« マイ・プリンセス♪ | トップページ | 夢の蛇口♪ »

2012年11月 9日 (金)

こりゃ~無理だぜぇ・・・

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は晴れたりsun雨が降ったりrainの慌ただしい天気の一日でした。

今日の夕刊にも出ていましたが、今年は「雪虫」が大量発生してるんですね。先日のブログでも、「雪虫」の話題については触れさせてもらいましたが、どうりで「雪虫」が多いはずですcoldsweats01

今日も外を歩いていると、無数の「雪虫」がまとわりついて本当にイラっときましたthink。人間に直接は害はないので問題ありませんが、早くこの大発生が終焉を迎えてほしいところですpaper

今日もから送られてくる光希の写真を眺めては、ニタニタと笑みhappy01をこぼしていた僕ですが、光希が物心がつく頃、僕は40代前半になっています。

子供にとっては、「優しいお父さん、カッコイイお父さん」が理想だと思いますので、光希にそう思われるような“素敵な父親”になるのが僕の夢でもあり、身近な目標でもありますgood

「運動会sports」などで親が参加するリレー競技などがあった時は、20代の若い父親に負けない健脚を見せなければrunとも思っていますscissors。でも、歳を考えずに無理をしてケガhospitalをしてしまうという可能性も、全く無いは言い切れないので注意する事にしますdanger

そんな「カッコイイ父親」を目指す僕にも、苦手なものが幾つかありますbearing

その1つが「高い所」ですsad。「高所恐怖症」の僕は高い場所が苦手ですし、遊園地などの乗り物も全く不得手ですdespair

そんな高所恐怖症の僕を、恐怖で震えさせるような、究極に怖ろしい場所を紹介したサイトを先日、偶然にも発見してしまいましたpc

それは「世界の徒歩吊り橋10選」というものですpaper

「吊り橋」といえば、川の上などを渡るために、両方の陸地からロープやワイヤーなどを渡し、木の板などで橋を作って、そこを渡り反対側の陸地へ移動するというものですpaper

何か歩くたびに橋が揺れて、ミシミシと音を立てて今にも壊れそうな感じ、そして下を見れば断崖というのが僕の「吊り橋」のイメージですbearing

当然、僕はそんなところを渡る勇気はありませんし、そんなところを渡るくらいなら、多少遠回りしても全く構いませんgood

そんな避けて通りたい「吊り橋」の中で、世界中から厳選された10箇所という事で、僕はまさに“怖いもの見たさ”で見てみる事にしましたeye

その恐怖感は写真cameraからでも凄く伝わってきて、「こりゃ~無理だぜぇ・・・」と思わず僕は目を伏せたくなってしまいましたdespair

今日は折角ですから、そのスリル満点の恐怖感を皆さんに味わってもらうために、「世界の徒歩吊り橋10選」をご紹介してみたいと思いますhappy01

高い所が好きな方はワクワクしながら、僕と同じで苦手な人は怖る怖るご覧になってくだささいcoldsweats01

それでは早速、いってみましょう!

Filenamedscn0115jpg

one 「トリフト橋」(スイス)→アルプルfujiの氷河にかかるこの吊り橋は、アルプスで一番長く、そして一番高い場所にある吊り橋です。全長170m、高さ100mからの風景は絶景というか、僕にすれば恐怖以外のなにものでもありません。

Filenamecauseway11jpg

two 「キャリック・ア・リード吊橋」(北アイルランド)→断崖から沖に浮かぶ小島へと導く全長20mの短い吊り橋ですが、足下30m下に見える海はまさに恐怖sweat02風が強い日などは容赦なく揺れるので、高い所が苦手でない人でも、思わず足がガクガクしてしまうそうですdown

Capilanosuspensionbridge

three 「キャピラノ吊橋」(カナダ)→森の中に渡された全長137m、高さ70mの吊り橋です。この吊り橋は観光客が多く訪れる事でも有名な場所ですが、こんなに大勢がいっぺんに吊り橋を渡れば、その重さで壊れないかが心配ですcoldsweats01。人が歩くたびに揺れるところがスリリングで人気だとか。マニアにとっては、まさに森の中の吊り橋天国です。

Elmaravillosopuente

four 「オフエラ橋」(メキシコ)→現在は廃鉱となっているオフエラ鉱山に向かう吊り橋です。かつては栄えていましたが、今はゴーストタウンdownになっており、その独特の錆びれた雰囲気がさらに恐怖を倍増させています。

Royalgorgebridgeand

five 「ロイヤルゴージブリッジ」(アメリカ)→これは見た瞬間にもう無理です・・・谷底までの高低差は何と316msign03これは世界一です。こんなの歩けるわけないでしょcoldsweats01。ちなみにこの吊り橋の手すりには「橋からの釣り禁止」という掲示があるそうですが、誰がここから釣りをするというのでしょうか?

Swingingbridge

six 「安瀾橋」(中国)→世界遺産にも登録されている「都江堰」へと導く約500mの吊り橋です。オリジナルは「宋」の時代に作られたとされていますが、中国らしいそのレトロ感が魅力の橋でもありますshine

Viewstraightdownfrom

seven 「タフーンフォレストエアウォーク」(オーストラリア)→タスマニアの森にかかる全長620mの吊り橋です。下を見ればこの恐怖感です・・・「森を浮遊する感覚を楽しめる」というのが宣伝文句のようですが、僕にはそんなの必要ありませんgawk

Stormsriversuspension

eight 「ポールソワー吊り橋」(南アフリカ)→チチカマ国立公園に流れる「ストーム川」にかかる全長192mの吊り橋です。「ストーム川=嵐の川」というだけあって、下を流れるのは激流です。でも見た感じは高さはそれ程ないので、僕も歩けるかも!でももし落ちたらdown泳げないので、やっぱり無理です・・・

ここからのラスト2箇所は日本に存在する吊り橋ですpaper

Filenamedscn3428jpg

nine 「かずら橋」(日本)→徳島県にあるこの橋は、「かずら」と呼ばれる植物で造られた野趣あふれる吊り橋です。小さな橋ですが、天然素材の手作り感のあるその頼りない造りが恐怖感をあおっています。

Caption

onezero 「夢の吊り橋」(日本)→最後の吊り橋は、静岡県の大間ダム湖にかかる長さ90mの吊り橋です。真ん中に板がありますが、「逆にここを通らなきゃ」という強迫観念からバランス感覚を失ってしまうとか?

以上が「世界の徒歩吊り橋10選」でしたが、皆さんはこの吊り橋を渡る勇気はありますか?僕は全くもってありませんcoldsweats01。もしもあるとすれば、何らかの罰ゲームの時でしょうね。

もしも「吊り橋」に興味がある方は、ぜひこの10箇所を巡ってみてはいかがですかgood

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生花> 11月9日

1109

「数珠玉」(じゅずだま)

花言葉は「祈り」です。

「数珠玉」はイネ科の多年草で、熱帯アジアを原産地とします。種子を糸で繋いで数珠にしたり、お手玉に入れたりすることから、「数珠玉」と命名されました。

|

« マイ・プリンセス♪ | トップページ | 夢の蛇口♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/47785014

この記事へのトラックバック一覧です: こりゃ~無理だぜぇ・・・:

« マイ・プリンセス♪ | トップページ | 夢の蛇口♪ »