« アンパンマン。 | トップページ | 「J」の☆たち~マリノス編~ »

2013年2月 5日 (火)

ゆく川の流れ~river18~

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

昨日のブログでもお話したように「立春」を過ぎましたが、今日は実に寒い一日でしたね。風も強かったせいもあってか、体感温度はとても寒く感じました

やっぱり北海道の冬はなかなか終わりそうにもありません。今年は全国的にみても、「寒い冬」、「雪の多い冬」になっているようで、関東圏でも今晩から明日にかけて積雪が予想されています

関東圏では先月も積雪に見舞われましたし、1年のうちにこれほど雪が降ることも非常に珍しいことなのではないでしょうか

実はちょうど1年前の昨年の「立春」のブログは、あるシリーズ企画をスタートさせた日でしたが、皆さん憶えていますか?

それは全国各地に点在する「一級河川」を妄想の中で旅して歩く、『ゆく川の流れ』という企画です

早いもので、あれから1年が経ったんですね。スタートしたのは、本州最南端の鹿児島県にある「川内川」でした

1年かけて僕が見てきた川の数は全部で17ヶ所になりました。どの川にもそれぞれの特徴があり、妄想の中とはいえ、旅をするごとにその楽しさに魅了されていきました

ということで、今日は1周年を記念して、『ゆく川の流れ』の第18弾をお送りしたいと思います

前回の旅で三重県南部を流れる「宮川」を堪能した僕は、その足を東海地方へと北上させました

電車とバスを乗り継ぎ、僕は長野県南部に位置する平谷村という地へたどり着きました。この地が今回の一級河川の源流となっている場所でもあります。

今回僕が旅する河川は長野県、岐阜県、愛知県の3県を股に掛ける「矢作川」です

Yahagi_dam_lake

この写真の場所は、ちょうど岐阜県と愛知県の県境ともなる「奥矢作湖」です。

「矢作川」は延長117km、流域面積は1830k㎡です。

この矢作川の特徴は、多くの支流からなっているということです。11の支流が交わり1つになり、東海地方を雄大に縦断する「矢作川」が形成されています

また、この「矢作川」の水は明治用水などにも使われていることもでも有名です

僕は上流から徐々に川を下り、中流域へと差し掛かりました。

中流域には豊田市という街があり、ここで僕は少しゆっくりと「矢作川」を色々な角度から眺めてみることにしました

1

まず目に入ったのが、明治用水の頭首工です

明治用水とは農業用、工業用に水を供給する用水で、幕末の明治維新の頃にできたことからその名がつきました。愛知県南西部では、この用水の存在は必要不可欠です

少し川沿いを移動していくと、白浜町というところに着きました。ここでは、まるで「絵葉書」のような素晴らしい景色が目に飛び込んできました

800pxyahagi_river_shirahamacho_toyo

川の水面、周りの緑、そして遥かに広がる青い空と白く雲、こんな素敵な景色ならずっと眺めていたい気持ちになりました

しかし、僕の旅には限られた時間しかありません。僕は後ろ髪をひかれる思いで、「矢作川」の下流へと向かいました。

下流域に着くまでの間、タクシーに乗車したのですが、そこで運転手さんから貴重なお話を聞くことができました

「矢作川」という名前は、矢作橋の周辺にあった矢を作る部民のいた集落に由来し、矢に羽根を付けることを「矧(は)ぐ」と言ったことから、「矢矧(やはぎ)」となり、後に矢作へ置き換えられたそうです

1_2

最後に僕は、もうすぐ三河湾へと注ぐ「矢作川」の眺めをこの目に焼きつけ、今回の旅を後にすることにしました

さあ、いかがでしたか今回の『ゆく川の流れ』は最後まで楽しんでいただけましたか。

妄想とはいえ、旅ができるのは本当に幸せなことです。もちろん、僕の夢は現実の世界で日本中の「一級河川」を旅して歩くことですけどね

また次回の『ゆく川の流れ』でお会いしましょう

ちなみに今日の我がは、頑張って1人で起き上がりました

130205_203105

「偉いね、1人で起き上がれたんだね。」

日々成長著しい娘を見るのが、僕は毎日とても楽しみです

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日2> 2月5日生まれ

ハンク・アーロン(79歳)、西郷輝彦(66歳)、後藤次利(61歳)、大地真央(57歳)、森脇健児(46歳)、長州小力(41歳)、テベス(29歳)、クリスティアーノ・ロナウド(28歳)、ネイマール(21歳)

|

« アンパンマン。 | トップページ | 「J」の☆たち~マリノス編~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆく川の流れ~river18~:

« アンパンマン。 | トップページ | 「J」の☆たち~マリノス編~ »