« 元気一杯! | トップページ | 赤い超特急! »

2012年6月24日 (日)

役者さんいらっしゃい!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日は朝から午前中にかけては曇り空でしたが、午後になるとようやく陽ざしが戻ってきました

太陽がちゃんと照ったのは、いつぶりでしょうか?いつぶりかも分からないほど、久しぶりの事なんだと思います

そのせいか、僕の家の近くにある林の中では、蝉たちが一斉に鳴き始めて結構なうるささでした

明日からの週間予報では天気も「晴れ」の日が続くようですから、ようやく「夏」への扉が開かれそうです

さて、幼い頃から「テレビっ子」で育った僕にとっては、テレビは欠かす事のできない存在の1つです

もしも「無人島に何か1つだけ持っていくとすれば?」と聞かれれば、テレビを見れるという環境が揃っていれば、きっと「テレビを持って行く」と答えるでしょう

そんな「テレビっ子」の僕が大好きなのが連続ドラマ、いわゆる「連ドラ」です。たぶん、最初に興味を持つ“きっかけ”になったのが、『不良少女と呼ばれて』『ポニーテルはふり向かない』『スクール☆ウォーズ』『ヤヌスの鏡』などに代表される、大映ドラマシリーズです

1980年代半ば頃に放送されたこのドラマたちを僕は毎週楽しみに見ており、これが後の“ドラマオタク”への道へと繋がる事になりました

基本的には「好きなドラマ」は録画しておき、何度も繰り返し見るタイプなので、出ている演者のセリフや仕草などは結構記憶しています

ドラマは好きですが、俳優女優の好き嫌いもハッキリしているので、好きな役者が出ている作品は、内容はさておき、まずは見るようにしています

それとは逆に、あまり好きではないどちらかという苦手な役者が出ているドラマは最初から避けてしまう傾向もあります

でも、昔は苦手だったけどちょっとしたきっかけで好きになるという事もあります。その良い例が中井貴一です。昔からどうも生理的に受け入れられない感じでしたが、『スマイル』というドラマをきっかけに、その印象が変わりました

人間ですから、どうしても「先入観」というものがついてまわりますし、どうしても好き嫌いもあって当然だとは思います

そこで今日は「好き」という方にポイントを置き、僕なりに好きな俳優さん女優さんの上位10人を厳選してみましたので、発表してみたいと思います

題して「役者さんいらっしゃい!」です

皆さんも、まずはこれをご覧になる前に、ご自分でベスト5ぐらいでもかまいませんので、メモ紙にでも名前を書き出してみて、そしてそれからご覧になってみてください

それではまずは「俳優部門」からいってみますね

初めにご説明しますが、この順位はあくまでも僕個人の勝手なランキングです。好き嫌いには個人差があると思いますので、ご了承ください

名前の次は年齢、出身地、血液型、芸歴、一番好きな出演作となっております(敬称略)

<猫男爵が選ぶ好きな役者>~俳優部門~

第10位 大沢たかお(44歳) 東京都・A型・25年・『美しい人』

第9位 江口洋介(44歳) 東京都・O型・26年・『ひとつ屋根の下』

第8位 西島秀俊(41歳) 東京都・A型・20年・『あすなろ白書』

第7位 阿部寛(48歳) 神奈川県・A型・27年・『結婚できない男』

第6位 玉山鉄二(32歳) 京都府・O型・13年・『離婚弁護士』

第5位 木村拓哉(39歳) 東京都・O型・25年・『HERO』

第4位 山田孝之(28歳) 鹿児島県・A型・14年・『世界の中心で、愛をさけぶ』

第3位 三上博史(49歳) 東京都・O型・29年・『この世の果て』

第2位 竹野内豊(41歳) 東京都・O型・18年・『輪舞曲』

そして栄光の第1位に輝いたのは

5yebq8_480 

僕の事をよくご存知の方であれば予想通りの結果ですね。ご存知、“ソリー”こと反町隆史が第1位の座につきました!

反町隆史(38歳) 埼玉県・AB型・24年・『ビーチボーイズ』

1位と2位はあの名作『ビーチボーイズ』の2人になりましたあれから15年が経ちますが、僕の中では生涯最高傑作のドラマです

さあ、皆さんの中での「俳優部門」1位は誰でしたか?

それでは続いていきましょう

<猫男爵が選ぶ好きな役者>~女優部門~

第10位 蒼井優(26歳) 福岡県・A型・13年・『14ヶ月』

第9位 夏川結衣(44歳) 熊本県・A型・25年・『青い鳥』

第8位 永作博美(41歳) 茨城県・B型・23年・『Pure Soul』

第7位 水川あさみ(28歳) 京都府・AB型・16年・『33分探偵』

第6位 戸田恵梨香(23歳) 兵庫県・AB型・13年・『SPEC』

第5位 天海祐希(44歳) 東京都・O型・25年・『BOSS』

第4位 武井咲(18歳) 愛知県・A型・6年・『大切なことはすべて君が教えてくれた』

第3位 綾瀬はるか(27歳) 広島県・B型・12年・『世界の中心で、愛をさけぶ』

第2位 竹内結子(32歳) 埼玉県・A型・16年・『ランチの女王』

そして女優部門、栄光の第1位に輝いたのは

Yamada_tokiwa_ph01

常盤貴子さんでした僕のことだから、どうせ「綾瀬はるか」でしょと思った方もいると思いますが、実は一番好きな女優さんは昔から「初志貫徹」で常盤貴子なんですよ

常盤貴子(40歳) 神奈川県・A型・21年・『めぐり逢い』

古くは『愛してると言ってくれ』から始まり、『みにくいアヒルの子』『真昼の月』『理想の結婚』『最後の恋』『タブロイド』『美しい人』『カバチタレ!』『ビューティフルライフ』『ロングラブレター』など、1990年代後半から2000年代前半に彼女が出演したドラマは挙げればきりがありません

彼女も気がつけば40歳になったんですね。それでも、笑顔がとっても似合う彼女の魅力は以前と何ら変わりません。これからも素敵な女優さんでいてくれる事は間違いありません

さて、このように今日は少しだけ時間をいただき、僕の好きな役者さんたちに集まってもらい「役者さんいらっしゃい!」をお送りしました

皆さんにも、お好きな俳優さんや女優さんがたくさんいらっしゃっると思います。それぞれにその方への思い入れがあったり、その当時のドラマの思い出などもリンクしたりするのではないでしょうか

それもこれも「テレビ」という存在があるからこその事で、僕はそんな「テレビ」と「ドラマ」に感謝しています

今クールのドラマたちもいよいよ大詰めになり、最終回を迎えたドラマもあります。わずか3ヶ月間のお付き合いとはいえ、凄く思い出に残るドラマもあり、それは一生心に残る事もあります。

「ドラマ」ばかりでなく「映画」というジャンルもありますが、色々な作品を通じてもっともっと数多くの役者さんたちに出会いたいと思います

僕自身が幼き頃に描いた「役者」という夢が、今も僕の心のどこか奥底で僅かながら輝きを放っていることを最後にお話して今日のブログを終わりにしたいと思います

ちなみにこの「俳優、女優ランキング」はまた5年後ぐらいにでもやってみたいと思います

それでは今日はこのへんで。チャオ(Cciao!)

<今日の誕生花> 6月24日

0624

「水仙翁」(すいせんのう)

花言葉は「冠、名誉」です。

「水仙翁」はナデシコ科の多年草で、ヨーロッパを原産地とします。一度植えておくと、写真のような可愛い花を毎年咲かせてくれます。茎葉に綿毛が密生することから、「フランネルソウ」の名で親しまれています。

|

« 元気一杯! | トップページ | 赤い超特急! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 役者さんいらっしゃい!:

« 元気一杯! | トップページ | 赤い超特急! »