« 苦い思い出・・・ | トップページ | 後継者になれるのか? »

2012年8月11日 (土)

ドランドの悲劇・・・

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

いや~まずは早速、「ロンドン五輪」の速報からですsign03

ついに、ついにsign03日本女子バレー28年ぶりの「銅メダル」を獲得しましたhappy02

今日の試合も本当に緊張感のあるheart02、しびれる試合展開でしたが、宿敵韓国をセットカウント「3対0」で見事に破り、幾多の先輩達が叶えられなかった「悲願」を達成しましたshine

今朝の男子サッカーsoccer3位決定戦で、「関塚JAPAN」がそして日本国民が味わった屈辱を、見事に「真鍋JAPAN」が晴らしてくれましたscissors

120811_210214

勝利の瞬間には、思わず僕も熱いものweepが込み上げてきてしまいましたが、思い返せばこの28年間の戦いは長い道のりでしたconfident

1988年ソウル五輪でメダルを逃して4位となって以降、1992年バルセロナ五輪、1996年アトランタ五輪も惨敗・・・そして2000年シドニー五輪には出場する事もできずに、日本女子バレーは“どん底”の時代に陥ったのですdown

そしてそこから2004年アテネ五輪、2008年北京五輪を経ての今回のロンドン五輪、見事な日本の「お家芸」の復活劇ですshine

本当の“復活”は世界の頂点に立ってからですが、まずは世界3位になった事を素直に喜びましょうhappy01

120811_210649

このチームをまとめあげた真鍋監督は本当に素晴らしかったですshine心から「お疲れ様でした」と声をかけてあげたい気持ちでいっぱいですconfident

世界を相手にする時、「戦術」はもちろんの事、選手の「調子」や対戦国との「相性」などを把握しながら選手を起用する事は、監督して非常に重要な任務ですpaper

今日も江畑ではなく迫田を起用した事が結果的に当たりで、見事に韓国から勝利しましたgood

どんな競技でもそうですが、プレーする選手だけでなく、控えのメンバーやサポートするスタッフやコーチなどがいて、はじめて「1つのチーム」として機能するわけですpaper。そういう意味ではこの「銅メダル」は、これまで戦ってきた先輩や仲間も含めて、日本女子バレーに携わる全ての人の力で勝ち取った「銅メダル」だったと僕は思いますhappy01

120811_211028

“どん底”を知る選手の1人がセッターの竹下です。このチームに彼女がいなかったら・・・と考えるとゾっとしますね。彼女がチームを牽引し、支えてきたからこそ、この結果に結びついたと言っても過言ではありませんgood

10年以上に渡って、日本代表を引っ張ってきたその精神力には本当に頭が下がりますconfident。彼女にとってはおそらく最後の五輪でしょうが、最後の最後で彼女の嬉しそうな笑顔が見れて本当に良かったですhappy01本当にお疲れ様でした、テンshine

本当に良かったconfidentこれで僕は28年前のロサンゼルス五輪の「銅メダル」、そしてこのロンドン五輪の「銅メダル」と2つの銅メダルをリアルタイムで見る事ができましたwink

男子バレーも女子に負けていられませんよsign03男子も「お家芸」と呼ばれた“バレーニッポン”の復活をさせなきゃいかんですよsign03

次のリオデジャネイロでは、男女ともメダルを、しかも一番良い色のメダルを取れる事を祈っていますconfident

さて、7月27日に開幕した「ロンドン五輪」もいよいよクライマックスになってきました。明日は最終日の競技が行われ、日本時間の明後日の早朝には「閉会式」が行われます。

期待通りに活躍してくれた選手、期待にこたえられずに大会を終えた選手、それぞれ色々な想いがあろうかと思いますが、それぞれが努力した結果は決して恥ずべき事ではありませんし、絶対に無駄な事ではありませんgood

今回は納得のいく結果を残せなかった選手も、その悔しさをバネに、次に繋げて欲しいですconfident

「スポーツ」というものは、人々に多くの「感動」と「勇気」を与えてくれる、素晴らしいものであると僕は思っていますconfident。一生懸命に努力した選手の汗の積み重ねがあるからこそ、そういうものが生まれるのだと僕は確信していますbell

明日の最終日はいよいよ男子マラソンが行われますrun。女子マラソンは惨敗downに終わっただけに、男子にはその雪辱を晴らして欲しいところですpaper

しかし昨今の日本勢の力から言えば、正直メダル獲得はおろか入賞も難しいのが、悲しいかな今の現状ですbearing

今回の日本人出場選手の中で一番持ちタイムの良い、藤原新の自己記録は2時間7分台、それに比べてケニアやエチオピアなどのアフリカ勢は、ほとんどが2時間3分台か4分台という次元の違いがあまりにもあり過ぎますbearing

日本人の五輪での成績では、古くは1964年東京五輪での円谷幸吉の「銅メダル」、1968年メキシコ五輪の君原健二の「銀メダル」があり、記憶に新しいところでは1992年バルセロナ五輪での森下広一の「銀メダル」がありますshine

しかしそれ以降、日本男子マラソン界は世界と大きく水を空けられましたsad。それを示すかのように、世界歴代10傑がほぼ毎年、ケニアとエチオピアの選手で塗り替えられていくのに対し、日本歴代10傑のうち、2010年以降に塗り替えられたのは、今年の2月に藤原新が出した日本歴代7位のタイムだけですclock

高岡寿成が持つ2時間6分16秒という日本記録は、2002年に記録されたもので、10年間も塗り替えられていません。つまり日本男子マラソンの時計は10年前から止まっているという事ですbearing

これでは世界と対等に戦えるわけがないのですdespair

前回の北京五輪では尾方剛の12位という成績が最高でしたが、今回のメンバーには最低でもそれ以上の「10位以内」を目標に頑張って欲しいですgood

まずは「マラソン・ニッポン」復活のために、ロンドンではその道標を示して欲しいところですscissors

そんな男子マラソンを明日に控え、今日はマラソンに関するちょっとした物語をお話したいと思いますpaper

時は1908年、今から104年も前の事です。奇しくもその年に開催された五輪は、今回の五輪と同じく「ロンドン五輪」でした。

その1908年ロンドン五輪にイタリア代表として出場したのが下の写真の彼ですshadow

Dorando_portret

大泉滉さんではないので、お間違いのないように(笑)

彼の名前はドランド・ピエトリと申しますpaper

彼は当時、イタリアでは押しも押されぬトップランナーでした。もちろんこの五輪でも優勝候補に名前が挙がるほどの実力の持ち主でしたpaper

レースはイギリスの天候としては異常な程の猛暑sunの中でスタートし、ビエトリは前半は抑え気味で走り、徐々にトップに迫る勢いで走り続けましたrun

そして39km地点で遂にトップの選手を抜き、1位に躍り出ましたup。このまま残りの3km程を走りきれば「金メダル」獲得ですsign03

しかし彼の体にはこの時、既に異変が・・・

異常なまでの疲労感と喉の渇きを感じながらも、何とかスタジアムに入ったピエトリでしたが、ふらふらな状態でゴールとは違う方向に進もうとしながら、その場に倒れ込んでしまったのですdown

そんな彼の姿を見た係員shadowは彼を抱え上げ、ピエトリは何とか立ち上がって再び走り始めたのですが、またすぐに転倒down

それが4回繰り返され、その度に係員の手を借りてピエトリは立ち上がり、何とか彼はゴールテープを1位で切る事ができたのですpaper

Dorando_pietri

ちなみに、ふらふらになってからのラスト350mには10分も時間を要しましたclock

ピエトリが「金メダルを獲得できた!」と思っていた矢先、2位でゴールしたアメリカ選手のコーチ陣から異議が申し出されましたbell

それはどんな異議かと申しますと、皆さんご想像が付きますよねcoldsweats01。それは優勝したピエトリが、「係員の手を借りながらゴールした事」についての異議でした。

マラソンでレース中に他人の助けを借りる事は許される行為ではありませんからねpaper。結果、異議は認められ、ピエトリは失格down最終成績からも除外されたのです。これが俗に言う「ドランドの悲劇」です。

結局、このレースで起きた事は、彼の最後まで諦めないという頑張りがスタジアムの観衆を感動させた事で美化され、今でも「悲劇」として語り継がれていますpaper

その証に、「金メダルを失った代償」として、ピエトリにはアレキサンドラ王妃から「銀のカップ」が授与され、作曲家のアービング・バーリンからは歌までプレゼントされ、一躍世界的な有名人となったそうですshine

この事で思い出すのが、1984年ロサンゼルス五輪女子マラソンのアンデルセン選手ですconfident。彼女もスタジアムにふらふらになって入り、何とか最後まで歩きながらゴールしました。

彼女はこの時、係員の手を一切借りずに自力で最後までゴールしたので、ピエトリのように“失格”になる事はありませんでしたが、彼女もまたレース後にその頑張りを称賛された一人ですよねpaper。今でも彼女のあの姿は、僕の目にしっかりと焼きついていますconfident

さあ、明日のロンドン五輪男子マラソンはいったいどんなレースになるのでしょうかsign02

もちろん「ドランドの悲劇」のような事は起きて欲しくありませんし、出場する日本の3選手には悔いの残らないレースをして欲しいですconfident

ガンバレ、藤原新、山本亮、中本健太郎!

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生花> 8月11日

0811

「縷紅草」(るこうそう)

花言葉は「常に愛らしい」です。

「縷紅草」はヒルガオ科の蔓性一年草で、メキシコを原産地とします。茎は細く、他の物にからみつき、夏になると濃紅色の花を咲かせます。

「つる」が特に成長力があり、フェンスにまとわりつくと、あっという間に緑色のスクリーンにしてしまいます。

|

« 苦い思い出・・・ | トップページ | 後継者になれるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/46660677

この記事へのトラックバック一覧です: ドランドの悲劇・・・:

« 苦い思い出・・・ | トップページ | 後継者になれるのか? »