« 事件は会議室で起きているんだ! | トップページ | 20年目の節目に! »

2012年9月22日 (土)

ワイルドな喪服?

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日はようやく、「秋」らしい一日になりましたね

最高気温の方も25℃前後でしたし、何と言っても最低気温が10℃前後にまで落ち着いた事が「秋の到来」を告げています

朝晩が少し「ひんやりしてきたな~」と思えば、秋を感じれますからね。今年は例年に比べてだいぶ遅くなりましたが、やっと「秋」を感じる事ができたのではないでしょうか。

週間天気予報を見ても、最高気温は23~25℃前後で推移するみたいですので、もうあの猛烈に暑い日々とはおさらばです

120922_161346

秋の空に珍しい「雲」を発見しました。まるで「お城」のような大きな雲です。凄く気になったので写真におさめてみました

「雲」の形っておもしろいですよね。空をずっと眺めていると、「雲」が徐々に動き、色々な形に変化していく姿もとても楽しいものです

さて、昨日の夜に札幌での出張から帰ってきた僕は、ブログを更新してすぐに、疲れてぐったりと眠りにオチてしまったのですが、今朝は「夢」を見ました

その夢の中で、僕の目の前にはたくさんの「スズメバチ」が飛び交っていました。周りにいる知らない人たちが僕の事を“先生”と呼んでいて、なぜか僕は「蜂捕り名人」のような存在のでした

「先生、これは結構大きな蜂ですよ。」と助手のような奴に言われ、僕も目の前にいる「スズメバチ」を何の抵抗もなく捕獲していました。なんとも変な夢でした

「変な夢」と言えば、何日か前に「おもしろい夢」を見たので、今日はその夢のお話をしてみたいと思います

夢の中では、誰なのかは分かりませんが、MVDメンバーの誰かの祖母が亡くなったという事でした。

もお通夜に行こうと思いましたが、妻はお腹が大きいので家で留守番をする事にして、僕は1人でお寺に行く事になりました

どこの場所なのかも分かりませんが、車で行く準備をしている事から、少し遠い所なのかもしれません。

すると、Iちゃん(元氷屋妻さん)から僕のところに電話があり、「お通夜の帰りに家まで送って欲しい」という事でした。そして「Sっとも一緒に送って欲しい」とも、Iちゃんは言ってました

僕は「いいよ」と快く返事をして、お通夜に行く準備をしました。なぜか着ていく喪服が僕の実家に置いてあるために、それを取りに僕は実家へと行きました

すると、実家の近くにある寿司屋さんが何か凄く賑やかだったので、僕は少し玄関を開けて覗いてみました

すると何とそこの寿司屋のカウンターで、大将と大笑いしながら盛り上がっている、見た事のある姿がありました

その男は、Hこでした

なぜか僕の夢に「最多出場」を誇るHこが、今日も登場です

Hこは少しお酒も入っているようで、楽しそうに大将と会話をしていました。

僕が「Hこ、お通夜行かなくていいの?」と声をかけると、Hこは「いいんすよっ、いいんすよっ。」と軽い感じで答えました

「あっ、そうなんだ。」と僕は声をかけ、その場を後にしようとしましたが、その横の席で、僕の小中学校の同級生で幼なじみのKっくが宴会をしていて僕に話しかけてきました。

「おう!飲んでいけよ、一緒に飲もうぜ!」と、Kっくに声をかけられた僕は、「いや、俺これからお通夜に行かないといけないんだ。」と一時は断りましたが、強引にひきずりこまれ、結局は飲む事になりました

そして場面は変わり、僕はいつの間にか実家の中にいました。そして「喪服」に着替えようと、自分の部屋にいたのですが、着替えているうちにどうも様子がおかしな事に気が付きました

何と「喪服」の上着が、肩から袖の部分が全くなく、ノースリーブ状態・・・

そうです!まるであの「スギちゃん」が着るような喪服なのです

僕は近くにいた「これ、ダメじゃん、これじゃワイルド過ぎるだろう?こんなの着ていけないよ!他に喪服って無かったっけ?」

母は「喪服はそれだけだよ。」と冷たく僕に返事をしました。僕はお通夜の時間にも迫られ、凄く焦りました

「ダメだ・・・こんな喪服じゃお通夜にはいけないし、かと言ってこれから喪服を買いに行く時間もないし、もうお通夜に行くのをやめよう!」と思いましたが、「でもIちゃんとSっとを送っていかないといけないし、やっぱり行かなきゃ・・・」と、夢の中で凄く“あたふた”していました

そこで僕は目を覚ましたわけですが、夢の中とはいえ、ノースリーブの喪服など何ともワイルドな喪服でした。とても僕にはそれを着ていく勇気が、夢の中でもありませんでした

スギちゃんなら、もしかしたら着ていけるのかもしれませんけどね

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生花> 9月22日

0922

「千日紅」(せんにちこう)

花言葉は「変わらぬ愛情」です。

「千日紅」はヒユ科の一年草で、インドを原産地とします。「千」には「非常に長い」という意味が込められ、「千日紅」も花の咲く期間が長い事から、この名前が付けられたとされています。花の形が丸いので、「団子花」や「毛毬花」とも呼ばれています。

|

« 事件は会議室で起きているんだ! | トップページ | 20年目の節目に! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワイルドな喪服?:

« 事件は会議室で起きているんだ! | トップページ | 20年目の節目に! »