« ベビちゃんの誕生日。 | トップページ | NECO’S キッチン♪44 »

2012年10月 4日 (木)

真鍋マジック!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は朝から何か体がよく“つる”日です(笑)

まず今朝の事ですが、寝ている僕を突如襲った痛み

それは左足ふくらはぎが“つった”痛みでした。きっと皆さんの中にも、寝ている時に足が“つった”経験をお持ちの方もいると思いますが、あの痛さときたら何とも例えようのない痛さですよね。一気に眠気など吹き飛んでしまいます

そして今日はさらにもう1度、事件がおきました(笑)

それはつい先程の事です。普通にリビングで座っていた僕の左足の付け根辺りが、突如“つり”ました

その位置は今まで“つった”ことなどない初めての場所なので、とう対処すればその痛みがやわらぐのかが分からず、僕はとにかく“あたふた”するだけでした

そんな姿を見たが、「伸ばして!伸ばして!」と言うで、僕は左足を一歩前に踏み出して足を伸ばしました

するとそれを見た妻は大爆笑

「ドリフのコントで志村けんがやる“休め”の格好みたい!」と言いながら、お腹を抱えて笑っていました

こっちは痛くてそれどころでないので、とにかくその「志村の休め」を続行して、数分後にようやく楽になりましたが、何だか今日は体がよく“つる”日でした

さて話は変わりますが、今日正式にバレーボール女子日本代表の監督に真鍋政義監督の続投が決まりましたね

バレーボール女子日本代表といえば、ロンドン五輪での「28年ぶりの銅メダル」獲得という見事な活躍は、まだ記憶に新しいところだと思いますが、2016年のリオデジャネイロ五輪に向けて、真鍋監督の続投は、まあ当然といえば当然の人選ではないかと僕なりに思っています

リオまでの4年間で、今度は「金メダル」を狙えるチーム作りに、真鍋監督には大きな期待を寄せたいと思います

そこでまず大きな優先課題として浮き彫りになるのが、セッター問題です

皆さんもご存知の通り、これまで全日本のセッターを長きに渡り務めてきた名セッター竹下佳江が、所属するJTを退団する事を発表しました。

「引退」という事ではなく「休養」という事なので、まだ「現役続行」の含みはありますが、34歳という年齢から考えても、代表のユニホームを着る事はもうないのかもしれません

そこで問題なのが、竹下の後継者問題です。

あまりにも竹下の存在が大きすぎて、彼女の代わりになる選手を育てる事にまで目が届かなかったのかもしれませんが、バレーに興味のある僕も妻も「竹下が辞めたらどうするんだろうね?」と、その事にはいつも危惧はしていました。

控えのセッターといえば中道瞳、ちょっと前までは高校生セッターとして話題を生んだ河合由貴などが務めていました。

しかし、「竹下の後継者」と呼ばるまでの存在ではありませんでした。

そんな中で、ついに竹下が去る時がきた今、「全日本のセッターは誰になるの?」という大きな岐路に立たされました

ところが、思いもよらぬ選手が「竹下の後継者候補」としてその名が挙がってきたのです

その選手とは

C0184178_16593833

狩野舞子です

狩野といえば、名門八王子実践中学・高校でエースとして活躍し、中学3年生の時にはアテネ五輪全日本代表候補に選ばれた逸材です。ちなみに中学生での「全日本入り」は、あの中田久美以来24年ぶりの事でした

その後、社会人になりプレミアリーグの久光製薬に入団し活躍を見せますが、2度のアキレス腱断裂などの挫折を経験した後、イタリアリーグやトルコリーグなどでプレーし、先のロンドン五輪にも代表として選ばれコートに立ちました

人気のある美貌に加え、キレのあるスパイクや高さのあるブロックは非常に魅力的な選手で、24歳という若さからも次世代を担う存在とされていました

そんな彼女がこのたび、所属するトルコのチームを退団し、久光製薬に復帰するというニュースが飛び込んできました

そして同時に、何とセッターへ転向するという衝撃的な事も発表されました

この一報を見た瞬間、僕は「えっ?狩野がセッター!マジで!」と驚きを覚えました。でもすぐに「これはおもしろいかも。」と感じました

狩野ほどのセンスのある選手ですから、「鍛え方しだいでは良いセッターになるかもしれない!」と僕は一気に楽しみになってきました

彼女自身にとっても、両足に不安を抱えながらスパイカーを務めるよりも、負担の少ないセッターの方がより輝きを取り戻せるのかもしれません

竹下は「世界最小セッター」を売りにしていましたが、狩野の身長は186cm、今世界の強豪国のセッターの身長は「180cm」はざらです。そういう意味では「界基準」のセッターの誕生かもしれません

もちろん、まだ狩野が全日本のセッターに選ばれたわけではありません。というか、まだ久光製薬でもこれから本格的にプレーをするという段階ですから、まだスタートラインにも立っていない状態です。

でも、僕としてはこの4年の間で彼女に立派なセッターとして成長してもらい、そして竹下の穴を埋める以上の名セッターとして、世界に羽ばたいて欲しいと思っています

狩野にはその可能性が十分にあると僕は思っています

心強いのは、久光製薬の監督があの名セッター中田久美であること、そしてその中田の意向で狩野のセッター転向が決まったという事です

中田が本気であるならば、それは間違いなく「名セッター狩野舞子」が誕生すると、僕はそう確信しています

200908_10_83_b0137183_23251492

狩野本人も「自分のバレーボール人生を大きく変える選択となるだけに、とても悩みましたが、新たな可能性に挑戦してみたいです。」と前向きなコメントを出しています。

11月に開幕するプレミアリーグ、そしてまだ先の事ですが4年後のリオデジャネイロ五輪が何だかとても楽しみになってきました

セッター狩野舞子の活躍に大いに期待します

そしてそれを活かす、真鍋マジックにも大いに期待します

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生花> 10月4日

1004

「狗尾草」(えのころぐさ)

花言葉は「遊び、愛嬌」です。

「狗尾草」はイネ科の一年草で、各地に雑草として生えています。緑色の犬の尾に似た穂を出すのが特徴です。

|

« ベビちゃんの誕生日。 | トップページ | NECO’S キッチン♪44 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真鍋マジック!:

« ベビちゃんの誕生日。 | トップページ | NECO’S キッチン♪44 »