« ゆく川の流れ~river18~ | トップページ | 白塗り八聖拳! »

2013年2月 6日 (水)

「J」の☆たち~マリノス編~

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は2月6日ですが、ちょうど1年後の明日、つまり2014年2月7日には、ロシアのソチで冬季五輪が開幕します

バンクーバ五輪からはや4年、今回の五輪には日本にも楽しみな選手がたくさんいます

中でもソチ五輪から新種目として採用されるスキーの女子ジャンプには、金メダル候補の筆頭に名前が挙げられる、高梨沙羅がいます

今シーズンは、現在W杯でランキングトップに立つなど、日本国民のその期待度はかなり高いものがあります

他にもスピードスケート、フィギュアスケート、あるいはノルディック複合などでメダルが期待されます

まだ1年ありますが、1年なんてあっという間にやってきます。僕は今から来年の冬が楽しみで仕方ありません

そして来年2014年といえば、忘れてはいけないもう1つの一大イベントが6月に開催されます

4年に1度のサッカーW杯がサッカー王国ブラジルで開催されます

現在、日本代表は本大会出場に向けてアジア最終予選を戦っている最中ですが、今日はその日本代表、通称「ザックJAPAN」が2013年最初の試合として、ラトビアとの親善試合に挑みました

現在Jリーグはシーズン前ということもあり、メンバーはシーズン中の「海外組」が中心の構成となりました。

それにしても、先発メンバー11人中10人が欧州で活躍している選手なわけですから、ひと昔前とは大きな変貌を遂げましたね

10年前であれば、中田英寿か中村俊輔、それに小野伸二ぐらいしか、いわゆる「海外組」はいなかったのに

そしてもう1つ、10年前とは違うこと、それは

130206_190312

この人が解説者として放送席に座っていることです

でも、ゴン(中山雅史)はプレーでも魅せてくれますが、“ベシャリ”の方でもかなり魅せてくれると思いますので、これからはたくさんサッカー解説に出演して欲しいです

20100321_1419598

まあ、この大先生に比べれば、まだ足下にも及びませんけどね。彼のレベルに達するまではまだまだ修行が必要です(笑)

さて、試合前の国歌斉唱今日は誰が歌うのかと思いきや

130206_191852

「あれ?ホスト役のコントの時のキムタクじゃん!」と思ったら・・・

130206_191902

SOPHIAの松岡でした。久しぶりに見ましたが、僕は結構昔から好きです。でも、やっぱりちょっと歳は取っちゃいましたね。まだ十分若いけど。

試合の方は、FIFAランキングで21位の日本が、104位のラトビアに対し、一方的に優位に試合を進める展開でした

130206_200449

そんな中、遂に前半41分に岡崎が得意の泥臭いゴールをあげ、日本が先制します

130206_200458

さすが「朝青龍」に似てるだけあるぜ

130206_204102

そして後半15分には香川からの絶妙なパスを受けた本田が、追加点をあげます頼りになるね~

さらにその1分後の後半16分には!

130206_204146

元インディアン?の岡崎が本日2点目を見事に決めました

結局、試合は終始圧倒した日本が「3対0」で快勝し、上々の2013年のスタートを切りました

まあ、ちょっと相手に物足りなさ感がありましたが、久しぶりの実戦で勝利したことは大きな収穫です

次はいよいよ来月26日に敵地でヨルダン戦がありますこの試合に勝利して、5大会連続のW杯出場の切符を掴むことを祈っています

思い返せば、今から20年前の1993年という年は、日本中が「W杯初出場」に向けて大きな盛り上がりを見せていた一年でした

結局は「ドーハの悲劇」と呼ばれたあの試合で、日本は「W杯初出場」を逃したわけですが、その日本代表の活躍の影には、同じ1993年にスタートした「Jリーグ」というものの力が大きく影響していたことを忘れてはいけません

そこで今日は先月からスタートしたシリーズ企画の『「J」の☆たち』の第回をお送りしたいと思います

初回の前回は「東京ヴェルディ」でしたが、果たして今回ご紹介するクラブチームは

「横浜F・マリノス」です

Jリーグ発足前は「日産自動車」が母体のチームで、「読売クラブ」(後の東京ヴェルディ)と共に、日本リーグを盛り上げていたチームでした

日本代表にも数多くの名選手を輩出し、特にマリノスには優秀なデフェンダーが多いのも特徴です

Jリーグ開幕戦はライバルの「ヴェルディ」と戦い見事に勝利し、Jリーグ初勝利を飾ったチームです

当時は「ヴェルディ」と共にJリーグの優勝候補筆頭でしたが、初めてJリーグを制したのは3年後の1995年シーズンでした。その後、2003年と2004年にも年間王者に輝き、計3度チャンピオンになっています

1999年からは前年に消滅した「横浜フリューゲルス」を吸収合併したことにより、フリューゲルスの頭文字の「F」を名称に取り入れ、「横浜F・マリノス」に改称しました

神奈川県横浜市をホームタウンとし、日産スタジアムをホームグランドとするマリノスのチームカラーは、ご存知「青・白・赤」の「トリコロール」です

チーム名の「マリノス」は、スペイン語で「船乗り」を意味します

そんな「マリノス」のベスト11を今日は発表したいと思います

尚、選出の条件にはチームに最低3シーズン在籍していた事とし、ポジションの後ろの数字は「背番号」、( )内の在籍年数はJリーグ発足以前の母体のチームも含みます

<横浜F・マリノス> ベスト11

Pr_img_02

GK 1 川口能活(1994年~2001年) 元日本代表(出場116試合)

Matsuda1

DF 3 松田直樹(1995年~2010年) 元日本代表(出場40試合)

10125761517

DF 4 井原正巳(1990年~1999年) 元日本代表(122試合)

Img_1604

DF 22 中澤佑二(2002年~現在) 元日本代表(出場110試合)

Img_241882_2894744_1

MF 6 上野良治(1994年~2007年) 元日本代表(出場1試合)

2005012193f7de91

MF 8 水沼貴史(1983年~1995年) 元日本代表(出場32試合)

Img_609306_19461644_1

MF 10 木村和司(1981年~1994年) 元日本代表(出場54試合)

Img_3956

MF 25 中村俊輔(1997年~2002年、2010年~現在) 元日本代表(出場98試合)

Yokohamafmarinos94mizunohomekitblue

FW 9 ディアス(1993年~1995年) 元アルゼンチン代表(出場24試合)

Yama

FW 11 山田隆裕(1990年~1997年) 元日本代表(出場1試合)

130119_233428

FW 18 城彰二(1997年~1999年、2000年~2001年) 元日本代表(出場35試合)

B0067891_1294121

監督は早野宏史氏ですJリーグにしては、非常に珍しいイケメン監督でした

130206_220301

システムは「3-4-3」です。中盤の豪華な顔ぶれには本当に手も足も出そうにありません。そして前線には得点能力のある3人が並び、DW陣はまさに鉄壁です。このメンバーがそのまま日本代表といっても過言ではないメンバーたちです

さあ、いかがでしたか今回の『「J」の☆たち』は次回の第3回は果たしてどのクラブチームになるのか、お楽しみに

130117_213109

“キック力”では、0歳児の中でもかなりの高いレベルにあると思われる我が、将来は「なでしこJAPAN」の一員かな?

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生日2> 2月6日生まれ

やなせたかし(94歳)、寿美花代(81歳)、デヴィ・スカルノ(73歳)、キャシー中島(61歳)、石塚英彦〔ホンマジャカ〕(51歳)、大槻ケンヂ(47歳)、福山雅治(44歳)、加藤条治(28歳)、金田哲〔はんにゃ〕(27歳)、市原隼人(25歳)

偉人たち→ベーブ・ルース(メジャーリーガー・1895年生まれ)、ロナルド・レーガン(アメリカ合衆国大統領・1911年生まれ)

|

« ゆく川の流れ~river18~ | トップページ | 白塗り八聖拳! »

コメント

城ショージ→ドラゴン久保に交代!

投稿: 29 | 2013年2月 7日 (木) 11時13分

29さん
ドラゴンは悩みましたが、サンフレッチェのユニホームが似合うかな〜と思い、マリノスでは選出しませんでした。
僕もドラゴン久保は好きな選手ですよ。

投稿: 猫男爵 | 2013年2月 7日 (木) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「J」の☆たち~マリノス編~:

« ゆく川の流れ~river18~ | トップページ | 白塗り八聖拳! »