« 赤い超特急! | トップページ | ワイルドライダー。 »

2012年6月26日 (火)

ごまかすしかないよね。

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

「夏本番!」ようやくこの言葉を思いっきり言える、そんな今日の天候でした

でも、あまり急に暑くなりますと、体がまだ対応しきれませんので、皆さんも体調管理には十分に気をつけてくださいね

「夏」といえば「甲子園」、そうです「高校野球」の季節です

最上級生の3年生にとっては、負けた“瞬間”に3年間の「青春」が幕を降ろす、それが夏の高校野球です

僕の住む十勝でも地区予選が既に開幕しています。今日は管内初の連合チーム「足士新幕」連合チームが登場しましたが、「0対9」で帯広南商にコールド負けしました

「足士新幕」とは足寄、士幌、新得、幕別の4校の連合チームの事です。それぞれが部員不足により単独チームとして出場する事ができないために、「連合チーム」としての出場が高野連により許可されました

これも「時代の流れ」なのでしょうか・・・僕が高校生の頃は各高校には部員が溢れるほどいて、こんな状況ではなかったのですが・・・

それでも「連合チーム」として出場した選手は、みんなで力を合わせて大好きな野球を楽しめたのではないでしょうか

仲間の大切さ、それはたとえ高校が違っても同じです。グランドで共に汗を流す事、1つのボールを共に追いかける事、それが「青春」ですから

そして今日はの母校である「帯広北高校」も1回戦に登場しました

昔は「野球の帯北」と言われるほど、管内では無敵でしたが、近年は「サッカーの帯北」の印象が根付いてしまい、野球は全くふるいません

昨年の秋に妻と2人で帯広の森で母校の応援に行って、非常に楽しかった思い出がまだ残っていますが、そのチームがひと冬越えてどう成長したか、僕は秘かに楽しみにしていました

今日の相手は強敵の帯広緑陽でしたが、見事に接戦に勝利し2回戦進出を決めたようです

わが母校である「帯広北高校」は1989年以来、22年間甲子園出場から遠ざかっています。今年は何とか久しぶりに、3度目の甲子園切符を掴んで欲しいと、OBとして切に願っています

そのためには、まずはこの十勝地区支部予選を勝ち抜かなかればなりません頑張れ、帯北野球部

さて話は変わりますが、今日僕はちょっとおもしろい出来事に遭遇しました

それは仕事から帰る途中の出来事です。僕は仕事を終えて、その足で某スーパーに立ち寄り、買い物をしていました

買い物をしている時から、何となく気になる男女がいました

それが「カップル」なのか、あるいは「夫婦」なのか、それは定かではありませんが、男性はスラっとした痩せ型のメガネをかけた、外見上は生真面目に見える風貌の20代後半ぐらいの感じでした

かたや女性は、男性とはまるで正反対の少しふくよかな体型をした方でした

そんな1組の男女が、なぜか僕が行く場所、行く場所に、必ずいるのです。さっきまでいなかったのに、どこからか現れて僕の視界に入ってくるんです

「また、この2人かよ・・・何かよく会うな」

そんな事を思いながら、僕は買う物を籠に入れてレジに並びました。すると、その男女も僕の隣りのレジに並びました。

僕が会計を済ませ、買ったものを袋に詰めて、出口に行こうとすると、それとほぼ同じタイミングでその男女も出口へ

「何だよ、また一緒かよ・・・何なんだよ」と、心の中で僕は思っていました。

そしてその男女が少し先に自動ドアを通過し、出口から外へ出て行こうとし、僕はそのすぐ後ろを歩いていました

すると女性の方が、何かパンフレットか何かに目が行ったのか、歩くのをやめて立ち止まったではありませんか

しかし男性の方はその事には全く気づいていないようで、1人で先に外へと出て行きました。そして、その男性のすぐ後ろを歩いていた僕もほぼ同時に外へと出ていきました。

そして外に出て少し歩いたその瞬間、男性はやや後方を歩く僕を、自分の連れの女性だと思ったのか、「でもさ、あれだよな」と、話しかけてきたのです

僕は咄嗟の事に何も言えませんでしたが、男性は何かを言いながら振り返りました

「そういえば、○☆※★□・・・・」

途中で、自分が話しかけていたのが女性ではなく僕だったという事に気づいて、言葉になっていませんでした(笑)

こうなると、もうその男性には「恥じらいの気持ち」しかありませんと同時に、どうやって“ごまかす”かという事で頭がいっぱいだったのでしょう

「そういえば、ラララ~♪」と、『何か自分は鼻歌を歌っていたんだぞ~』的なアピールを僕にしてきましたが、それにはかなりの無理がありました(笑)

僕は特に何の反応もせず、知らないふりをして、自分の車の方に急ぎ足で向かいましたが、その後、遅れてスーパーから出てきた女性に対して男性は何かを話していたようです

「まあ、あの状況なら、鼻歌でも歌ってごまかすしかないよね。」と、僕は心の中で思いました。

僕も実際そういう事はありましたから。そういう時って、素直に「すみません、間違えて話しかけてしまって・・・」とはなかなかなりにくいもので、大抵は何かしらの事でごまかすんですよね。

そのごまかし方も多種多様で、人それぞれでおもしろいかもしれません

同じ状況に、冬道などで1人で歩いていて転んだ時、これも困りますよね。一緒にいる人でもいれば笑ってごまかせるんですけど、1人は厳しい・・・

皆さんも、ごまかした立場、ごまかせれた立場、もしかしたらそれぞれご経験があるかと思いますが、あの気まずい瞬間って、何ともいえないものがありますよね

今日はちょっとした、日常生活の中でたまにある出来事について、お話させていただきました

明日は今日よりもさらに暑い一日になりそうですが、皆さんにとって素敵な一日になりまように

思いっきりプールに飛び込みたい、そんな気分の猫男爵でした

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生花> 6月26日

0626

「グロリオーサ」

花言葉は「栄光」です。

「グロリオーサ」はユリ科の蔓性多年草で、熱帯アフリカを原産地とします。葉は笹の葉状で、先端は巻きひげとなります。

花は黄色地に濃紅色またはオレンジ色で、花は細く大きく反転します。「グロリオーサ」の由来は、ラテン語の「栄光、立派」からきた名前です。熱帯地方の花らしく、燃え立つような華やかさがこの花にはあります。

|

« 赤い超特急! | トップページ | ワイルドライダー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ごまかすしかないよね。:

« 赤い超特急! | トップページ | ワイルドライダー。 »