« ファンタは僕らのヒーロー! | トップページ | GOOD COMMUNICATION! »

2013年2月13日 (水)

土俵を沸かせた男たち~2日目~

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

山陽鉄道の脱線事故train、そしてグアムでの無差別殺人事件impact、さらには北朝鮮の核実験bombと、昨日から今日にかけて色々なニュースが飛び交いましたtv

本当にいつどこで何が起きても不思議でない世の中ですshock。もうこの世界には安全な場所など無いのかもしれませんねsad

毎日起きる様々な事件や事故に日々驚愕させられますが、皆さんもくれぐれも事件や事故に巻き込まれないように気をつけてくださいねdanger

さて話は変わり、スポーツの世界では、一昨日になりますが、ある偉大な人物との「お別れ会」が開かれましたpaper

「昭和の大横綱」として名をはせ、1月19日に72歳でこの世を去った、大鵬こと納谷幸喜さんの「お別れの会」が両国国技館で行われ、2500人が最後の別れを惜しみましたweep

75041_303569046433212_613931621_n

「巨人、大鵬、卵焼き」これは“昭和”という時代の象徴的な言葉として、今も度々使われます。

一方で僕らアラフォー世代には、前にも何度か言いましたが「ティラミス、ランバダ、貴花田」という方が馴染み深いですよねsmile。というか、これは僕が勝手に作った言葉ですけどshine

そんな昭和の象徴でもあった大鵬とのお別れの会が行われた日に、同じく東京の有明コロシアムでは、日本とモンゴルの親善交流少年相撲大会である「第3回白鵬杯」が開催されていましたpaper

「平成の大横綱」の道を登りつめようとしている白鵬が主催しているこの大会には、数多くの少年力士が参加していたのですが、その中に実は大鵬のお孫さん3人が出場しいたのですsign03

大鵬のお孫さんでもあり、元関脇・貴闘力の息子でもある3人の子供たちは、その体格の良さが一際目立っていましたshine

2013021200000003sanspo0002view

特に白鵬が気に掛けていたのは一番末っ子の四男の幸成君(小学5年生)で、5年前に大鵬部屋で会った時よりも大きく成長したその姿に喜びを感じたそうですup

相撲界では必ず「世代交代」の瞬間が訪れますbell

大鵬が貴ノ花に敗れて引退し、その貴ノ花は千代の富士に敗れ引退し、その千代の富士は貴ノ花の息子である貴花田に引導を渡されました。

もしかすると白鵬が引退を決めるその瞬間には、大鵬の孫が土俵で白鵬と胸を合わせているのかもしれませんねconfident。そんな日が来ることを、もしかすると白鵬自身も願っているのかもしれませんconfident

さて、今日はせっかく相撲の話題になりましたので、先月からスタートしたシリーズ企画「土俵を沸かせた男たち」第2弾をお送りしたいと思いますhappy01

幼少の頃から相撲ファンの僕が、その相撲ファン歴35年のキャリアを活かし、これまで見て来た数多くの力士の中から、印象的だった「個性派力士」にスポットをあてて紹介するこの企画ですが、どうぞ今日も最後までお楽しみくださいwink

今日、僕がご紹介する力士はこの力士ですsign03

1361

大徹忠晃、最高位は「小結」ですshine

くれぐれも言っておきますが、彼は高田純次ではありませんのでcoldsweats01

56996_200808050793357001217942513c

似てるけど(笑)smile

大徹が活躍していた年代は、僕はちょうど小学生から中学生ぐらいの時期でしたpaper

小学生の頃はよく休み時間になると、友達と教室の後ろとかで「相撲ごっこ」をして遊んでいましたが、だいたい太っている奴が朝潮、筋肉質で強い奴は千代の富士、そして“もみあげ”の長い奴が大徹の役でしたcoldsweats01

写真で見ても分かるように、大徹の魅力は強さよりも「もみあげ」でしたsign03

見ているファンの目も、おのずとそのもしゃもしゃで長い「もみあげ」にどうしてもいっていましたeye

そんな大徹ですが、「もみあげ」はさておき、相撲の実力はどうかと申しますと、なかなかスケールの大きい豪快な取り組みが目立ちましたgood

身長193cmという、大柄な体を活かした吊りや寄りはには多くの力士も手こずりましたsweat01

Cimg4787_2

大徹は1971年に初土俵を踏み、その後12年の歳月を経て、1983年九州場所(11月場所)で新入幕を果たすと、1985年には当時無敵を誇っていた横綱・千代の富士を破る金星を挙げましたshineこれが相撲人生唯一の「金星」ですcrown

彼はその気さくで明るい性格から、非常に人気のある力士でした。トレードマークの「もみあげ」も子供には溶け込みやすく、大人から子供まで幅広い層のファンを持つ力士の1人でしたhappy01

大徹については、「もみあげ」の他にもう1つ、とてもインパクトのあるものがありましたsign03それは廻し(まわし)です。彼が付けていた廻しの色は何と黄土色(おうどいろ)sign03

そんな変な色の廻しを付けている力士などもちろん誰一人としていなっかたので、遠目からでもすぐに「あっ!大徹だ!」と分かる廻しでしたsmile

「でも、黄土色って・・・」これは絶対に無いことだけど、もし万が一、我慢できずに「○ん○」を漏らしてしまっても、分からないかも!と子供ながらに思った記憶がありますcoldsweats01

しかし、そんな個性的力士の大徹は優勝争いに絡む事もなく、三賞を受賞する事もなく、1989年1月場所(初場所)には十両に陥落しdown、翌1990年9月場所(秋場所)後に、引退を表明しましたweep

Daitetsu_2011

大徹は引退後は年寄・湊川を襲名し、現在は二所ノ関部屋の部屋付き親方として後進の指導に当たっていますgood

審判部に所属する湊川親方は、場所中は審判を務めていますが、皆さんの記憶にも新しい昨年11月場所(九州場所)9日目の日馬富士と豪栄道戦の大誤審を起こしたのが、何を隠そう、湊川親方こと大徹ですcoldsweats01

日馬富士の足が土俵を割ったと勘違いし、挙手paperして取り組みを中止したのですが、それは間違いだったということで「取り直し」となったあの取り組みですcoldsweats01

現役時代もそうでしたが、引退してもやっぱり大徹はどうしても目立っちゃうのが性分なんでしょうかねhappy01

まあ、人が良いので許してあげましょうね。

Takada_prof

こんな感じで(笑)

だから、これは純次だってば(笑)

大徹忠晃、福井県出身、二所ノ関部屋。

通算成績587勝612敗、金星1個(千代の富士)、通算連続出場1199回。

これが大徹が残した主な成績ですが、彼は輝かしい成績とは無縁だった一方で、初土俵から引退まで一日も休まず土俵に上がった皆勤賞力士でしたshine

その地道な努力こそが彼の人間性というものを物語っていますconfident。その一歩一歩を積み重ねるあたりは、僕のこのブログに対する意識と疎通するものがありますpaper

さて、今日の「土俵を沸かせた男たち」はいかがでしたか?相撲ファンにとっては楽しいお話だったのではないでしょうか。

相撲に興味のない方でも、これから相撲観戦をする際には、土俵の下の審判にも目をやってくださいeye

白髪頭で高田純次に似た人がいたら、それが大徹ですからsmile

今日の我がは、相撲ではなく、将来のなでしこJAPAN目指し、球蹴りに夢中でしたsoccer

130213_190249

なかなか良いセンスしてますよscissors

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日birthday2> 2月13日生まれ

森本レオ(70歳)、南こうせつ(64歳)、佐藤B作(64歳)、島田洋八(63歳)、矢野顕子(58歳)、出川哲朗(49歳)、ヒロミ(48歳)、南原清隆(48歳)、生田智子(46歳)、阿部力(31歳)

|

« ファンタは僕らのヒーロー! | トップページ | GOOD COMMUNICATION! »

コメント

大徹いいね!
私のベスト番付 西小結の候補の一人です。
でも私にはいっつも負けてる弱い大徹のイメージしかないです…。
第1弾、第2弾と細身の力士が続きましたね。って事は第3弾はあの人か!?楽しみにしてます!

投稿: 29 | 2013年2月14日 (木) 14時52分

29さん
大徹に敵うキャラが見つかりません。    初土俵から引退まで一日も休まなかった大徹はすごいですね。
そのベスト番付とかってたのしそうだね。
自分も考えてみようかな。

投稿: バッドニュースアレン | 2013年2月14日 (木) 19時12分

29さん
7勝7敗で迎えた千秋楽、そこで勝ち越すか負け越すか!それが大徹という男です。
第3弾を乞うご期待!

投稿: 猫男爵 | 2013年2月14日 (木) 19時46分

バッドニュースアレンさん
ヘッドバットだけで視聴率20%は取れたねgood
あの目をクリっとした表情eyeは、1つ上の先輩Mたさん(黒スケ)を思い出しますねsmile

投稿: 猫男爵 | 2013年2月14日 (木) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/49364236

この記事へのトラックバック一覧です: 土俵を沸かせた男たち~2日目~:

« ファンタは僕らのヒーロー! | トップページ | GOOD COMMUNICATION! »