« 愛の歌♪ | トップページ | ジーコへの恩返し。 »

2012年9月10日 (月)

ヴロツワフの歓喜!(予定)

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日も朝から一日、あいにくの雨模様でしたrain。十勝ではそれほど被害は出ていませんが、道内各地では大雨による被害が出ているようですrain。この雨をもたらした前線はまだ停滞しているようですから、この後も気象情報には十分に注意してくださいねdanger

さて、明日の夜、日本の中で一番熱い場所はどこでしょう?

正解は「埼玉スタジアム」ですsign03

そうですsign03明日9月11日は、2014年ブラジルW杯soccerアジア最終予選の対イラク戦が行われるのですhappy01

いつも言っていますが、僕はスタジアムに足を運べないのが非常に残念で仕方ありませんbearing

明日もテレビtvの前でもちろん声援を送りますが、いつの日か必ず日本代表の試合を“生”で観戦できる日が来る事を祈っていますconfident

ここまでの日本代表の最終予選の成績は、初戦のオマーンにホームで「3対0」で勝利、2戦目もホームでヨルダンに「6対0」の勝利、3戦目はアウエーでオーストラリアに「1対1」のドローと、ここまで2勝1分の勝ち点「7」を獲得し、グループBの首位を独走していますup

しかし、最終予選はまだこれから5試合もあるわけですから、決して油断はできませんpaper。特に「アジア最終予選」というものは何が起こるか分かりませんsign03これまでにも多くの先輩達が、その「苦難の道」を乗り越えてきましたからねcoldsweats01

明日対戦するイラクは、現在2戦を戦い2試合とも引き分けの勝ち点「2」に甘んじていますが、2007年のアジア大会を制したcrownそのメンバーが多く残る、非常に手強い相手であすsign03

さらに、日本にとっての一番の脅威は、選手ではなくイラクの監督ですsign03

0306010_soc_zico

イラクの監督を務めるのはあのジーコですsign03

ブラジル代表の「10番」を背負い、世界的スーパースターとして数々の栄光を掴んできたジーコは、晩年を日本でプレーし、そして日本代表監督としても2006年ドイツ大会に導くなど、日本人にとっては非常に馴染みのある方ですが、そのジーコが今度は「敵将」となるわけですから非常に厄介ですbearing

彼は日本の事を良く知り尽くしていますし、日本の選手の特徴なども熟知しているので、日本代表としては非常にやりにくいのかもしれませんbearing

でもそれを気にしていては、逆に相手の思うつぼですpaper。相手の事よりもまずは自分達のプレーをしっかりとして、普段通りの戦いをする事が「勝利への一番の近道」ではないかと僕はそう思いますhappy01

ジーコにとっては母国ブラジルで行われるW杯の出場をかけた予選ですから、「何が何でもイラクをブラジルW杯に出場させる!」と意気込んでいるはずですpaper。日本代表はその気迫に負けないようにしないといけませんね。

現在の日本代表の中で「ジーコJAPAN」でプレーした事のある選手は、遠藤駒野長谷部の3人だけですpaper

その3人も、常時出場の機会を与えられていたわけではありませんが、明日の試合はジーコに対する“恩返し”の意味でも、しっかりと成長したところを見せつけて欲しいですねsoccer

僕は今から明日の夜の大事な試合に向けて、胸の高まりが徐々に上昇中ですup

ジーコの話が出ましたから、ちょっとお話させていただきますが、実は日本代表は10月に欧州遠征を行うのですが、その時にブラジル代表と試合をすることが先日発表されましたshine

僕はまずこのニュースを聞いて、胸がドキドキワクワクしてきましたnote。やっぱり、少年時代とはいえサッカーをやっていた者にすると、あの「カナリア色のユニホーム」を見ると胸がワクワクしてしまいますからねhappy02

Brazil500x333

日本代表がブラジル代表と対戦するのは、親善試合を含めて今回で9回目ですsoccer

これまでの対戦成績は0勝6敗2分、まだ日本は1度もブラジルに勝利していませんsad(「マイアミの奇跡」と呼ばれたあのアトランタ五輪での勝利は、五輪代表による勝利であり、A代表の試合ではないので対戦に含まれません。)

一番最後のブラジル代表と戦った試合の事、皆さん憶えていますか?

Feoniila_1_01014401440150

奇しくもジーコが監督を務めていた、ドイツW杯のグループリーグ最終戦でのあの戦い、「1対4」という完敗を喫し、試合終了後にその試合を最後に引退した中田英寿がピッチに横たわっていたあの光景は、いまだに僕の脳裏から離れる事はありませんbearing

ザックJAPANの面々には、幾多の先輩達が成し遂げれなかった「ブラジルに勝利」という悲願を、何とか成し遂げて欲しいものですscissors

試合は10月16日に、ポーランドのヴロツワフという都市で行われますsoccer

現在のFIFAランキングからいくと、ブラジルは12位、日本は23位です。ブラジルには以前のように絶対的な強さはありませんが、それでもネイマール、パト、パウリーニョ、ダニエウ・アウヴェス、ラファエウ、フッキなど、世界で活躍するスターたちが揃っていますshine

そんな相手に対し日本は「胸を借りる」という気持ちでなく、「絶対に勝つ」という強い気持ちで挑んで欲しいものですgood

本田は言っています。「誰に何を言われても、誰が何と言おうとも、絶対にW杯で優勝する!」good。彼らしいといえば彼らしいですが、僕はその言葉は間違っていないと思います。

応援する立場の者とは違い、ピッチでプレーする選手が「NO・1」を目指さないで何を目指すのか?という事ですsign03

もしも選手の口から「ベスト8」とか「ベスト4」という言葉が出たとしたら、それは寂しい事ですからね。

そういう意味では、10月の欧州遠征はただの親善試合ではなく、ブラジルW杯優勝への序曲という思いで乗り込んで欲しいものですconfident

本田が口にした「W杯優勝」、普通に考えればそれは無理な話なのかもしれません。でも10年前と比べると決してその確率は低くはないと思いますpaper

昨今のサッカー界は、なでしこJAPANの世界一に続き、五輪では男子は4位、女子は銀メダル、先日行われた女子U-20でも見事に銅メダルと、世界の主要大会では常に上位に顔を出していますup

ならば、今度は男子のA代表が、その力を世界に見えつける番ですsign03

S_mg_00881_2

まだ1ヶ月も先ですが、2012年10月16日、この日が日本サッカー界にとって歴史的な一日となるように祈っていますpaper

きっとその勝利への歓喜から、「ヴロツワフの歓喜」と呼ばれる事になるでしょうhappy02

まずはその前に明日のイラク戦で、ジーコ率いるイラクを倒し、強い日本を見せつけようじゃありませんかscissors

ガンバレ、ザックJAPAN!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生花> 9月10日

0910

「秋海棠」(しゅうかいどう)

花言葉は「片想い」です。

「秋海棠」はシュウカイドウ科の多年草で、中国南部を原産地とします。観賞用に栽培もされますが、繁殖力が強いので野生化することもあります。

|

« 愛の歌♪ | トップページ | ジーコへの恩返し。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/47013381

この記事へのトラックバック一覧です: ヴロツワフの歓喜!(予定):

« 愛の歌♪ | トップページ | ジーコへの恩返し。 »