの夢でしたnoteまあ、夢で終わりそうですけどcoldsweats01
だから、このブログ上で楽しい企画をさせていただきますpc

投稿: 猫男爵 | 2013年4月21日 (日) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/51310793

この記事へのトラックバック一覧です: 邦画を見よう!:

« ゆく川の流れ~river20~ | トップページ | 上下逆さまにしても。 »