« ゆく川の流れ~river11~ | トップページ | 眠れる法則。 »

2012年7月 3日 (火)

NECO’S キッチン♪37

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

7月がスタートして3日が経ちますが、今年の7月は「夏」らしい本当に暑い毎日ですsun。僕的にはこのまま、この暑さが続いてくれれば、色々な夏の過ごし方を満喫できるので最高にHAPPYですnote

そんな暑い「夏」真っ盛りの今日は、こちらもすっかり恒例となった料理企画『NECO’S キッチン』でお楽しみくださいrestaurant

今日で37回目を数えるこのシリーズ企画、この企画のおかけですっかり僕も料理が大好きになっていますhappy01

それではいつものように、例の合言葉でスタートさせましょうpaper

皆さんご一緒に!せ~の「料理は想像から生まれる娯楽です」!

<NECO’S キッチン> ~第37回~

皆さんこんばんは、猫男爵ですcat。今日はどんなメールmailが着ているのでしょうか、早速見てみましょうpc

猫男爵:今日ご紹介するのは、ペンネーム「アタックNO・2」さんからのリクエストですmail

アタックNO・2さん:僕は都内の大学に通う20歳の学生です。毎日、バイトに遊びに大忙しですが、僕の大好物に「お好み焼き」と「炒飯」があります。どちらも甲乙つけがたいくらい好きなので、どっちも一緒に食べたくなりますcoldsweats01。何か一緒に食べても美味しくいただける、素敵なレシピを教えてくださいpaper

猫男爵:なるほど、今日はなかなかヘビーなリクエストですねcoldsweats01。僕みたいに30代も後半になると、なかなか「お好み焼き」と「炒飯」を一緒に食べるのには抵抗がありますが、僕も20歳の頃はそれぐらいは楽勝でしたからねscissors。それでは、そんな「アタックNO・2」さんのために、今日はアレを作っちゃいますかshine

<材料> アスパラ、キャベツ、鶏肉、揚げ玉、チーズ、長芋、玉ねぎ、ご飯、塩、コショウ、フライドガーリック、お好み焼き粉、卵、水、サラダ油、マヨネーズ、鰹節、以上ですpaper

NECO’Sキッチン♪37

oneまずは、「お好み焼き粉」を「卵」と「水」を入れてよく混ぜ、そこに「チーズ」「キャベツ」「アスパラ」「揚げ玉」、そして「長芋」をすりおろした「とろろ」を入れますshine。この「とろろ」っていうヤツが入るのと入らないのとでは、“旨さ”がまるで違いますhappy02

NECO’Sキッチン♪37

two次に熱したフライパンにサラダ油を敷き、「フライドガーリック」と、みじん切りにした「玉ねぎ」を入れ炒めます。火が通ってきたら小口切りにした「鶏肉」を入れてさらに炒めますpaper

three全体的に火が通ったところで、次に「ご飯」を入れてさらに炒めますshine

NECO’Sキッチン♪37

four「ご飯」と具材を混ぜながら、「塩」と「コショウ」で味付けをしたら、フライパンの真ん中部分を空けて、そこに溶いた「卵」を入れてご飯とよく絡めますbell

NECO’Sキッチン♪37

five「卵」がご飯に万遍なく絡まったあとは、最後にもう一度「塩」と「コショウ」で味を調整しますscissors

NECO’Sキッチン♪37

six器に先程のfiveを盛れば「鶏肉炒飯」の完成ですshine

NECO’Sキッチン♪37

seven次はoneの工程で混ぜてあった「お好み焼き」の生地を、サラダ油を敷いたフライパンの上で焼いていきますup

NECO’Sキッチン♪37

eight中火で両面をじっくり焼き上げれば、「アスパラガスのお好み焼き」の完成ですshine

本来は「炒飯」と「お好み焼き」の2つの料理ができて、ここで終わりですが、今日は違いますsign03

NECO’Sキッチン♪37

nine先程の器に盛った「炒飯」の上に「お好み焼き」を乗せて、上から「ソース」「マヨネーズ」「鰹節」を掛ければ出来上がりshine

「贅沢お好み炒飯DX」の完成ですshine今日はこれで決まりscissors

NECO’Sキッチン♪37

「お好み焼き」の下に「炒飯」とは、まさに夢の共演ですhappy02

「お好み焼き」と「炒飯」がどちらも大好物の「アタックNO・2」さん、これならどちらも美味しくいただけますので、ぜひ作ってみてはいかがですかhappy01

それではまた次回の『NECO’S キッチン』でお会いしましょうpaper

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生花> 7月3日

0703

「立浪草」(たつなみそう)

花言葉は「私の命を捧げます」です。

「立浪草」はシソ科の多年草で、山地に自生しています。茎は四角で初夏になると、碧紫色または白色の唇形の花を一方向に開きます。

花の形が浮世絵に描かれている「波」のようなので「立浪草」と呼ばれています。「立浪の模様」の着物は江戸時代にとても人気を集め、陶磁器の模様にも使われています。

|

« ゆく川の流れ~river11~ | トップページ | 眠れる法則。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/45603003

この記事へのトラックバック一覧です: NECO’S キッチン♪37:

« ゆく川の流れ~river11~ | トップページ | 眠れる法則。 »