« 土俵を沸かせた男たち~3日目~ | トップページ | チェッ、チェッ、チェッ、チェックポイント♪ »

2013年3月11日 (月)

天才(変人)の復活!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日3月11日、それは僕たち日本人にとって忘れることのできない、そしてこの先絶対に忘れてはいけない、そんな一日です。

2年前の今日、3月11日午後2時46分、日本列島を襲った最大震度7の大地震は、大津波という脅威をもたらし、多くの尊い命と、そして生活を奪いました。

あれから丸2年、「復興」という名のもとに、被災地では様々な支援活動が今も行われています。しかし現実は、思うようにその「復興」の道が進んでいないのが現状です

「何ができるのか、何をすれば力になれるのか?」

僕自身、その「力」というものが目に見えないまま、2年という月日が経ちました。

被災地では今も31万人の方が避難生活を余儀なくされ、いまだに自宅に帰るめどすら立たない方、帰る家を失くし先の見えない避難生活を続ける方、行方不明の家族がいまだに見つからない方が数多くいると、新聞や報道などで目にします。

今も「震災」は続き、そして終わっていないのです。

このことを僕たちは絶対に忘れてはいけません

僕自身、自分が何不自由なく日々の生活を暮らせている中で、いったい何をすれば被災地の方々の力になれるのか・・・それをただ自問自答し、繰り返し探すだけの日々です。

例えば、スーパーなどに買い物に行った時は、東北地方が生産地の物を優先的に買う。それも「復興」への手助けだと思い実行しています。

いち個人である僕たちにできることは本当に“微力”です。でも、その“微力”が積み重なれば、きっと大きな大きな「力」になると、そう信じています

僕がこうやって毎日続けているブログも、もしかすると、被災地のどこかで誰かが見ているかもしれません。

「光り」が見えてこない生活の中で、ほんの一瞬でも辛いことを忘れられる、そんな束の間の楽しみになっていれば、それは僕にとってもとても嬉しいことです

だから僕はこれからもこのブログを続けていこうと思います。それが僕のできることの1つだと思うので

今日は日本中が「鎮魂の祈り」を捧げました。その祈りが、いつか被災地の明るい未来に繋がることを願っています

さて、そんな想いを胸に秘めて、今日もブログをお送りしていくわけですが、今日は月曜日です

月曜日といえば一週間の始まりで、何か新たな気持ちで職場に向かうことのできる、そんな一日です

そしてこれは僕個人の感想なのかもしれませんが、ドラマ好きの僕はいつも夜になると「連ドラ」を見るのが楽しみな曜日でもありますいわゆる「月9」っていう奴です

しかし残念な事に、昨今はテレビ離れが進んでいるのか、はたまたドラマじたいに魅力がないのか、天下無敵の「月9」といえども、視聴率が低迷しているのが現状です

テレビ局も、様々な手法やアイデアで「月9復活」を目論んできましたが、今のところ成功には至っていません。そのことは僕のブログでも何度かお伝えしてきました

しかし、しかしです4月から放送される次の「月9」は、もしかすると今度こそ、久しぶりに「月9復活」が成し遂げられるかもしれません

というのも、6年ぶりにあの天才、いえ変人が帰ってくるからです

Imgff010aa1zik6zj

そうですご存知、天才「ガリレオ」の復活です!

俳優・福山雅治が演じる天才物理学者・湯川学が、数々の難事件を解決するというストーリーで、2007年に大ヒットした名作『ガリレオ』は、僕も大好きな作品で、毎週欠かさず見ていましたし、録画したものを何度も見たりもしました

そして実際に僕も「ガリレオ」になりたい衝動にかられ、『ガリナオ』というタイトルで、この「HYPER日記」でも妄想ドラマシリーズとして、2008年10月~12月に全9話に渡ってご紹介してきました

これは完全なる自己満足ですが、僕自身もこの『ガリナオ』はかなり気に入っており、その後も、2009年3月と2010年2月に「特別編」をこのブログ上でもご紹介しています

『ガリナオ』の話はとりあえず置いておき、『ガリレオ』に話を戻しますが、6年前に平均視聴率21.9%を記録した名作の復活に、僕のように期待を寄せている人も多いのではないでしょうか

実は今回の『ガリレオ』には変化があります

湯川の相棒として、常に側にいた女刑事役の柴咲コウに代わり、新人刑事役として吉高由里子が起用されました

まだ本編を見ていないので何とも言えませんが、柴咲コウの演技には僕的には非常に好感を持っていたので、何か残念な気もしますが、もしかすると柴咲コウ以上にハマり役になるかもしれないので、それを楽しみに見てみたいと思います

キャストはもちろんのこと、今回も作家・東野圭吾の大ヒットミステリーがどんな難事件を引き起こしてくれるのか、「東野ワールド」にも期待大です

6月には『ガリレオ』の映画版「真夏の方程式」も公開されるだけに、今年はまさに「ガリレオ旋風」がドラマと映画界を席巻するかもしれません

081019_221741

「実におもしろい!」

湯川のあの決めゼリフがテレビやスクリーンから聞こえた時、それは天才、いえ変人の復活です

『ガリレオ』の復活の情報を聞きつけ、実は僕も『ガリナオ』の復活を計画中です

『ガリレオ』と同時期とはいかないかもしれませんが、今年の夏か秋頃には『ガリナオ』の映画化を計画しています。もちろん、ブログ内での妄想映画ですけどね。今、それに向けてのクランクインを考えています

081003_193447

今年の夏か秋頃には、ガリナオの「実におもしろい!」も復活すると思いますので、そちらの方もぜひ楽しみにしていてくださいね

「ガリレオ」VS「ガリナオ」どっちが、真の天才、いや、変人かな?

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日2> 3月11日生まれ

梅宮辰夫(75歳)、周富徳(70歳)、オスマン・サンコン(64歳)、蓑田浩二(61歳)、織田哲郎(55歳)、中井美穂(48歳)、三木谷浩史(48歳)、ホージー(46歳)、大沢たかお(45歳)、中村江里子(44歳)、UA(41歳)、奥山佳恵(39歳)、ドログバ(35歳)、土屋アンナ(29歳)、白鵬(28歳)

|

« 土俵を沸かせた男たち~3日目~ | トップページ | チェッ、チェッ、チェッ、チェックポイント♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天才(変人)の復活!:

« 土俵を沸かせた男たち~3日目~ | トップページ | チェッ、チェッ、チェッ、チェックポイント♪ »