« せんだみつお。 | トップページ | リアルな夢。 »

2012年11月12日 (月)

トイレタイマー点滅!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は朝から雨の一日でしたrain。11月の雨というのは、肌寒い中での雨ですから非常にわずらわしいものですよねcoldsweats02。もう半月もすれば、この雨は雪へと変わるでしょう。何かどっかで聞いたフレーズですねnote

十勝はまだ大丈夫のようですが、札幌や旭川などでは今週の中頃には平地でも雪snowが降るような天気予報です。いよいよ本格的な「冬」が近づきつつありますconfident

さて、昨日妻の実家houseに行って光希に会ってきた際に、僕はと一緒に近所にある「TSUTAYA」に足を運びましたpaper

光希の出産が近づき妻が入院hospital、そして退院後は実家に帰省と、しばらく妻と2人でどこかに行くという事がなかったので、「TSUTAYA」とはいえ、何か久しぶりに2人でデートheart04したようなそんな感じで、僕は嬉しかったですhappy02

でも、そんな楽しさも束の間でしたshock

妻と一緒に本を見たり、DVDやCDを見たりしていると、僕の体に異変が・・・

いつものごとく、「便意」が僕の体を徐々に襲ってきたのですthunder

以前にもブログで何度かお話した事がありますが、本屋さんや図書館などに来るとなぜか「便意」をもよおすという不思議な現象ですdown

「雑誌などに使われているインクが、便意を促す性質がある」という理論がありますが、僕はあながち間違っていないと思っています。そのせいなのか、なぜか僕は「TSUTAYA」などの本がたくさん置いてあるお店に行くと、「便意」をもよおしてしまうのですcoldsweats01

昨日もその理論が見事に的中し、入店後まもなくして、僕のお腹の雲行きが怪しくなってきましたshock

妻に「大丈夫、トイレ行ってきたら?」と言われましたが、僕はここは一旦耐えてみようと我慢してみましたgood

僕の中での、「便意」への小さな“反逆”ですsmile

でもその反逆も1分と持ちませんでした・・・

僕のトイレタイマー点滅ですsign03

説明しようgood猫男爵の腸に備え付けられている「トイレタイマー」は、彼が「便意」を感じると点滅する仕組みになっているのだflair。その「トイレタイマー」が点滅する時間は僅か3分と限られているのだclock

「もしも、3分を超えたら?」それは大変な事態になります。それはここでは言えません(笑)coldsweats01

というわけで、僕は3分のタイマー点滅時間と闘いながら、トイレにたどり着きましたtoilet

「頼むから、誰もトイレに入っていないでくれよ~」そう思いながら僕はトイレの扉を開きましたdoor

するとラッキーな事に、個室は空室のマークでしたscissors

「よっしゃーー!」僕は心の中で手を叩き、用を足しましたtoilet

しかしいつも思うのですが、「TSUTAYA」に文句があるわけではないのですが、「TSUTAYA」のトイレtoiletはどこの店舗に行っても、狭いし個室が1つしかないのが非常に不便ですdespair

「不便」といっても、トイレだけに“便”はありますけどね(笑)smile

昨日は幸運にも個室が空いていましたがempty、僕の経験上はだいたい空いていない事が多いですsad

せっかく、人気があり利用者も多いチェーン店なんですから、トイレがもう少し充実してくれれば嬉しい限りですconfident

皆さんは本屋さんなどで急に「便意」を感じたご経験はありませんか?そんな時は、いつもよりも少し早めにトイレへ向かってくださいrun。意外とトイレが混み合っている事が多いのでfull

僕はこれからトイレタイマーが点滅したら、即トイレに行く事にしますhappy01

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生花> 11月12日

1112

「大文字草」(だいもんじそう)

花言葉は「自由、不調和」です。

「大文字草」はユキノシタ科の多年草で、山地の湿った岩などに自生しています。5枚の白い花弁が漢字の「大」の形に見える事から名付けられました。花言葉の「不調和」は、たまに花弁にアンバランスなものがあるためです。

|

« せんだみつお。 | トップページ | リアルな夢。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/47819071

この記事へのトラックバック一覧です: トイレタイマー点滅!:

« せんだみつお。 | トップページ | リアルな夢。 »