« サバイバルな土俵! | トップページ | ロンドン・ゲーム♪ »

2012年5月20日 (日)

18年後に会おうぜ!

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

まずは昨日のブログでお話した大相撲夏場所「千秋楽」ですが、皆さんご覧になりましたか

琴欧洲のまさかの休場で、栃煌山が不戦勝となり3敗を死守した事で、4敗力士の優勝の芽は断たれ、3敗力士の結果しだいで「巴戦」という状況になりました

結果、稀勢の里は敗れ旭天鵬と栃煌山による史上初の平幕力士同士の優勝決定戦が行われ、旭天鵬が37歳での史上最年長での初優勝を飾りました

初土俵から苦節20年の初優勝に、旭天鵬は勝って花道を下がる時も、そしてインタビューを受けている時も涙を浮かべていました

旭天鵬はモンゴル出身力士ですが、既に日本に帰化しているので国籍は「日本人」という事になります。

これが、6年ぶりの「日本人力士の優勝」という扱いになるのかどうかはちょっと僕には分かりませんが、いずれにしても彼の優勝には見ている僕も思わずウルウルきてしまいました。本当におめでとうございました

朝青龍や白鵬といったモンゴル人横綱が誕生したのも、彼が先陣を切って大相撲の門を叩いたおかげだという事を忘れてはいけませんね

さて、相撲の話はこのへんにして、明日、日本では一大イベントがある事を皆さんご存知ですか?

そうですここ数日毎日のようにテレビや新聞で取り立たされている「金環日食」が見えるのが、明日2012年5月21日です

ただ、この「金環日食」が見えるのは関東から九州にかけての地域だけで、僕の住んでいる北海道では残念ながら「金環日食」は見る事ができません・・・

でも「部分日食」は見る事ができるので、今回はそちらの方で楽しむしかありません

そもそも「日食」とは何ぞや?という事ですが、「日食」とは太陽の手前に月が入る事で、太陽が欠けて見える天体現象で、月が太陽の光りの一部を隠すと「部分日食」、全体を隠すと「皆既日食」になります

今回注目されている「金環日食」は、月の見かけの大きさが太陽よりやや小さいために、太陽がリング状になる非常に珍しい現象です。ですから、みんなこぞってそれを見ようとしているのです

本当は僕も「金環日食」が見たいところですが、こればっかりはどうする事もできないので、北海道に住んでいる方は明日は「部分日食」を思う存分満喫しましょう

気になる明日の十勝地方の天気は「曇りのち晴れです。日食が始まる時間は午前6時33分、そして終わるのは午前9時20分です。太陽が最も欠けるのは午前7時51分という事です

肉眼や望遠鏡、あるいは双眼鏡で太陽を見る事は大変危険な行為です。またサングラスや下敷き等も使用は避けるようにと、各方面で呼びかけされていますので、皆さんもご覧になる時は専用の「日食グラス」をご使用ください。それがどこで手に入るのか、僕はイマイチ分かりませんけどね

明日は関東から九州の広範囲で「金環日食」を拝めるのですが、日本でこの「金環日食」を見る事ができるのは1987年に沖縄で観測できて以来実に25年ぶり、東京では173年ぶり、大阪では282年ぶり、名古屋では何と932年ぶりの事だそうです

そんな果てしない時代を超えた出来事ですから、きっと素晴らしい光景なんだと思います

「そんな珍しい出来事なのに、もう一生見れないのか・・・」と思った方、大丈夫です、ご安心を

次に日本で「金環日食」が見れるのは、2030年6月1日です。しかも今度は北海道でだけ見れるのです

2030年という事は、あと18年後ですね。その頃、僕は55歳か・・・そう考えるとまだだいぶ先の話に感じられます。その頃、このブログは何千回に到達しているのかな?

ちなみに東京で次に見れるのは300年後という事ですから、いかに希少な体験かが分かりますよね

18年後はおそらく、僕にとっても最初で最後の「金環日食」を見れるチャンスだと思いますので、絶対に見逃さないように今から心の準備を整えておきたいと思います

「金環日食」さんよ、18年後に会おうぜ!

今から数百年前に生きていた人が見た「金環日食」という現象を、遥かな時を超えてこの時代で見る事ができるのですから、何か凄くロマンチックなお話ですよね

「部分日食」とはいえ、明日の朝は何か楽しみでドキドキしてきました。もう少しで布団に入るけど、今日はすぐに寝れるかな・・・ワクワクして眠れないかも

皆さんにとって、明日は素晴らしい思い出に残る一日となる事を祈り、今日のブログを終わりにします

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生花> 5月20日

0520

「花菖蒲」(はなしょうぶ)

花言葉は「優雅な心」です。

「花菖蒲」はアヤメ科の多年草で、ノハナショウブを原種として日本で改良されたものです。

江戸時代から本格的に栽培され、現在では300を超える品種があります。葉は剣状で尖り、初夏の頃に美しい花を咲かせます。

|

« サバイバルな土俵! | トップページ | ロンドン・ゲーム♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 18年後に会おうぜ!:

« サバイバルな土俵! | トップページ | ロンドン・ゲーム♪ »