« 信長の中の信長! | トップページ | サンキュー、キチロー! »

2013年3月 8日 (金)

いばた~

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日はいつもの時間帯にブログを更新しようと思い、パソコンに向かっていましたが、テレビから目が離せず今に至っています

もちろんテレビで見ているのはWBCです

それにしても凄い日本の粘りと精神力

2点リードされた時は、正直もうダメかと思いましたが、本当によく追いつきました

まだ興奮が冷めない中、このブログを更新しています

今日の対戦相手は、1次ラウンドで圧倒的な強さを見せた台湾です。同じアジアのライバルとはいえ、今大会間違いなく優勝を狙えるような、そんな強敵です

Dsc_0109

しかも今日の台湾の先発は王建民です

野球に詳しい方であれば誰しもが知っている、メジャーリーグでアジア人最多勝利の19勝を2度あげた、アジア最強の投手です

その右腕から投げられるボールのほとんどが「シンカー」という、ちょっと特異な投手ですが、そのシンカーがなかなか打てません・・・

Dsc_0110

今日も日本打線は、その王建民から、なかなか点を奪うことができず、見ている方は非常に心臓に悪い戦いが続きます

そんな日本の拙攻を尻目に、台湾は3回に先制点をあげると、さらに5回には1点を追加して終盤を迎えます

日本は8回に2点を返し一時は同点にしたものの、その裏にすぐに1点を返され、「2対3」とリードされたまま、いよいよ最終回を迎えてしまいました

そして9回も2アウト、あと1つアウトを取られると日本は敗れるという場面で登場したのは、井端でした

中日ドラゴンズの主力として長年に渡り活躍してきた井端も、気がつけば37歳のベテランになっていました

今大会では当初は控えに甘んじていましたが、肝心な場面でその経験を生かした職人のような打撃を見せて、大きな活躍をみせてくれていました

そんな井端が日本の“崖っぷち”を救ってくれると僕は信じて、ひたすら祈りました

「いばた~いばた~」

それはまるで、長野冬季五輪でスキージャンプ団体の船木のジャンプを見守りながら、「ふなき~ふなき~」と絶叫する原田雅彦のようでした

そしてそんな声が届いたのか、井端はやってくれました

Dsc_0122

見事にボールを外野へと弾き返し、起死回生の同点打を放ってくれました

Dsc_0123

井端も渾身のガッポーズです

「よっしゃ!!!!」僕はその興奮を抑えることができませんでした

おかげで、隣りの部屋で眠っていたを起こしてしまいました

Dsc_0120

井端も追い込まれていた重圧から解放されて、ホッとした表情を浮かべました

Dsc_0127

その後、延長戦に突入した試合は、10回に中田の犠牲フライで「4対3」と今日初めてリードした日本が、その裏の台湾の攻撃を0点に抑え、見事に逆転勝利を挙げました

Dsc_0133

しかし、改めて感じましたが野球って難しいスポーツですね。そして、本当に楽しいスポーツですね。これほど見ている人を夢中にさせてくれるのですから

まあ、プレーしている当の選手たちや監督、コーチは本当に生きた心地がしないでしょうね

でも今日のような数々の逆境を乗り越えて、過去2回の大会は頂点に立ったわけですから、今回も必ずしや「WBCの頂点」に立ってくれるとそう信じています

それにしても今日は本当にシビれる、そして興奮する最高の試合でした

今日の勝利は、28人の選手全員で勝ち取った素晴らしい全員野球だったと思います

中田の勝利を呼び込んだ犠牲フライ、鳥谷の9回2死からの勇気ある盗塁、牧田のケガを恐れない気迫のこもったダイビングキャッチ、相川の勝利の起点となるヒット、高代コーチの体を張った三塁での制止などなど、あげればキリがありませんが、今日のヒーローはやっぱり僕の中では井端の活躍だと思います

井端の活躍なくして今日の勝利はなかったと思います

普段は我が巨人軍のライバル中日の中でも、一番嫌な打者ですが、今日だけは本当に心から応援しましたし、感動しました

井端だけでなく、選手の皆さん、監督コーチ、スタッフの皆さんも本当にお疲れ様でした。そして球場やテレビで観戦していた皆さんも、本当にお疲れ様でした

明後日のオランダ戦に勝利して、一気にアメリカラウンド進出を決めましょう

頑張れ、侍ジャパン!

ちなみに昨日のブログでもお話した『信長のシェフ』の最終回は、野球中継延長のために、次週に延期されました。僕も非常に楽しみにしていただけに残念ですが、楽しみは一週間後にとっておくことにします

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日2> 3月8日生まれ

水木しげる(91歳)、高木ブー(80歳)、篠ひろ子(65歳)、佳那晃子(57歳)、江川達也(52歳)、平松愛理(49歳)、桜井和寿(43歳)、須藤元気(35歳)、水野裕子(31歳)、渡部豪太(27歳)

|

« 信長の中の信長! | トップページ | サンキュー、キチロー! »

コメント

だから2番は井端でOKって言ってたじゃ~ん!
定山渓で宴会だったから見てないけど(T^T)
鳥谷も褒めてくれてありがとうm(__)m

投稿: 29 | 2013年3月 9日 (土) 18時06分

29さん
29さんの言う通り、2番は井端で正解でした
宴会で見れなかった29さんの代わりに鳥谷を褒めますが、本当に彼の選球眼の良さは抜群ですね
彼が四球で塁に出たこと、そして9回2死、アウトになれば試合終了となる場面で、盗塁を成功する当たりは素晴らしいです
サインを出したベンチも凄いですけどね

それだけ鳥谷の足は信用されているということですね。
いつか巨人に来て、坂本との二遊間コンビ結成を期待しています

投稿: 猫男爵 | 2013年3月 9日 (土) 21時50分

29さん
訂正します
鳥谷は「ノーサイン」で走ったみたいです!となると、なおさら凄い度胸です

投稿: 猫男爵 | 2013年3月10日 (日) 00時28分

ライブで見てたら最高に興奮するシーンだったんだろうなぁ~。悔しい~
山本監督にはこのシーンでスチールのサインを出す発想も度胸もないね。

投稿: 29 | 2013年3月10日 (日) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いばた~:

« 信長の中の信長! | トップページ | サンキュー、キチロー! »