« タイムトラベラー光~その六~ | トップページ | 新種目誕生? »

2012年8月20日 (月)

100年に1人の逸材!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

十勝に「真夏日」が戻ってきましたsun7月31日以来、実に20日ぶりの30℃オーバーupでしたが、久しぶりの「真夏日」に皆さんバテていませんか?

この暑さはまだ2~3日は続くようなので、熱中症や食中毒にはくれぐれも注意してくださいねdanger

さて、そんな十勝の暑さなど比べものにならない程の灼熱の中で繰り広げられている、夏の甲子園「全国高等学校野球選手権大会」は、今日から準々決勝が始まり、大会はいよいよ大詰めへと近づいてきましたbaseball

準々決勝までくると、どのチームが優勝してもおかしくない程のハイレベルな戦いが繰り広げられますが、その中でも今日の第1試合は素晴らしい好ゲームでしたshine

昨夏の選手権と今年の春選抜と2季続けて「全国準優勝」の光星学院(青森県)と、強豪揃う神奈川を勝ち抜いてきた桐光学園という好カードとなった第1試合は、息詰まるような投手戦でしたhappy02

今大会NO・1投手の呼び声高い、桐光学園の2年生エース松井裕樹君は、1回戦に大会新記録となる「22奪三振」という大記録を作り、その後の試合でも三振の山を築き、あの板東英二(徳島商)が持つ「83個」の大会通算最多奪三振記録を塗り替えるのではないかsign03と注目が集まりましたeye

今日も強打の光星学院から「15個」の三振を奪い、今大会合計で「68個」の奪三振を奪いましたsign03しかし、チームは残念ながら「0対3」で敗れ、通算での大会記録更新は夢と消えました・・・

2012080900000526sanspo00012view

それでも4試合に登板して「68奪三振」は実質、大会記録といっても過言ではありませんpaper。というのも、板東英二の記録は延長18回再試合も入ってのものですし、大会歴代2位の「78個」という記録を持つ斉藤佑樹も延長15回の再試合があっての数字ですpaper

そう考えると、延長も再試合も1試合も無い中で、4試合で「68個」の三振を奪った松井君はズバ抜けていると言えますshine

ちなみに奪三振率は17.00という脅威の数字ですsign03。これは1試合(9回)を投げて平均で「17個」の奪三振という事ですから、もしも今日の試合に勝てば、次の準決勝が終わった段階では、68個にさらに17個がプラスされるので合計で「85個」になり、板東英二の「83個」の記録を塗り替えられたという事になりますup

そう思うとなおさら、松井君には今日の試合勝たせてあげたかったですが、そこは勝負の世界です、勝たなければ何の意味もないというのが現実ですbearing

試合が終わった同時に松井君が号泣cryingする姿を見て僕は、この悔しさを必ず来年、この甲子園で晴らして欲しいと、そして彼はきっとやってくれると確信しましたgood

来年の夏、いえ夏と言わず、来年の春、もうひと皮もふた皮も剥け大きく成長して、甲子園に戻ってきた松井君を見るのが、今から僕は楽しみで仕方ありませんhappy02

ぜひ、皆さんもこの松井裕樹という名前を記憶しておいてくださいpaper。「松井秀喜」でも「松井稼頭央」でもありませんよ、今、野球界で一番光っている“松井”は「松井裕樹」という17歳の少年ですからshine

夏の高校野球選手権94年の歴史を塗り替えた彼は、大げさかもしれませんが、100年に1人の逸材だと僕は思いますconfident

夏の大会、1試合最多奪三振記録「22」、1大会通算奪三振記録歴代3位「68」、4試合連続2桁奪三振、という数々の栄光を残し、松井裕樹は甲子園を後にしますconfident

さて、この大会を観戦していて思う事があります。それは「ホームラン」が非常に多い大会だという事ですbaseball。今日までの大会本塁打数は「49本」です。昨年の大会が「27本」、一昨年の大会が「26本」という事を考えれば驚異的な数字ですsign03

大会最多記録は2006年(第88回大会)の「60本」ですpaper

皆さんの中にも記憶にあると思いますが、この年はあの“ハンカチ王子”こと斉藤佑樹と、“マー君”こと田中将大というスター選手が活躍した大会で、決勝戦再試合が行われた非常に印象的な大会でしたshine

もちろん北海道民にとって、駒大苫小牧の夏3連覇がかかっていたこの大会の事は一生忘れる事のできない大会ですが、「ホームラン」が多かった事も確かによく憶えていますbaseball

その第88回大会の「60本」という記録を、今大会は抜くような勢いですup。順当にいけば決勝戦を入れてあと5試合で残り「12本」で新記録なわけですから、1試合当たり2.4本を打てば記録更新です。これは決して不可能な数字ではありませんscissors

今大会は先頭打者本塁打が既に「4本」も出ており、試合開始から目が離せない大会ですeye。明日からの試合は、この「ホームラン」というところにも注目しながら、試合をご覧になるのも良いかもしれませんよtv

そして、今日の2試合で勝利した「光星学院」「大阪桐蔭」は、春の選抜大会決勝で戦った相手です。その2校がそれぞれ準決勝に進出し、組み合わせでは別の試合になったので、それぞれが準決勝に勝利すれば、春夏連続で同じ高校による決勝戦という事になりますsign03

これは94回を数える夏の甲子園と、84回を数える春の選抜大会の歴史を振り返っても初めての事ではないでしょうか?

僕的にはそんな歴史的なカードをぜひ見てみたい気もしますが、明日登場する「作新学院」、「東海大甲府」、「明徳義塾」、「倉敷商業」も決してひけを取らない好チームですshine

今年の大会は、どこかの高校が群を抜いて強いというわけではなく、非常に投打にバランスの取れたチームが多いのが特徴ですpaper

大阪桐蔭が春夏連覇を成し遂げるのかsign02はたまた光星学院が3度目の正直で遂に頂点に立つのかsign02あるいは他の学校がこの2校の進撃を止めるのかsign02大会も終盤にきて、僕のテンションはますます上昇中ですup

正直、仕事どころではないのですが、そこは大人なので高校野球のために仕事を休む事もできないので、スポーツニュース等で結果を見て、球児たちの戦いを振り返る事にしますcoldsweats01

やっぱり高校野球って素晴らしいスポーツですねhappy01。高校野球=「青春」という言葉がよく代名詞として使われますが、この「青春」という言葉以上に、球児たちの熱い想いが詰め込まれたものが高校野球にはあると僕は感じますconfident

その球児たちの想いが見ている人にも伝わり、「感動」と「興奮」を与えてくれるのだと思いますpaper

僕は男の涙weepには弱く、思わず球児たちが泣いている姿を見ると「もらい泣き」してしまいますがcrying、彼らが流す涙には、純粋に高校野球というものに取り組んだ3年間の努力の積み重ねがある事が、ひしひしと伝わってきますpaper

昨今の世の中、「いじめ問題」や「暴力事件」が起きたり、「礼儀」や「常識」を知らない子供たちも一部で見受けられますが、この高校野球を見る限り、時代は移り変わっていっても、球児たちの野球にかける「想いやそこから学ぶ精神、それだけは変わっていないと僕は確信してますconfident

高校野球を見続けて30年以上経ちますが、これほど夢中にそして虜にさせてくれるスポーツは他にはないと思っていますhappy01

ぜひとも皆さんも、残り3日間の熱戦ですが、今からでも遅くないので、どうぞ高校野球を観戦してみてくださいgoodその感動と興奮を味わってみてはいかがですかhappy01

最後に、明日登場する選手の中でイチオシの選手をご紹介して、今日のブログを終わりにしたいと思いますhappy01

2012081900000047jijp0000view

彼は明日の第1試合に登場する東海大甲府の1番打者、ショートを守る渡辺諒君ですbaseball

彼も松井君と同じ2年生ですが、走攻守三拍子揃った素晴らしい打者ですshine。リストの強いシャープなバッティングと、ショートでのグラブさばきは、プロでも即使える逸材だと僕は思っていますup。順調に育てば、5年後ぐらいには日本プロ野球で1、2を争うショートストップになっていると思いますscissors

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生花> 8月20日

0820

「クロトン」

花言葉は「矯艶」です。

「クロトン」はマレーシア原産のトウダイグサ科の観葉植物で、葉の模様は日本の「あおき」を連想させます。

|

« タイムトラベラー光~その六~ | トップページ | 新種目誕生? »

コメント

松井くんは甲子園の土を持って帰らなかったんですね。
来年、激戦の神奈川を勝ち抜けるかな?
いまいち評価されていなかったようだけど、あのキャッチャーの配球もとっても良かったと思います。
来年、松井くんに素晴らしい恋女房ができて甲子園に帰って来る事を楽しみに待ちましょう!

投稿: 『Fなが』改め『29』 | 2012年8月21日 (火) 12時28分

『29』さん
来年、さらに進化した松井君を見るのが楽しみですhappy01
心配なのは肩や肘を酷使して、将来を棒に振って欲しくないという点だけです。しっかりとケアをして欲しいですpaper
桐光学園はレギャラーに2年生も多かったですし、控えにも1年生もいたので、きっと甲子園の経験が活きると思いますよ。
キャッチャーについては同感です。松井君をリードしていた3年生捕手のリードは抜群でしたねshine
好投手の影に好捕手ありですね!

投稿: 猫男爵 | 2012年8月21日 (火) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/46765726

この記事へのトラックバック一覧です: 100年に1人の逸材!:

« タイムトラベラー光~その六~ | トップページ | 新種目誕生? »