« NECO’S キッチン♪41 | トップページ | 夏だけの痛み・・・ »

2012年8月29日 (水)

家計予想図。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日はいったい何だったんでしょうね、この涼しさ?ただ事ではないですね

一気に気温が下がった今日の最高気温は何と21℃でしたそして明日は一気に上がり、予想最高気温は何と33℃本当にどうかしてるぜっ

この温度差ですから、皆さんも体調管理には十分に気をつけてくださいね「夏」が終わり、「秋」になった気分を味わったのは今日一日だけで、明日からはまた「夏」ですから

そんな今日は週の真ん中「水曜日」という事で、週に一度のミニバレーの日でしたが、あいにく僕は都合が悪く、体育館に足を運ぶ事ができませんでした

来週こそは、そろそろ久しぶりに体を動かさないと「メタボ」になってしまいそうです来週はMVDのみんなで楽しく汗をかきましょうね

さて、今日はちょっとマジメに「政治」の世界に目を向けたいと思います

今日、参議院で野田首相に対する「問責決議案」が可決されました。これには法的な強制力は無いので、即「解散→総選挙」という事になはなりませんが、10月の国会会期中には「解散→総選挙」という事も十分に考えれます

思い返せばちょうど1年前の明日、2011年8月30日に野田首相は内閣総理大臣に指名されました。

「何かが変わるのかな?」という「期待感」と、「誰がやっても同じだよ・・・」という「脱力感」が交錯する中での船出でしたが、国民の願いは届かず、1年経っても結局何も変わらないどころか、悪い方向に向かっているような気がするのは僕だけでしょうか・・・

もちろん何かを変えたり、結果が出るのにはある程度の時間を要します。それまで信じて待つ事も人間とても大切な事です。

しかし、この国には問題があり過ぎます。中でも今一番問題視されているのが、「尖閣諸島」や「竹島」に関する外交問題です。

もちろん、その問題を放って置く事は国民として見逃すわけにはいきません。日本という国は、「世界」という空間の中で生きていかなかればならない国ですから、外交問題というものは必要不可欠です

ただその前に、国民の生活の事をまずは解決しないといけないのではないでしょうか?国内の事を解決できない政府が、果たして国外の事を解決できるのでしょうか?僕には「できる」とは到底思えません

皆さんは、お盆前にある「重要な法案」が可決された事を憶えていらっしゃいますか?

それは「消費税法案」です。現在のわが国の消費税は「5%」なのは、皆さんもよくご存知だと思いますが、その消費税が2014年4月には「8%」、2015年10月には「10%」になります

「消費税増税はしない」これを公約にして選挙で勝利した政党が、見事にその公約を破り、消費税増税するというのですから、おかしな話ですよね

それに対して、選挙の時にはその言葉を信じて投票した国民が、何の反対もできないわけですから、それもおかしな話です

簡単にいえば、これは「詐欺」ですよね

僕は別に「消費税増税」に反対というわけではありません。やっぱり未来の事を考えれば、それが未来のためにどうしてもやらなければならない事であれば、それは仕方のない事だと思っています

ただ、しっかりした「信念」や「根拠」のもとでなされていないものには、首を縦に振るわけにはいきません

どうして、自分達の考えが「消費税増税はしない」から「やっぱり増税しなければいけない」というように変わったのなら、「私達の考えはこういう理由で、こういうように変わりました。なので、もう一度みなさんの意見を聞かせてください。」と、選挙で民意を問わなかったのか?

その上でまた国民が民主党を選べば、正々堂々と「消費税増税」の法案を通すべきだったのではないかとそう思います

現在の野田政権の支持率をご存知ですか?

最新の調査では19.8%です。そして民主党の支持率は僅か6.9%・・・

まあ政党支持率に限っては、「支持政党なし」が約70%ですから、どこの政党が政権を握っても変わらないのですが、それにしてもひどい数字ですよね

政治家や政党の事は、いくら国民が愚痴を言ってもどうする事もできませんが、実際に生活においてその被害がふりかかってくるのは、僕たち国民ですからね

ただでさえ、様々なものの値上げで「家計」が苦しくなっているのに、さらに「消費税増税」というものが家計を襲うのですから、本当に頭が痛いです

3年後の10月には消費税が今の倍になります。ではその頃の僕たちの生活はいったいどうなっているのでしょう?

「家計予想図」というものを想像してみました

今から4年後の2016年の段階で、夫婦ともに40歳以上で、どちらかに収入があり、小学生の子供が2人いる、年収500万円世帯の場合、税や保険料全体の負担は2011年と比べると約33万円の増額という事になります。このうち消費増税分の負担額は約16万円とおよそ半分を占めています

個人差があるでしょうが、これは給料1ヶ月分に相当します

15歳までの子供がいる世帯を対象にしていた減税(年少扶養控除)は民主党政権が廃止し、その分を財源に充てるはずだった「子ども手当」は「児童手当」に名を変えて縮小されました

電気代も値上げ、厚生年金保険料も毎年増額、その割にはデフレ経済による企業収益の低迷で、給与の伸びは期待できないので、収入が増えないのに、支出が増えるのでは、家計の圧迫は半端ないです

未来に光は挿しているのでしょうか・・・

子供の進学費用、さらには自分達の老後の事を考えれば、その苦しい家計の中でも「預貯金」をしないわけにもいきません・・・

となると、とにかく普段の生活で「節約」するしか道は残されていないのかもしれません。でもその「節約」が原因でストレスにつながり、病気にでもなれば身も蓋もありません

こうやって考えると、僕たちの「未来」はどうなるのかな・・・

「家計予想図」が全て当たるとは限りませんが、少なくとも今より楽な生活が待っていない事だけは確実ですね

家族各々が、「どうすれば過ごしやすい楽しい生活を送れるか」それをみんなで考える事が、もしかすると最良の解決法なのかもしれませんね

それはもちろん、家庭それぞれで違うでしょうし、個人差はあるでしょう。でも、そういう事で家族が1つになる事も、家庭円満につながるのかもしれません

「家計」のピンチは「家族」で協力し合う、そんな当たり前の事を、当たり前にできる国に2016年の日本がなっていることを祈ります

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生花> 8月29日

0829

「鶏頭」(けいとう)

花言葉は「色褪せぬ恋」です。

「鶏頭」はヒユ科の一年草で、熱帯アジアを原産地とします。中国を経て、古くに日本に渡来しました。花の色は黄、橙、紅、赤などがあり、「にわとり」のトサカにそっくりなので「鶏頭」と名付けられました。

|

« NECO’S キッチン♪41 | トップページ | 夏だけの痛み・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家計予想図。:

« NECO’S キッチン♪41 | トップページ | 夏だけの痛み・・・ »