« 冬のその他。 | トップページ | 宅急便のバイト。 »

2012年11月27日 (火)

レコード会社対抗運動会。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は大型な低気圧typhoonの通過で、北海道は大荒れの一日となりましたtyphoon。雪はさほどでもありませんでしたが、強風の被害が相次ぎ、交通機関は足止め状態、さらには長時間に渡り停電が起きるなどの被害も出ましたbearing

この寒い冬に停電は本当に大変なことですshock。幸いにも僕の住んでいる十勝ではそれほど大きな被害は出ていませんが、天災はいつ襲ってくる分からないので、いざそうなった時に困らないように備える事も大切だと再認識させられました。

明日以降もまだ大気の状態は不安定ですので、くれぐれも外へ出る際には気をつけてくださいねdanger

外の天気は大荒れですが、僕は仕事から帰り家に入ると、本当に穏やかに気持ちになりますconfident

それはなぜかというと、僕のマドンナ()とプリンセス(光希)が僕の帰りを待っていてくれるからですhappy02

光希は日に日に体が大きく成長していくとともに、手足の動きも活発になってきていますup。たまに添い寝sleepyをするのですが、油断すると顔面に「ミッキーパンチrockをくらいますし、足をバタバタさせるので、お腹に「ミッキーキックfootを見事にくらう事もありますcoldsweats01

そんな事もパパにしてみれば嬉しい事ですhappy02。元気にすくすくと育ってくれる事が一番ですからpaper

121127_215938

授乳後に見せる光希の顔ですhappy01。ゲップがなかなか出なくて苦労しますが、出た後はスッキリですscissors

そして、光希得意のカメラ目線ですeye。カメラ目線が上手だという事は、これはもしや芸能界向きなのかなsmile

「地タレ」である父親を超える事も、そう遠くはないのかもしれませんねgood。いえ、失礼しました、父親はまだ「地タレ」にもなっていませんでしたねcoldsweats01

さて「芸能界」といえば、これから年末にかけて様々な特番やお正月番組の撮影で、忙しい時期がやってきますup

この時期にいかに稼げるyenかが、芸能人のステータスの1つでもありますpaper

しかし僕が幼少の頃に比べると、「お正月番組」というものは非常に少なくなりましたね。「お正月といえばこれ!」という番組tvは、今では数えるほどしかないかもしれませんbearing

そこで僕は記憶の扉を開いて、昔の「お正月番組」の事を思い出してみましたflair。すると、今はもうない番組ですが、とても懐かしい番組を1つ思い出しましたscissors

実はそのきっかけは、数週間前に放送tvされた『SMAP×SMAP』にゲスト出演していたマッチこと近藤真彦さんの言葉ですpaper

番組内でマッチがアイドル絶頂期の頃の話をしていたのですが、その時に出た話の中に「レコード会社対抗運動会」というものがありましたshine

それを聞き、僕の脳裏にその番組の思い出が一気に蘇り、凄く楽しくなってきちゃいましたup本当にあの番組は楽しい番組でしたhappy02

この「レコード会社対抗運動会」がお正月番組として放送されていたのは、1970年代~1980年代半ばぐらいまですtv

僕が物心がついてこの番組を見ていたのは、ちょうど1980年代に入ってからです。当時は何といってもアイドル全盛の時代で、そしてその中心にいたのが彼らですshadow

Header_top

「たのきんトリオ」ですshine。ジャニーズ人気を世に植えつけたのは、何と言っても彼らの活躍があってのことですgood

特にトシちゃん(田原俊彦)とマッチ(近藤真彦)の人気は高くup、もちろん「レコード会社対抗運動会」でも2人はそれぞれの会社のエースとして活躍をしていましたsports

トシちゃんは「キャニオン」所属、マッチは「RVC」所属で、それぞれ活躍を見せていましたshine

当時のこの番組の司会は、「司会者といえばこの人」と言われた高橋圭三さんでしたshadow

参加していたレコード会社は、先に述べた「キャニオン」「RVC」の他に、「CBSソニー」「ビクター音楽産業」「ポリドール」「徳間音工」「日本コロムビア」「東芝EMI」などですcd

中でも毎年その強さを誇っていたのが、郷ひろみやスター(にしきのあきら)という運動神経の優れた歌手を揃える「CBSソニー」でしたcrown。確か松田聖子も「CBSソニー」所属で、結構良い走りを見せていたと思いますrun

それに対抗するのが若いアイドルを多数揃えた「ビクター音楽産業」で、さらにエースのトシちゃんがいる「キャニオン」も優勝争いに絡んでいましたshine

この運動会で行わていた競技は、「徒競走」「走り高跳び」「騎馬戦」「障害物競走」などで、どの種目も盛り上がりを見せていましたが、やっぱり一番の盛り上がりを見せるのが、最終種目として行われる「男女混合リレー」でしたsports

これを見るのが僕のお正月の楽しみの1つでもありましたhappy02

この番組の凄いところは、当時他局で放送されていた「芸能人大運動会」のように、途中で歌手が歌っているところkaraokeを流したりとか、アイドルに花を持たせたりだとか、そういう演出が一切ないところですgood

会社は社運を賭けてこの番組に参加するだけあって、全く見た事のない演歌歌手や運動に優れた若手歌手など起用し、完全に“ガチ”の勝負が行われていましたimpact。それが後に過剰になり過ぎて、番組の終焉を迎えることにもなりましたbearing

何か色々と当時の事を思い出すと、凄く懐かしい思いと、もう一度その映像を見たい衝動にかられてきましたhappy02

どこかに映像がないか、ちょっと動画などをこれから検索してみる事にしますpc

皆さんはこの「レコード会社対抗運動会」は記憶にありますか?もしあるという方は、当時の思い出話をぜひ教えてくださいねhappy01

今もし、この運動会を開催するとすれば、どこのレコード会社が強いのですかね?会社じたいが、今どんなレコード会社があるのか詳しく知りませんが、若い人の多そうな「エイベックス」とかが強いのかなconfident

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生花> 11月27日

1127

「竜のひげ」(りゅうのひげ)

花言葉は「変わらない想い」です。

「竜のひげ」はユリ科の常緑多年草で、山野の日陰に生えます。正式な和名は「じゃのひげ」ですが、一般的には「りゅうのひげ」の名で親しまれています。葉の間にできる碧色の可愛い粒は果実ではなく種子です。

|

« 冬のその他。 | トップページ | 宅急便のバイト。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/48002383

この記事へのトラックバック一覧です: レコード会社対抗運動会。:

« 冬のその他。 | トップページ | 宅急便のバイト。 »