« 字、エンド・・・ | トップページ | 万引きGメン? »

2013年3月21日 (木)

想い出甲子園・春~後編~

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

「明日は間違いなく早出出勤だ・・・」と思いながら、昨日はいつもよりも早めに床に就いたsleepyのですが、夜中の3時clockに目を覚まし外を見てみるとeye、思いのほか「雪」が積もっていませんでしたcoldsweats01

「あれ?これはもしかしたら今日は早出はないかも。」と思いながら、その後も30分おきに外の状況を確認しましたが、「雪」が積もる気配はなく、今日は結局、早出なしの普段通りの出勤時間となりましたpaper

天気予報では30~40cmの降雪と言っていたので、春の「ドカ雪」を覚悟はしていたのですが、いざ蓋を開けてみれば10cmにも満たない程の積雪でしたpaper

まあ僕にしてみれば少しでも長く、と過ごす時間があったので、朝からとても嬉しかったですけどhappy01

そんな今日は遂に娘が「離乳食」デビューを果たしましたshine

Dsc_0213

娘は初めて見るものに興味津々で、器の中にあるものをじっくり観察していましたeye

Dsc_0214

「十倍粥」と「野菜の擦り流し」を今日は用意しましたrestaurant

妻がゆっくりとスプーンを娘のお口に運んでいくと、娘は食べ物だと理解しているようで、ゆっくりとお口を開け始めましたhappy02

Dsc_0211

「ちゃんと食べてる~!」

僕も妻も大興奮ですhappy02。今日は初日ということで「食べる」というよりは、口の中に少し「入れた」ぐらいでしたが、これから徐々に慣らしていき、ちゃんと食べれるようになることを祈りますconfident

ついこの前、生まれたと思っていたら、もう「離乳食」とは本当に月日の早さに驚かされていますが、親として娘の成長を見られるのは本当に感無量ですhappy02

いっぱいいっぱい栄養を摂って、大きく成長して欲しいと願っていますconfident

さて、話はガラりと変わりますが、明日からいよいよ第85回選抜高校野球大会が幕を開けますbaseball

先日もお話したように、大の高校野球マニアの僕にとっては、待ちに待った日ですhappy01

今大会は「記念大会」ということで36校が出場し(通常の大会は32校出場)、全国の頂点に立つべく決戦に挑みますscissors

大阪桐蔭の3季連続の優勝がなるかsign02

あるいは、秋の神宮大会を制した仙台育英が頂点に立ち、東北に初めて「紫紺の優勝旗」が渡るのかsign02

はたまた他の常連校、あるいはノーマークの高校が日本一の栄冠に輝くのかsign02

色々な想いが交錯する中、あと数時間後には阪神甲子園球場で熱き戦いの火ぶたが切られますbaseball

そこで今日は開幕前夜ということで、高校野球にちなんだシリーズ企画

「想い出甲子園・春」後編をお送りしたいと思いますhappy01

前回の「前編」では、元木大介がいた上宮高校にスポットを当てましたが、今日ご紹介するのも、同じく大阪府にある高校ですschool

それでは早速、春の選抜大会の想い出の1ページを見てみましょうgood

「想い出甲子園・春~後編」

1990年春、第62回選抜高校野球大会は、いつものように春の訪れcherryblossomを知らせるように、阪神甲子園球場で開幕しましたbaseball

この大会は前年に活躍した元木(上宮)や大越(仙台育英)、あるいは吉岡(帝京)などのスター選手が卒業した翌年の大会という事で、新たなスターの登場に期待が集まった大会でしたshine

前年の夏の甲子園を制した帝京(東京都)の「夏春連覇」にも注目が集まりましたが、帝京は初戦で姿を消し、その夢は絶たれました・・・

愛媛県代表の新田高校が初出場ながらサヨナラ勝ちなどで勝ち進み、「ミラクル新田」あるいは「新田旋風」などと呼ばれ、大会を大いに盛り上げてくれましたup

その新田を決勝で破り優勝したのは大阪府の近大付でした。前年度の大阪府代表上宮高校が、決勝で東邦(愛知県)に敗れて涙を呑んだその借りを、見事に返してくれた大会でもありましたpaper

しかし、この大会で僕が一番印象に残っているのは、同じく大阪府代表の北陽高校の活躍でしたup

もっと分かりやすくいえば、北陽高校を支える1人のエースに注目した大会でしたpaper

その北陽のエースナンバー「1」を背負っていたのは、寺前正雄という投手でした。

ちょっと写真がないのが残念ですが、高校野球ファンであれば彼のことはよくご存知だと思いますconfident

大会前から前評判がよく、その大柄な体格とダイナミックな投球フォームには注目が集まっていましたshine

当時僕は、ちょうど中学校を卒業し、高校入学を前にした「春休み」でしたので、じっくりとほぼ全試合をテレビで観戦することができましたtv

そんな中で開幕した大会第5日目、僕が注目する寺前がいよいよベールを脱ぐ日がやってきましたsign03

今でも僕はあの日のテレビ中継の事をよく憶えていますtv

朝一番の第1試合だったので、NHKのテレビ中継が始まったと同時に既に試合はプレイボールされていましたbaseball

北陽は後攻だったようで、テレビ中継の中ではマウンドの上に寺前の姿がありましたshine

そしてその寺前の投球を見た瞬間、僕は驚きを憶えましたsign03

「何だこの豪快なフォームは!」

そこには足を大きくあげup、そして左手を高く上げながらup、まるで飛び跳ねるようなダイナミックなフォームで投球する寺前の姿がありましたshine

「これが噂の寺前か!前評判通り凄い投手だな!」

そんな僕の感想と同じように、テレビに映し出される甲子園球場でも“どよめき”が起こっていましたsign03

140km台の速球と落差のある大きなカーブ、寺前が三振を取ると、球場から驚きとともに割れんばかりの歓声と拍手が鳴り響きましたup。たった数分間で、既に寺前は甲子園のスターとなっていましたshine

この寺前率いる北陽の初戦の相手は、何と「夏春連覇」を目指す帝京ですsign03しかし北陽はそんな優勝候補に全く怯むことなく、寺前の快投が続き、「2対0」とリードしたまま9回表を迎えます。

しかし9回表に帝京打線に寺前がつかまり、3点を奪われ、北陽は逆転を許してしまいます・・・

「まさか、寺前はもう初戦で見れなくなるのか・・・」そんな思いがかけめぐりましたが、北陽は9回裏に2点を取り返し、見事に「4対3」のサヨナラ勝ちで2回戦進出を決め、帝京の夏春連覇を阻止しましたgood

僕はとにかく、また寺前の投球が見れることが嬉しくてたまりませんでしたhappy02

続く2回戦の相手は玉野光南(岡山県)でしたが、この試合も「4対3」と北陽が接戦を制して見事にベスト8へと駒を進めました。この試合で寺前は12奪三振を記録していますbaseball

準々決勝は三重高校(三重県)との戦いでした。この試合も1点をあらそう試合で、点を取られては取り返すの繰り返しで、終わって見ればこの試合も「4対3」で北陽が勝利し、これで北陽は3試合全てを「4対3」で勝利するという、偶然にしては凄い結果となりましたsign03

優勝まで「あと2つ」、僕は寺前を少しでも長く見たいという気持ちにかられ、応援する手にもつい力が入ってしまいましたpaper

そして迎えた準決勝の相手は、初出場ながら勝ち上がってきた新田高校(愛媛県)でした。

既に準決勝の第1試合で同じ大阪府の近代付が勝利していたために、もしもここで北陽が勝てば大阪勢同士の決勝戦という夢のカードになるだけに、甲子園ももの凄い熱気で包まれていましたup

この試合は序盤から北陽が主導権を握り、寺前の好投もあり、8回表の北陽の攻撃を終えた段階で「3対1」と北陽がリードしていました。

ところが8回裏の新田の攻撃、ここで新田の4番打者宮下がこの大会2本目となる2ランホームランを放ち、「3対3」の同点に追いついたのですbearing

これには勝利をほぼ確信していた僕もガッカリしましたdown

9回裏にはサヨナラ負けのピンチもありましたが、寺前が何と踏ん張り、試合は延長戦へと突入しました。

その後は両チーム譲らず、照明flairが点灯される中で、気がつけば延長17回に突入していました。

17回表の北陽の攻撃は無得点に終わり、その裏の新田の攻撃、バッターボックスには1番打者の池田が立っていました。

そして寺前が投じたこの日238球目は無情にも弾き返され、照明で光り輝くレフトスタンドへと放り込まれていきました・・・

この瞬間、「ミラクル新田」がまたしても“奇跡”を起こし、「4対3」で北陽を下したのです。

Img_355327_3913510_0

喜ぶ新田高校の選手たちが、ホームランを打った池田をホームベースで待ち構える中、少しうなだれながらマウンドからホームへと歩み寄る寺前の姿が、今でも僕の脳裏から離れませんbearing

この日、寺前は新田打線から「17個」の三振を奪いながらも敗れ去りました。偶然にもこの試合も「4対3」でした。ただし、北陽は前の3試合のように勝者にはなれませんでしたが・・・

これがこの第62回大会で忘れることのできない、寺前正雄という1人のスターと北陽高校という素晴らしいチームの活躍の姿でしたshine

ちなみにその後、寺前は高校を卒業してプロ野球の「近鉄バファローズ」に入団し、エースナンバーの「18」を背負いましたshine

近鉄には前年に入団して大活躍した、「トルネード投法」の野茂英雄がいて、寺前の投法は「アルバトロス投法」と呼ばれ、野茂のような活躍が期待されていました。

しかし、野球ファンの期待とは裏腹に、思ったような活躍をすることなく、結局プロで1勝も挙げることもできずに寺前はユニホームを脱ぎましたdown

1990年春、左手を大きく上げて飛び跳ねるような投球フォームで、甲子園のマウンドを楽しんでいた寺前正雄のあの顔を、僕は一生忘れることはありませんconfident

僕の中での「想い出の甲子園」ですshine

さあ、今年の選抜高校野球開幕を前にして2回に渡りお送りした「想い出甲子園」はいかがでしたか。皆さんの心に残る想い出の選手、想い出の高校は、いったいどこですか?

そして明日から始まる今年の大会で、また新たな伝説、新たなスターが誕生することを僕は心待ちにしていますhappy01

この「想い出甲子園」は夏の選手権大会の前にも「前編」と「後編」の2回に渡りお送りする予定ですので、そちらの方もお楽しみにdelicious

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日birthday2> 3月21日生まれ

平野レミ(73歳)、チョー・ヨンピル(63歳)、フィリップ・トルシエ(58歳)、ローター・マテウス(52歳)、ロナルド・クーマン(50歳)、音尾琢真(37歳)、ロナウジーニョ(33歳)、佐藤健(24歳)

偉人たち→ヨハン・セバスティアン・バッハ(作曲家・1685年生まれ)、アイルトン・セナ(F1ドライバー・1960年生まれ)

|

« 字、エンド・・・ | トップページ | 万引きGメン? »

コメント

こんにちは。まさに仰られている通りですね。大阪の高校野球ファンなら新田高校にサヨナラ弾を浴びて敗れた北陽寺前投手の力投は永遠に記憶されるのではないでしょうか。彼ほどの豪腕でさえ大会を通じて7ホーマーしたミラクル新田の勢いは止められませんでしたからね。新田はラグビーの名門校であり、以後は2005年の春に一度復活を見せたのみ(しかも初戦敗退)。そんな初陣軍団が純白のユニフォームを纏って光輝いた準優勝でしたから今も記憶に鮮明です。北陽が泣いた翌日、近大付が見事仇を取ってくれ何だかホッとしましたが。カクテル光線の下で見事な散り様を見せた北陽高校。名将松岡監督の甲子園ラスト采配でもあり色々と感慨深いですね‥☆

投稿: | 2013年4月 6日 (土) 22時56分

名無しさん
あの時の新田高校は本当に神がかったものがありましたからね。
大阪の方はもちろんでしょうが、北海道に住んでいる僕も、近大付と北陽の大阪勢の決勝戦を見たかったです。
本当にあの時の寺前擁する北陽高校は大好きなチームでした。それだけに、延長17回で力尽きた寺前の姿は今でも忘れられません。

投稿: 猫男爵 | 2013年4月 7日 (日) 00時09分

すいません。つい名前を書き忘れてしまいました(笑)。それほど私の中でも大熱戦で思い出深い名勝負なのかも知れません。寺前投手はプロ入り後、何人ものコーチにフォーム矯正させられるなど彼の良さが生かされず大成できなかったようです。プロなんですから個性は尊重するべきだし、将来ある若者の長所を伸ばす指導がやはり大切ですよね。イチロー選手、野茂投手らは仰木監督のもと個性を前面に伸び伸びとプレー続けた結果メジャーでも大成功を収める超一流プレーヤーに上り詰めたのですから安易に‘弄る’ことは球界の損失にも繋がりかねません。さて今センバツの北海道勢2校の戦いは本当に見事でした。熱い夏も甲子園を大いに沸かせる活躍を心より願っています‥☆

投稿: なにわのヒバゴン | 2013年4月 7日 (日) 01時02分

なにわのヒバゴンさん
僕も同感です。寺前がプロ入り後、フォームを矯正され、野球人生が短命になってしまったのが残念でなりません。
寺前が入団した時は、既に野茂がいたわけですから、寺前にも野茂を模範として、もっと個性を活かして伸び伸びとやらせてあげたかったですね。
スポーツに“たられば”は禁句ですが、もしもフォームを矯正されなかったら、もっと違う結果が出ていたかもしれませんね。

今年の夏の甲子園には、僕の地元の北海道勢の頑張りにも期待しています。
大阪代表はレベルが高いので、大阪桐蔭もそう簡単には出場権を獲得できるかわかりませんが、森君を中心に夏連覇に期待しています!

投稿: 猫男爵 | 2013年4月 7日 (日) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/50875722

この記事へのトラックバック一覧です: 想い出甲子園・春~後編~:

« 字、エンド・・・ | トップページ | 万引きGメン? »