« とってもHAPPYなご報告♪ | トップページ | 「お米<パン」の時代。 »

2012年6月13日 (水)

激闘の果てにあったもの・・・

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日も一日、北海道は非常に肌寒い一日でした

とても「6月半ば」とは思えないこの低い気温には、思わずストーブをつけた方も数多くいたのではないでしょうかあるいは、あまりの寒さにしまってあった「冬物」をもう一度出したという方もいたのではないでしょうか

そんな今日の肌寒さとは真逆に、昨日の「サッカーブラジルW杯アジア最終予選」、対オーストラリア戦は、熱い激闘となりました

今日は昨日のブログでも約束したように、その「熱き激闘」の模様を振り返ってみたいと思います

アジア最終予選、日本の第3戦の相手は宿敵「オーストラリア」です。2006年ドイツW杯での悔しい敗戦以降、このオーストラリアとの戦いは、毎回手に汗握る戦いの連続です

昨年行われた「アジア杯」決勝での激闘も、皆さんの記憶に新しいところだと思いますが、昨日は敵地ブリズベンに乗り込み、アウエーという状況下でのゲームでした

日本は第1戦のオマーン、第2戦のヨルダンと、圧倒的な強さを見せつけましたが、この日もその2試合と先発メンバーにほとんど変動はありませんでした

唯一、怪我で離脱中のDF吉田に変わり栗原をCBで起用しました

この大事な試合を観戦するために、僕は自宅でテレビの前に陣取りました

試合は前半開始早々から、オーストラリアのペースで運びます。日本は何度もピンチを招き、相手に決定的なゴールチャンスを与えてしまいます・・・

120613_182945

「やばい!!」と思わず大きな声を発する場面も何度かありましたが、GK川島を中心に、再三に渡り日本ゴールを守りました

ピンチを凌いでいるうちに日本もペースを掴み、本田香川を中心に中盤を支配し、前線で何度も好機を作ります

しかし、そこは相手も強豪オーストラリアです。簡単に日本にGOALを割らせてはくれません

結局、前半は「0対0」のスコアレスのまま終了し、ハーフタイムに突入します。

前半戦が終わって思った事は、日本は慣れないオーストラリアの荒れたピッチに結構手こずっていたという事。それは、パスワークを得意とする日本にはやや不利なピッチだったかもしれませんが、それは相手も同じ条件ですから、そんなことは言ってられません

後半が始まると、今度は日本が主導権を握り攻撃に転じます

そして後半10分、オーストラリアの選手が2枚目のイエローカードをもらい退場処分となったところから、俄然ゲームは動き出しました

120613_183130

後半20分、コーナーキックのチャンスに日本はショートコーナーを使い、本田がゴール前に切り込み、そして絶妙のパスを出します。そのパスにノーマークで待っていた栗原が見事にボールをゴールに蹴り込み、ついに日本が1点を先制しました

120612_202043

選手も、そして日本から駆けつけたサポーター達も歓喜で溢れ返りました

120612_193737 

これにはテレビの前の僕も大興奮「よっしゃ~!」思わず大きな声を出てしまいました

120612_202104_2

吉田の代役として出場した栗原の値千金のゴールは、日本中を熱狂させてくれましたいいぞ、栗原

後半20分で1点リード、しかも相手は1人少ない、完全に日本の有利は揺るぎないものでした

しかし、このまま終わらないのがアジアの戦い、そしてオーストラリアという高い壁です

そんな中で事件は日本のゴールから僅か5分足らずで起きました

日本のゴール付近での競り合いでDF内田が相手選手を押したと判定され、まさかのPKを献上してしまったのです

120613_183159

写真中央が内田とオーストラリアの選手です、VTRで何度見てもファールと思われるような行為は一切していません。これがもしもファールだというならば、1試合で何枚イエローカードが出るのでしょう・・・みんなファールで退場になって、選手が1人もいなくなっちゃいますよ

試合後にオーストラリアの監督も「あれはファールでない」とコメントしていたのですから、あれは完全なる「誤審」です。本当に昨日の審判の質は最悪と言ってもいいほどのものでした

しかし、1度下された裁定が変わる事はもちろんありません。結局、相手にPKを決められ、日本は「1対1」の同点に追いつかれました

120612_193713

これには僕も思わず愕然とするしかありませんでした・・・

しかし、同点に追い付かれたとはいえ、まだ日本は「相手よりも1人多い」という有利な状況に変わりはありません

もう一度しっかり攻撃を組み立てれば、必ず2点目を奪うチャンスが訪れます

僕もそうでしたが、ピッチの上の選手にも、当然のこの試合は「勝つこと」しか見えていなかったはずです。

しかし、同点に追いついたオーストラリアの猛攻は緩む事なく、日本は再びピンチの連続となってしまいます

そして後半44分にまたしても事件が・・・

120613_211826

日本のペナルティーエリア付近で、栗原がファールを犯していまい、今日2枚目のイエローカードをもらい、退場となってしまったのです

「どこがファールだよ!おかしいよこの審判!」テレビの前で罵声を浴びせますが、もちろん裁定が変わる事はありません。

120612_204545

栗原は納得のいかないまま、ピッチを後にしました。

そんな嫌な流れのまま、オーストラリアはFKのチャンスに直接ゴールを狙います

120613_211848

しかし、これは日本が誇る守護神川島がファインセーブで見事に凌ぎます

そして試合はこのまま、3分間のアディショナルタイムに突入します。そして最後の事件がまたしても起きてしまいます・・・

後半48分、相手がファールを犯し、日本は相手ゴール前で絶好のFKのチャンスを得ます

120612_205025_2

「これがラストプレー、これは直接狙うしかない!この距離と角度からいえば、遠藤よりも本田かな?」日本中のサポーターが息を呑みます。

ところが、突然の審判の試合終了を告げるホイッスル

「えっ?嘘でしょ?こんなこと見たことないよ!普通はワンプレーしてから試合終了でしょ・・・」

これには選手も怒りを超えて、呆れるしかありませんでした・・・

120613_211902 

FKを蹴るはずだった本田も、この表情です

120612_205046

結局、試合は「1対1」のドローで幕を閉じました。

宿敵であるオーストラリアにしかもアウエーの中で、引き分けて「勝ち点1」を得た事は非常に価値のあるゲームでしたが、勝てた試合を勝ちきる事ができなかった事には、若干の悔しさが残ります

その要因の1つが何といっても審判のレベルの低さです。試合内容が激闘とも言えるような試合だっただけに、審判さえちゃんとした審判であれば、もっと素晴らしいゲームになっていたような気がするのは僕だけでしょうか・・・

アジアレベルでの試合を見ていていつも思う事は、もっと審判のレベルを世界大会の審判のレベルにまで上げるべきだとう事です。こんな審判がまだいるようでは、アジアの国々でプレーする選手達がかわいそうで仕方ありません

昨日の熱い激闘の果てにあったもの・・・それは選手のプレー以前に、審判のレベルの低さという問題でした

しかし、ザックJAPANの選手個々のプレーの精度や、チームとしての戦術には目を見張るものがありました。確実に日本は「進化」しているチームだと僕は確信しています。それはきっと、戦ったオーストラリアも肌でそう感じ取ったと思います

今度のオーストラリアとの戦いは日本のホームで戦うわけですが、その時はドローではなく、すっきりと勝利で「勝ち点3」を獲得して欲しいですね

これで日本代表は最終予選序盤の3戦を終えて、2勝1分の「勝ち点7」で首位をキープしています。

次は9月のイラク戦まで日にちが空きますが、もう一度しっかりとチームをまとめて、さらに進化した「ザックJAPAN」になる事を今は願っています

ブラジルW杯開幕まであと2年、まだまだ日本代表の熱き戦いと、僕猫男爵の熱き応援は続きます

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生花> 6月13日

0613

「ツンベルギア」

花言葉は「美しい瞳」です。

「ツンベルギア」はキツネノマゴ科のつる性常緑多年草で、熱帯アフリカを原産地とします。熱帯の植物なので耐暑性はありますが、直射日光をあて続けるのはよくありません。和名を「やはずかずら」、英名を「クロック・バイン」と言います。

|

« とってもHAPPYなご報告♪ | トップページ | 「お米<パン」の時代。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 激闘の果てにあったもの・・・:

« とってもHAPPYなご報告♪ | トップページ | 「お米<パン」の時代。 »