« 1/3の純情なチョンタ。 | トップページ | NECO’S キッチン♪56 »

2013年4月29日 (月)

「J」の☆たち~レッズ編~

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日はGW前半の最終日ということで、明日からお仕事の方が大半だと思いますが、明日は天気予報に「雪」マークがありますsnow

明後日からは「5月」だというのに信じられませんねsad。積もるほどのものではないと思いますが、勘弁して欲しいですbearing

今日の夕方は、思いもよらぬ訃報が届きましたねcoldsweats02

「ウクレレ漫談」でお馴染みの牧伸二さんが川で亡くなるというニュースには、本当に驚きましたsign03

ハッキリとは断定はできませんが、「自殺」の線が強いということで、芸能界のみならず日本中に衝撃が走っています。

今はまず、ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

さて、そんな今日は「Jリーグ発足20周年」を記念して、僕がお送りしてるシリーズ企画「J」の☆たち第5弾をお送りしたいと思いますsoccer

これまで、ヴェルディ、マリノス、アントラーズ、ジェフとお送りしてきましたが、今日ご紹介するチームはどのチームかと申しますとsign03

「レッズ」の愛称で親しまれている「浦和レッドダイヤモンズ」ですshine

僕は「レッズ」の方が呼び慣れているので、今日は「レッズ」の呼び方でお話させていただきますpaper

「レッズ」といえばチーム名が示すように「赤」がチームカラーで、Jリーグスタートから非常に人気の高いチームですup

埼玉県さいたま市をホームタウンとして、ホームスタジアムは「埼玉スタジアム2002」ですsoccer

前身の三菱重工業を母体として、Jリーグ発足当時からJリーグに加盟しているチームで、Jリーグ、天皇杯、ナビスコ杯の国内3大タイトルを全て獲得している5つのクラブチームの1つですcrown

チームの成績も素晴らしいものがあるレッズですが、そのサポーターは熱狂的なことでも知られており、観客動員数と営業収入はいずれもJリーグ加盟クラブの中でNO・1という、「日本一のサポーター」を持つクラブチームですshine

Jリーグ発足当時、レッズは2年連続最下位と低迷を続けていましたがdown、3シーズン目の1995年にドイツ人のオジェック監督と、ドイツ代表のブッフバルトの加入により、年間順位4位に躍進し、「ミスターレッズ」の愛称を持つ福田正博が日本人初のJリーグ得点王に輝きましたcrown

1998年にはスーパールーキー小野伸二を擁して2ndステージ3位にもなりましたup

がしかし、1999年は得失点差僅か「1」でJ2へと降格してしまいdown、Jリーグ随一の人気チームの降格はメディアなどで大きく取り上げられましたtv

1年で見事に「J1復帰」を果たしたレッズですが、中盤の要の小野が欧州へ移籍し、ベテラン福田が引退したことなどもあり、成績はいまひとつで、中位から下位を行ったりきたりという状態でしたbearing

しかし、そのチームを救ったのはまたしてもブッフバルトでしたgood

監督として再びレッズに帰ってきた彼の手腕により、チームは大きく変わり、1stステージで3位、2ndステージでは初の優勝に輝き、年間順位は2位と躍進しましたup

1シーズン制となった2005年も、チームの安定感は抜群で2年連続で2位という順位でしたshine

2006年は田中マルクス闘莉王が加入し、小野も欧州から復帰と、選手層の厚さが増し、遂にレッズは悲願のJリーグ王者に輝きましたcrown

2007年は2位に終わり2連覇とはなりませんでしたが、初出場となったアジアチャンピオンズリーグ(ACL)で見事に優勝し、アジアNO・1クラブチームの栄冠も手にしましたcrown

しかし、ここからまたしてもレッズの成績は下降線をたどります・・・2008年以降は優勝争いに加わることができずに、順位も中位に甘んじます。

ところが、2012年にサンフレッチェ広島の元監督ペトロビッチが加入すると、それに伴い広島で彼の元でプレーした選手やコーチがレッズに移籍するようになり、2012年は3位に再び躍進しup、今シーズンも現在3位という好位置につけていますgood

そんなレッズの試合は、いつ見ても非常に目の離せない試合が多く、魅力的なチームですshine

それではいつものように、僕が選出するレッズの「ベスト11」を発表したいと思います。正直、今回は選ぶのが大変でしたcoldsweats01。タレントの多いレッズの中から11人を選ぶのは頭を悩ませました。

尚、選出にあたってはチームに3シーズン以上所属していることを条件とし、ポジションの後ろの数字は「背番号」、( )内の在籍数はJリーグ発足以前の母体チームも含むこととしますsoccer

<浦和レッドダイヤモンズ> ベスト11

Phm_j19_b01

GK 23 都築龍太(2003年~2010年) 元日本代表(出場6試合)

Phm_j04_b01

DF 4 田中マルクス闘莉王(2004年~2009年) 元日本代表(出場43試合)

123863441_3

DF 6 山田暢久(1994年~現在) 元日本代表(出場15試合)

00044546b

DF 16 三都主アレサンドロ(2004年~2006年、2008年~2009年) 元日本代表(出場82試合)

Img_0546

DF 22 阿部勇樹(2007年~2010年、2012年~現在) 元日本代表(出場53試合)

F567b485

MF 8 小野伸二(1998年~2001年、2006年~2007年) 元日本代表(出場56試合)

8691e0f4

MF 13 鈴木啓太(2000年~現在) 元日本代表(出場28試合)

Hasebe

MF 17 長谷部誠(2002年~2007年) 日本代表(出場66試合)

Reds9596mizunohomeredwhiteblack

FW 9 福田正博(1992年~2002年) 元日本代表(出場45試合)

F45aad63

FW 10 エメルソン(2001年~2005年) 元ブラジル代表(出場6試合)

Img_8817

FW 11 田中達也(2001年~2012年) 元日本代表(出場16試合)

Column03_img01

監督はやっぱりブッフバルトでしょうscissors本当は選手兼任も考えましたが、今回は監督業に専念してもらいます。

Dsc_0560

フォーメーションはご覧の通りで、システムは「4-3-3」ですsoccer

闘莉王と阿部のセンターバックはなかなか崩せないでしょう。ちなみに阿部は前回のジェフに続いての選出ですbell

レッズはボランチに数多くのタレントを輩出しているチームで、今回は長谷部と鈴木啓太を選出しましたが、細貝も選出に悩んだ選手です。

小野を中盤に置き、そこを起点に前線の3人が点に絡むのが理想の形ですが、FWの控えには野人・岡野や永井といったスピード力のある選手がいるので、このチームの層の厚さは抜群ですup

さあ、いかがでしたか今回の「J」の☆たちは、レッズの強さはその豊富な人材と、熱いサポータの声援があるからこそなんでしょうねconfident

次回の「J」の☆たちも、どうぞお楽しみにpaper

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日birthday2> 4月29日生まれ

宝田明(79歳)、田中裕子(58歳)、一色紗英(36歳)

|

« 1/3の純情なチョンタ。 | トップページ | NECO’S キッチン♪56 »

コメント

やっと来たか!浦和レッズ!!
私はJ リーグ開幕の時からレッズを応援してます。理由は当時、三菱の車に乗ってたから!…という単純なきっかけでした。
それから福田を応援し続け、得点王になった時はめちゃめちゃ嬉しかったなぁ。
間違いなくこのイレブンなら今までのチームの中で最強だと思います!できればブッフバルトと闘莉王のセンターバックが見たいけどね。あと、私なら小野伸二をボランチに下げて、攻撃的な位置にポンテを入れたい!
まっ、どちらにせよヴェルディより強いよ( ̄▽ ̄)b

投稿: 29 | 2013年4月30日 (火) 20時27分

29さん
とうとう29さんの大好きなレッズの登場ですshine
ブッフバルトを「選手」で選出するかは最後まで悩みました。彼の存在は特別ですからね。
小野のボランチ案も実は考えていましたが、レッズには優れたボランチがたくさんいるので、トップ下にもっていきましたgood

後半30分頃から野人・岡野を投入するのも楽しそうですrun
レッズVSヴェルディのベストメンバー対決、実際に見てみたいですよねsoccer

投稿: 猫男爵 | 2013年4月30日 (火) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/51427291

この記事へのトラックバック一覧です: 「J」の☆たち~レッズ編~:

« 1/3の純情なチョンタ。 | トップページ | NECO’S キッチン♪56 »