« しゃっくりさん。 | トップページ | 偽山下真司とオバタリアン。 »

2012年12月12日 (水)

「練習の虫」と呼ばれた男。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

12月も中盤へと差し掛かり、僕の大好きな「プロ野球baseball」はシーズンオフということで、この時期は来年へ向けてのの契約更改などが各球団で行われていますdollar

今シーズンは僕にとっては愛する巨人軍が日本一を奪還しcrown満願成就の一年でしたshine。欲を言えば、慎之助(阿部)に「三冠王」を取らせたかったですが、本当に最高の一年でしたnote

そんな中で、オフシーズンとはいえ、来年3月に開幕する「第3回WBCbaseballへの盛り上がりも徐々に目立ってきましたup

また、日本ハムからドラフト1位指名を受けていた花巻東高校の大谷君が、「メジャー挑戦」から一転して日本ハムへの入団を発表し、世間を驚かせていますsign03

この大谷君の問題については、現在の「ドラフト制度」そのものを見直す必要があるのではないかと、各方面から声があがっているのも事実ですpaper

この問題については非常に奥が深く、簡単にはお話することができないので、このブログ上ではあえて詳しくは触れませんが、僕個人的の意見としては、大谷君には「メジャー挑戦」を表明したからには、日本ハムの指名を丁重に断り、メジャー球団との交渉を進めて欲しかったですthink

僕は高校生が日本のプロ野球に行かずに、直接メジャーへ挑戦することには、そもそも大反対です。ただ、「メジャー挑戦」ということを大々的に表明した以上は、その若者の意思を尊重してドラフト会議で指名を断念した球団もたくさんあるわけですから、それを覆して入団するという事は、他の球団に対して非常に失礼な話だと思いますgawk

もちろん強行指名した日本ハムに否はありませんし、日本ハムに入団を決めた大谷君もルール上は全く違反しているわけではありませんpaper

ただそこは「モラル」の問題だけだと思います。これからもこういうケースが多発するようでは、「ドラフト」というものの存在価値は全く無いに等しいと言えるでしょうbearing

このことについては今度暇をみて、野球好きの仲間とじっくりと議論してみたいと思っていますbaseball

さて、大谷君のようにプロの扉doorを開き、夢と希望を抱きながらプロデビューを目指す若者達がいれば、それとは逆に今シーズン限りで、ユニホームを脱ぐ選手達もたくさんいますbearing

特に今年は、長きに渡り日本のプロ野球を支え、そして盛り上げてくれた名選手達の「引退」が目立ちましたpaper

「平成の鉄人」と言われ数々の記録を残した金本知憲(阪神)、全盛期は日本最強捕手と言われた城島健司(阪神)、阪神の中軸として活躍した今岡誠(ロッテ)、長きに渡り大洋・横浜で活躍した職人・石井琢朗(広島)などなど、数多くの名選手がその記録と記憶を残して去っていきました。

その中でも僕が一番、ユニホームを脱ぐことが残念でならない選手が一人いますshadow

彼は球界でも1、2を争う「練習の虫」と呼ばれた男で、とにかく一に「練習」、二に「練習」、三、四がなくて、五に「練習」というほど、ひたすら練習に汗を流した男ですsweat01

457398_c450

彼の名は小久保裕紀、ダイエー、巨人、ソフトバンクで活躍した日本球界を代表するホームランバッターですbaseball

彼がプロの世界に飛び込んできたのは1994年のことですpaper

当時、青山学院大学で活躍していた彼は、大学生で唯一1992年のバルセロナ五輪野球代表に選出され、チームの中心打者として「銅メダル」獲得に貢献しましたshine

僕が初めて彼の打撃を見たのもこのバルセロナ五輪ですbaseball。当時はアマチュアだけのチーム編成でしたが、「大学生なのに凄い柔軟性のあるバッティングをするな~」と思った事を今でも憶えていますconfident

小久保がダイエーホークスに入団した翌年には、世界のホームラン王である恩師・王貞治を監督に迎え、若手中心の非常に楽しみなチームが徐々に形成されていきましたup

高卒ながらも捕手としてチームを牽引した城島、当時の球界NO・1ショートストップだった井口、後に三冠王を獲得した松中と、小久保を加えたこの“カルテット”は当時の相手チームにとっては脅威の打線でしたimpact

小久保は1995年に「本塁打王」、1997年には「打点王」を獲得しcrown、名実ともにパリーグをそして日本を代表するスラッガーに成長し、1999年には悲願のリーグ制覇、そして日本一にも大きく貢献しましたpaper

しかし彼の野球人生はケガとの戦いでもありました・・・

1998年には右肩関節唇損傷、2002年には背筋痛と肉離れ、2003年には右膝前十字靭帯断裂、内側靭帯損傷、外側半月板損傷、脛骨・大腿骨挫傷という、言葉だけでも非常に痛々しいと分かる「重傷」を負いましたhospital

そして2003年のシーズンを丸々1年棒に振ったその年のオフに、巨人への「無償電撃トレード」が発表されましたsign03

巨人ファンの僕としては、「小久保が巨人に来る!」ということで大喜びでしたが、プロ野球ファンとりわけダイエーファンにとっては、「何で?嘘でしょ?」というのが本音ではなかったでしょうか。

20120513006

2004年~2006年の3年間ではありましたが、小久保はジャイアンツの背番号「6」に袖を通し、中軸として大きな活躍をしましたup

2004年には巨人の右打者としては史上初の「40本塁打以上」を記録しましたbaseball

そして2007年、小久保は自分の野球人生の最後の場所を探すように、古巣の「ソフトバンク」(元のダイエー)にFA宣言で入団しましたgood

福岡のファンが温かく迎える中で彼は以前に増して練習量を増やしup、年齢による衰えをカバーしようと必死に汗を流しましたsweat01

ソフトバンクに戻ってから引退するまでの6年間は、ダイエー時代と比べれば、その打棒は影を潜めはしましたがdown、チームにおける彼の存在感は大きなものがありましたup

彼の素晴らしいところは、プレーはもちろんですが「精神面」で若手のお手本となることですscissors

どんなに年齢を重ねても、その練習量は人の何倍もこなしますsweat01。その練習こそが小久保が長きに渡り、一流選手でいれた証なのですgood

それともう1つ、彼にはチームをまとめる「リーダシップ」があることですscissors。特に若手に対しては、試合後に一緒に食事に行き、言葉と言葉で思う事を話し合うことに向き合う選手でしたconfident

そういう兄貴肌なところに、多くの選手が尊敬の念を抱いていたことも事実でしたpaper

「苦しい時は私の背中を見なさい」これはあのなでしこジャパンの選手が言ったことでも有名な言葉ですが、小久保はチームリダーとして、「苦しい時は俺の背中を見ろ!」それを無言で語りかけていた選手でしたconfident

今年5月には「2000本安打」にあと1本と王手をかけたところで、椎間板ヘルニアで1ヶ月間離脱hospitalを余儀なくされましたが、復帰した6月に見事に「2000本安打」を達成しましたshine。最後の最後までケガがつきまとうあたりが、小久保らしいといえば、らしいですcoldsweats01

そして8月14日、突然行った「引退会見」にファンは再び驚かせられましたsign03

シーズン途中にしての「引退発表」は、今思えば彼らしかったのかもしれませんpaper

チームの成績が下降線を辿りdown、優勝争いから脱落していたソフトバンクは、この小久保の引退発表以降、見事に息を吹き返し、その後何と首位に立ったわけですからup、きっと小久保が選手に伝えたかった「最後まで諦めるな!」そのことはしっかりと伝わった証だと思いますconfident

現役生活19年間の中で手術した回数は何と7回、その度重なる大ケガhospitalの中でも常に第一線で活躍できたその影には、努力を怠らなかった不屈の精神力があったと僕は思っています。

「練習の虫」と呼ばれた男、小久保裕紀、彼はただ純粋に野球が好きで、好きな野球に真正面から向き合っていた、そんな男だったのだと僕は思いますconfident

04927139

僕は彼に最後にこの言葉を送り、今日のブログを終わりにしたいと思いますpaper

「あなたのフルスイング、全力疾走、そして最高の笑顔、それは僕たち野球ファンにとっては最高の思い出でもあり、宝物です。本当に夢をありがとう、小久保裕紀、そしてお疲れ様でした。」

彼ならきっと、これから良い指導者になると僕はそう信じていますconfident

今日は久しぶりに愛娘の光希のネタなしで、大好きな野球に関するネタで長々とお話させていただきましたconfident

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生花> 12月12日

1212

「青木」(あおき)

花言葉は「不老長寿」です。

「青木」はミズキ科の常緑低木で、暖地の照葉樹林に自生しています。葉は火傷の薬として利用されます。園芸品種が多く、庭木として人気があります。

|

« しゃっくりさん。 | トップページ | 偽山下真司とオバタリアン。 »

コメント

久々の野球ネタですな。
私はドラフトは完全ウェーバー制にすべきだと思います。そしてメジャーではよくあるようにドラフト終了後すぐに新人と主力選手のトレードをすれば良いと思います。つまり巨人が長野、沢村、菅野を欲しければ、その代わりに坂本、内海、山口といった主力を放出すればいいんです。そうすれば万年最下位のチームも即戦力を獲得でき、戦力の均衡が計られるのではないでしょうか?
日本の歴史でいえば江川卓と小林繁のトレードがこれですね。悪い歴史のように語られますが、私はこれかバランスを取る一番の方法だと思います。もっと早くこれをやってれば、もっと凄い江川卓をもっと長く見られたと思うと残念です。菅野にしても一年のブランクは勿体ない。元木もそう。プロの選手生命は短いものなのだから、選手としての旬な時期は大切にして欲しいです。
では次回WBCネタを楽しみにしてます!

投稿: 29 | 2012年12月13日 (木) 11時15分

29さん
久しぶりの野球ネタに、早速のコメントありがとうございますhappy01
確かに「チーム力の均衡」をはかるには、やはり29さんの言う通り「完全ウェーバー制」がベストだと思います。
そして江川と小林のようなトレードをするという方法も確かに良いのかもしれません。
ただ、僕としては小林のその時の心情を考えると、そういうシステムには少し抵抗がありますbearing
だからといって他に代替案があるわけではないのですが、いずれにしても全ての人が納得できる方法は無理だと思うので、多くの人が賛同できるような、そんなドラフト制度を球界全体をあげて考えていかないと、プロ野球の人気は下がる一方のような気がします。

投稿: 猫男爵 | 2012年12月13日 (木) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/48303567

この記事へのトラックバック一覧です: 「練習の虫」と呼ばれた男。:

« しゃっくりさん。 | トップページ | 偽山下真司とオバタリアン。 »