« 聞いてないよ~ | トップページ | ゆく川の流れ~river19~ »

2013年3月18日 (月)

出遇い。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

いや~今日は実に悔しくbearing、そして残念な一日でした・・・

野球baseballの「世界一」を決める「第3回WBC」に出場している日本代表、通称「侍ジャパン」が今日、準決勝に挑みましたgood

相手は中南米の強豪プエルトリコでしたが、残念ながら「1対3」で惜敗し、目標であった「3連覇」は夢と終わってしまいました・・・

勝負の世界がいかに厳しいか、本当にまざまざと感じさせられた、そんな一日でしたdespair

この結果は結果としてしっかり受け止め、今後日本代表が再び「世界の頂点」に立てるようなチーム作りを行って欲しいと思いますpaper

率直な僕の感想としては、このチームは本当によく戦ったと思いますscissors。優勝できなかったことは、日本人として当然悔しいですが、このメンバーで準決勝まで来たことは「善戦」と言っても良いと思いますshine

日本人が持つ「団結力」や「チームワーク」というものがいかに凄いことなのかを、見事に証明してくれましたgood

個々の選手が参加するのには様々な障害があるのでしょうが、せっかく「世界NO・1」を決める国際大会なわけですから、日米問わず、各球団は所属する選手を快く出場させる、また選手達も選ばれたのであれば積極的に参加するという、方向づけをするべきだと思いますgood

同じスポーツでも4年に1度行われるサッカーsoccerW杯で、このようなことは決してありません。

五輪で「野球」という競技が除外された今、世界一を決めれる唯一の大会が「WBC」なわけですから、関係者には野球(ベースボール)というスポーツの繁栄のためにも、少し柔軟な考えを持ってほしいと、僕なりには思いますconfident

次の第4回WBCはいつ開催になるのかまだ知りませんが、4年後であれば2017年。その頃の日本の主力は投手陣でいえば、マー君やマエケンの世代はもちろん、今年のルーキたち、例えば藤浪(阪神)や菅野(巨人)、あるいは大谷(日ハム)は投打の両方かな?

打者では中田が不動の4番に座らなければなりませんし、他にも若い選手がどんどんと出てこないとなりませんsign03

当然、今回のようにメジャー組不参加ではなく、ダルビッシュ(その頃は31歳ぐらいかな)や、他のメジャー選手も出場して欲しいですsign03監督は桑田真澄でOKでしょscissors

そんな4年後を僕は大いに期待していますhappy02

まあ、とにかく今回戦った28人の侍たちには、堂々と胸を張って帰国して欲しいと思いますpaper

さて話は変わりますが、今夜僕は「お通夜」に参列してきました。

仕事の関係でお知り合いの方shadowの旦那さんのお通夜でしたが、地元の方たちを中心として多くの参列者がいた「お通夜」でした。

僕は亡くなられた方の奥さんと知り合いなのですが、その奥さんは既に80歳を超えたご高齢の方で、亡くなった本人においては90歳になる、さらにご高齢の方でした。

さらに“縁”とは不思議なもので、そのお孫さんshadowにあたる方が、実は昨年まで僕の住んでいるアパートで僕の部屋の真下に住んでいた方でしたhouse

もちろん、お孫さんであるということも知っていたので、仲良くさせていただきましたが、何かとそのお家とは“縁”があるものだと感じましたconfident

そしてこれもまた“縁”だと思うのですが、今日「お通夜」に行ったお寺というのは、僕のがベビーマッサージでお友達になった女の子のご両親が住んでいるお寺なのですpaper

お友達のパパというのは、僕よりもちょうどひと回り若い26歳なのですが、その26歳という年齢で「住職」を継いでいますpaper

本来の住職である父親を若くして病気で亡くし、さらには祖父母も亡くし、お寺の学校を出たと同時に「住職」に就いたという経緯がそこにはあります。

僕のはママとも仲良くなり、先日はお家(お寺)にも遊びに行ってきたほどの仲ですdelicious

僕はまだパパ(住職)にもママにも面識はないのですが、春になって暖かくなれば、みんなで焼肉したり、どこかに遊びに行ければと思っていますconfident

僕は今日「お通夜」に行き、そこで「住職(パパ)の顔を初めて見れる!」と思いながら足を運びました。

そこのお寺は僕の自宅から車で1分程の場所にあるのですが、あいにくの雨rainでしたので、車で行こうとお寺に向かいましたcar

しかし、1分程で着くはずの道が大渋滞full

そのお寺に向かう車で道は大混雑しており、そのもの凄い車の数を見て僕は即座に引き返しdash、自宅に車を止めて、歩いて向かうことにしましたcoldsweats01

徒歩でお寺に着くと、既にお寺の中も多くの人で大混雑でしたsign03

一応、混雑すると予測してだいぶ早い時間に行ったのですが、僕の想像をはるかにこえていましたbearing

既に用意されている椅子の席に空席はなく、廊下も全て人で埋め尽くされ、僕は結局、廊下の奥の奥にあるトイレtoiletの前に用意された座布団の上に座りましたpaper

そこも既に僕を含めて結構な人で埋め尽くされ、いよいよ座る場所のない人は、玄関や玄関の外で立っての参列となりました。

僕も結構な数の「お通夜」には参列していますが、今までこれほどまでに参列者の多い「お通夜」は無かったと思います。それだけ故人とそのご親族の人望の厚さが伝わってきました。

僕の座っている場所は廊下の奥の方なので、前には壁があり、当然本堂の方の様子は見えませんeye。お経の声だけは聞こえるのでがear、姿かたちはまるで見えませんcoldsweats01

よって、住職(パパ)の顔を見ようにも、見る事はできないのですbearing

お経が終わり、住職のお説教が始まりましたkaraoke。姿は見れずとも、その声はしっかりと聞こえるので、僕は耳を澄まして聞いていましたear

「凄いな、26歳で、立派だな。」それが僕の正直な感想ですconfident

これは失礼なことなのかもしれませんが、色々な「お通夜」に行っても、「何だこのお説教?」と思うような意味不明なお話をする住職がたくさんいますshadow

でも今日の住職のお話は、とても26歳とは思えない落ち着きぶりと、分かりやすい話の内容、そして何より故人と親族に対する心のこもったお説教でしたconfident

「この住職はきっと立派な住職になるな~」と僕は心から感じましたconfident

その住職のお説教の中で「ご縁」のお話がありました。

仏教ではよくこの「ご縁」のお話はよく耳にしますが、住職の話の中で「であい」ということついての話がありました。

普通、一般的に「であい」を漢字にすると「出会い」とか「出逢い」と書きますpencil

しかし、浄土真宗では「出遇い」と書くそうです。「遇い」という字は「遭遇」の「遇」です。

人と「であう」ということは、偶然に「遭遇」するということ、それが「縁」というもの。

「今日、ここに集まった方がここにいるのも、故人の縁がもたらした偶然であり、それによって遭遇させてくれたこと、つまり出遇いなんです。」ということを、お話してくれましたconfident

「そうかflair人との「であい」というものは、どれもよく考えてみれば偶然の遭遇から始まることだよな~」と僕は目を瞑りながら住職の声を聞き、そう思いましたconfident

まだ実際に住職とは話をしたこともないけど、僕と住職がこれからきっと「友人」としてお付き合いしていくのも、「僕の娘と住職の娘が、同じ年の同じ時期にこの世に誕生したおかけで結ばれた縁だよな~それも出遇いだよな~」と、しみじみと思いましたconfident

そして、そんなお話を聞かせてくれたのも、今日「お通夜」に参列させたいただいた、亡くなれた故人がいたからこそ聞けたことで、それも故人との出遇いがそうさせてくれたことだと思いました。

お説教が終わり、退席していく住職の姿が廊下の奥から少しだけ見ましたがeye、本当にまだ初々しい若者でしたhappy01

その住職の顔を見ながら、今日は「出遇い」を心から感じさせていただきました。

雨の降る中を色々な思いを感じながら僕は家路に着きましたが、そこにはが僕の帰りを待っていてくれましたhappy01

妻との「出遇い」があり、そして娘との「出遇い」があった。これも全て、遭遇が生んだ縁なのだと僕は2人の顔を見て改めて感じましたconfident

Dsc_0190

泣いてるcryingこの顔も、めっちゃ可愛いですもlovely

この「出遇い」は一生僕の宝物ですし、明日もこの「出遇い」を大切にして過ごしていきたいと思いますconfident

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日birthday2> 3月18日生まれ

奥田瑛二(63歳)、島崎俊郎(58歳)、田中幹保(58歳)、村田雄浩(53歳)、豊川悦司(52歳)、芳本美代子(44歳)、竹下佳江(35歳)、鳥居みゆき(32歳)、西野カナ(24歳)

|

« 聞いてないよ~ | トップページ | ゆく川の流れ~river19~ »

コメント

WBC 残念でした…
せっかく若手を主軸で代表作りをしたんだから、監督も若手にして欲しいものです。
古田じゃ駄目なのかなぁ?
まっ、解説面白かったから桑田監督でもいいや。

投稿: 29 | 2013年3月19日 (火) 09時11分

29さん
確かに監督の若返りも必要ですよね。経験と言う意味では、古田が無難ですね。
桑田や清原の監督姿も見てみたいし、思い切って松井秀喜っていうのはどうですかね?
WBCは我が巨人軍OBが監督でないと勝てないのかも。
それか逆に、ベンチに座りっぱなしのノムさんとかも見てみたいですね。
いずれにしても監督の人選も楽しみですね。

投稿: 猫男爵 | 2013年3月20日 (水) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/50828346

この記事へのトラックバック一覧です: 出遇い。:

« 聞いてないよ~ | トップページ | ゆく川の流れ~river19~ »