« NECO’S キッチン♪43 | トップページ | 母親学級。 »

2012年9月25日 (火)

私の記憶が確かならば・・・

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は一日中「雨」模様の肌寒い一日でした

今日の最高気温は何℃だったか皆さんご存知ですか?今日の帯広の最高気温は何と15℃でした・・・

15℃ですよつい一週間前までは30℃の真夏日を記録していたと思いきや、今日はその半分の15℃です。どんだけ気温差つけるんですか

今日は本当にストーブをつけたくなるような寒さで、「秋」を通り越して一気に「冬」を感じるほどでした。

寒暖の差が激しい「季節の変わり目」ですから、皆さん体調管理には十分気をつけてくださいね

さて、僕と同年代の方にはきっと懐かしく、そして嬉しいニュースが飛び込んできました

皆さんは『料理の鉄人』という番組をご存知ですか?

1993年~1999年の間、フジテレビ系列で放送された「料理」をテーマとしたバラエティ番組で、料理人同士が対決するというのが見ている視聴者を楽しませてくれる番組でした

僕は当時、この番組が大好きで毎週楽しみに見ていました

「鉄人」と呼ばれるレギュラー出演者と、「挑戦者」と呼ばれるシェフ達により、テーマ食材にもとに料理の腕前を競い合うわけですが、限られた時間にいかに手際よく、そしていかに美味しい料理を作れるかがポイントです

主な「鉄人」たちをご紹介しますと、「フレンチの鉄人」には石鍋裕坂井宏行、「中華の鉄人」には陳建一、「和の鉄人」には道場六三郎中村孝明という、料理界にその名を残す、そうそうたるメンバーが登場していました

番組が始まると、挑戦者が「フレンチ」「中華」「和」の中から1人を指名する事ができ、毎週僕は「今日はどの鉄人が出てくるのかな~」と興味津々に見ていました

僕が『料理の鉄人』の番組の中で好きだったのが、レポーターが料理人の近くで、その様子を実況席に伝える時に言う「福井さん!鉄人サイドですが・・・」という言い方が凄く好きでした

それは今でも大好きで、自分で料理を作りながら1人で、誰かに言うわけでもなく「福井さん!」と呼びかけています(笑)

そしてもう1つ好きだったのか、審査員の1人であった“料理記者歴40年”の岸朝子さんの「おいしゅうございました」というあの名ゼリフです。あれを聞くと、今週も聞けて良かったと何か安心していました

審査員でいえば、よく出ていたのが確か栗本慎一郎景山民夫でしたね

挑戦者の中には神田川俊郎周富徳などの料理人も登場し、この時はかなりの視聴率を叩き出したはずです

この『料理の鉄人』という番組の影響は、現在にも引き継がれており、タレントや芸能人が料理をような料理番組は少なからずその影響を受けていると思われます

そんな『料理の鉄人』の中も最も印象的なのは、やっぱりオープニングです

映画『バックドラフト』の音楽が流れる中、架空の団体「美食アカデミー」の主宰であるあの男が登場します

Kaga_takeshi_e

「私の記憶が確かならば・・・」の名ゼリフを言いながら登場し、テーマ食材が発表されれば「アレ・キューイジーヌ!」(フランス語の料理始めの意味)と発しながら、パプリカをかじる鹿賀丈史が登場すると、『料理の鉄人』が始まった!という感じがします

そんな『料理の鉄人』が何とこの10月から13年ぶりにレギュラー番組としてテレビに帰ってきます

タイトルは『アイアンシェフ』と改めていますが、料理対決をするシステムは変わらないようです

キャストは現在調整中という事ですが、僕的には「主宰」はやっぱり鹿賀丈史以外考えられないですし、実況席は服部先生と福井アナがいいな~。でも福井アナは難しいので、伊藤アナが順当かな

問題は、「フレンチ」「中華」「和」「イタリアン」の4人の鉄人たちのキャスティングです

前回の「鉄人」もいるかもしれませんし、新たな「鉄人」も当然選択肢にあるでしょう。いったいどんな「鉄人」が登場するのか凄く楽しみです

さらには審査員の顔ぶれも気になります。さすがに岸朝子さんは出ないでしょうが、ちゃんと料理の味が分かり、的確なコメントができる人が選ばれる事を祈ります。

放送は10月からで、毎週金曜日午後7時57分からです

1990年代に「社会現象」にもなり、午後11時台という時間帯にもかかわらず、最高視聴率23.2%という脅威な数字を叩き出した「伝説の番組」の復活を、心から期待しています

今日はその期待をこめて、最後にもう一度だけ「主宰」に登場していただきましょう

120925_213134

「私の記憶が確かならば・・・」

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生花> 9月25日

0925

「蓼」(たで)

花言葉は「節操」です。

「蓼」は「たで」の名を持つ植物の総称で、日本では一般に「たで」と呼んでいるのは「いぬたで」の事です。属名の「ポリゴヌム」はギリシャ語で「節の多い」という意味をもっています。

|

« NECO’S キッチン♪43 | トップページ | 母親学級。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の記憶が確かならば・・・:

« NECO’S キッチン♪43 | トップページ | 母親学級。 »