« ミッキーパンチ♪ | トップページ | 待ちわびていた朗報! »

2012年11月16日 (金)

僕たちの太陽。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

昨晩nightはブログを夜中に更新し、光希の寝顔を見ながら眠りに就いた僕ですが、またしても光希の夜泣きcryingに気づくことなく、そしての手助けをする事もできずに「戦力外」のまま朝を迎えましたcoldsweats01

妻は何度も僕を起こそうとしたのですが、全く反応のない僕はその頃、完全に夢心地でしたsleepy

おかげで妻は朝まで眠る事ができず、今日も寝不足は解消されませんでしたbearing

一方で睡眠を取れた僕は朝は快適な目覚めでしたcoldsweats01。妻に夜中の事実を聞かされ、申し訳ない気持ちでいっぱいになった僕は、すぐに次の光希への授乳(ミルク)をかって出ましたgood

121116_113024

ミルクを飲み終えた光希は、夜泣きが嘘のようにご機嫌でしたconfident

妻に少しの時間でも睡眠を取らせるためにも、僕は3時間後のミルクの時間まで起きて、光希とお話していましたheart04

その間、オムツ交換もして、久しぶりに父親らしい仕事ができましたscissors

今日は午後から産婦人科医院hospitalで妻と光希の「1ヶ月検診」があるので、お昼が近づくと出かける準備をしていましたpaper

準備もある程度整い、さあ出発しようかという時に、光希はまさかの「うんち」ですcoldsweats01

121116_122257

「やっちゃった」光希もそんな表情です(笑)

121116_122310

妻が大急ぎでオムツを交換し、光希も気分スッキリで、いざ病院へ出発ですcardash

病院hospitalへ着くと、まずは光希の検診のために小児科に行きましたが、今日も非常に混み合っていましたfull

光希は緊張しているのか非常におとなしかったですconfident

121116_132148

椅子に座りながら名前が呼ばれるのを待っている間は、光希は妻の指をがっちりと掴んでいるところからも、光希の不安な気持ちがうかがえますpaper

「行け!鉄人28号!」と、まるでロボットのリモコンを操作するような光希の手つきですsmile

「1ヶ月検診」ということで、ちょうど妻が入院していた頃の“ママ友”とも一緒になり、妻は子育ての事や授乳の事など、色々な事で情報交換をして盛り上がっていましたhappy01

光希の検診は無事に終わり、どこも異常なく、僕も妻もひと安心でしたconfident

そして今度は妻の検診の番ですpaper

妻が診察している間、僕は光希と2人っきりですhappy01。「何もなければいい」などと考えれば、不思議とそういう予感は当たってしまうものですcoldsweats01

その2人きりの時間に“事件”は起きてしまったのです・・・

時間的にちょうどミルクの時間になったので、妻が診察で呼ばれている間、僕は持参してきた哺乳瓶で光希にミルクをあげていましたshine

順調にミルクをあげ終え、僕は妻が戻ってくるのを待ちながら、光希を抱っこしていました。ミルクを飲んだ後の光希は怖いくらい静かでした。

しかし次の瞬間、僕は驚愕してしまいましたsign03

光希はミルクをリバースdowndown

「えっ?光希!大丈夫!?」

あまりに突然の出来事に僕はちょっとパニックになりましたcoldsweats02。僕はとりあえず口から溢れて、服にこぼれたミルクをハンカチで拭き取り、光希をまずは落ち着かせましたbearing

何とか光希もそして僕も落ち着きを取り戻し、一難は去りましたpaper

しかしその数分後、またしても光希がリバースdowndown

先程よりは量は少なかったとはいえ、もう僕は焦るばかりですwobbly。そんな僕に追い討ちをかけるように、光希の下半身の方から「ブリッ!」という嫌な音が聞こえてきたではありませんかsign02

「ちょっと待って光希、今、ママはいないんだよ・・・」

上からはリバースdown、下からはうんち・・・もう僕は大パニック状態ですshock

どうしたらいいか分からず「Aゆ、早く戻って来てくれ・・・」と心の中で念じていると、本当に妻が戻ってきましたcoldsweats01

「良かった・・・」と僕は安堵の気持ちになり、妻にこれまでの事件の経緯を話しました。

妻の検診の方も何事もなく終わり、僕たちは3人は妻の実家へと再び帰りましたhouse

検診に思ったよりも時間がかかり、辺りはすっかり暗くなり始めましたが、荷物を僕の車carと妻のお父さんの車に積んで、我が家へと車を走らせました。

退院後およそ3週間、妻のご両親には本当にお世話になりましたconfident。2人とも一緒にいた時間が楽しかっただけに、別れがとても名残り惜しくて辛そうでしたが、本当に感謝の気持ちでいっぱいですconfident

我が家houseに着くと、たくさんの荷物を家の中へと運び、光希はベビーベッドでおとなしく横になりましたsleepy

僕は心の中で妻と光希に「お帰りなさい」と声をかけましたconfident

光希も妻のお腹の中でおよそ10ヶ月間、この我が家で過ごしたわけですから、ここは元々、光希の家ですからhouse

121116_183553

違った環境に来たので、また慣れるまでしばらくは泣く事が多いかもしれませんが、泣いている光希もこれがまた本当に可愛いんですよねheart04

そして今日は、僕も初めて光希の「沐浴」に挑戦しましたgood

妻に指導を受けながら、今日はまだ上手にできませんでしたが、「光希のお風呂大臣」を自ら名乗りでた僕なので、責任を持って毎日入れたいと思いますpaper

慣れない手つきで少しもたついたために、いつもよりは長めにお湯につかった光希は、軽くのぼせてしまいましたspa(笑)

その後、光希は予想通り、慣れない環境に大泣きが続いていますcrying。何とか泣き止むようにと、リラックスできる音楽cdを聞かせましたが、自分の泣き声が大きいので全く音楽が耳に入らないという状態だったので、その作戦は中止しましたcoldsweats01

結局、泣きつかれて光希は眠りにオチましたsleepy

121116_204644_2

今日、我が家には「太陽sunのようなと、その「太陽」のすぐ横に光る小さな太陽「光希」という、僕にとってとても大切な2つの宝物が帰ってきましたhappy02

1ヶ月前まで、ソファーにはお腹を大きくした妻が同じように座り、僕の方を見つめていました。

それが1ヶ月後には新しい家族が増えて、3人で一緒の家にいるわけですから、僕は何か不思議な気持ちになりましたconfident

「これが家族なんだな~」と、しみじみと実感しましたconfident

今日から家族の新生活のスタートですup。これからの未来にはどんな事が待っているのか、僕は楽しみで仕方ありませんhappy01

僕にとっては毎日が「光輝く希望」で溢れていますshine。その中心には僕と妻の宝物「光希」がいますheart04

光希は僕と妻の人生をさらに楽しくさせてくれる、まさに僕たちの太陽ですhappy02

きっとその太陽は今日もこの後、夜泣きcryingをするのでしょうが、夜泣きする太陽もまた可愛いものですhappy01。ただし、今だに僕はその姿を見る事ができていないので、そろそろ今日あたりは起きないと、朝、妻に合わせる顔がありませんcoldsweats01

今日は絶対に夜中起きるぞ!

ちなみに今から15年前の今日は何があったかご存知ですか?

実は15年前の今日1997年11月16日は、日本サッカーsoccerの歴史を変えたあの「ジョホーバルの歓喜」があった日ですpaper

この日、日本は初めてW杯出場を決めたわけですが、実はこの日は僕と妻にとっては忘れられない思い出の日なのですconfident

W杯出場が決まり、興奮の中にいた僕は、友人Nかとの電話を介しながら、Nかと一緒にいた妻(Aゆ)と、高校卒業以来久しぶりに会話をしたという記念すべき日なのですshine

今でもその声は僕の耳にはしっかりと記憶されていますear

そんな記念すべき日に、「光希」という新たな家族を迎えての新生活がスタートしたのも、きっと運命で決まっていたのだと思いますconfident

妻と電話で会話をする事も、その15年後に2人の子供を迎えて新生活がスタートする事も、全てそれは「運命」で決まっていたのだと僕はそう思っていますconfident

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生花> 11月16日

1116

「冬珊瑚」(ふゆさんご)

花言葉は「あなたを信じる」です。

「冬珊瑚」はナス科の小低木で、南アフリカを原産地とします。様々な色に変化する事から、実を「珊瑚」に見立てて命名されました。美味しそうな実ですが、食する事はできません。

|

« ミッキーパンチ♪ | トップページ | 待ちわびていた朗報! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/47868722

この記事へのトラックバック一覧です: 僕たちの太陽。:

« ミッキーパンチ♪ | トップページ | 待ちわびていた朗報! »