« 消えた・・・ | トップページ | 気がつけば32歳・・・ »

2012年4月22日 (日)

タイムトラベラー光~その壱~

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

時はリウグネス暦102年、西暦に置き換えると2545年、地球に生存する人類はさらなる進化をとげ、遂に「時空」を超えて移動できる「タイムワープ」の開発に成功したsign03

その開発にあたっていた「ノースジャスト社」の極秘プロジェクトでは、「時空瞬間移動システム」(Specetime Teleportation System)略して「STS」が、ある実験のもとで行われていたという事実はあまり知れ渡ってはいない。

そして、その実験の任務を遂行していたのは、ある1人の男shadowだった・・・

今日もその男は「時空」を超えて、歴史の目撃者となるべく「タイムワープマシーン」に乗り、過去の旅に出ていたshine

「グォーーー!!!」dash

どうやら、とある時代に「タイムワープマシーン」が到着したようですpaper

120414_211104

彼の名前は銀龍光(ぎんりゅう・ひかる)、「ノースジャスト社」の社員である光は、今日も「時空」を超え、過去の歴史の出来事を調査し、未来に住む人々に伝えるために旅を続けている。

人は彼のことを「タイムトラベラー光」、そう呼ぶのであったsign03

120414_210739

光:「こちら、銀龍です。司令室、応答願います。」

光のその呼びかけに対応したのは、司令室にいる女性オペレーターの園田ユリだった。

園田:「はい、こちら司令室の園田です。銀龍さん、そちらのコードナンバーと現在地の確認をお願いします。」

光:「了解goodこちらのコードナンバー203883、西暦1989年4月15日、現在地はこの時代の地理学で言いますと、北緯53度23分09秒、西経1度28分10秒、イギリスという国のシェフィールドというところですgood

園田:「異常はありませんか?」

光:「機器には異常ありません。タイムワープにより若干の頭痛がしますが、作業に支障はないのですぐに調査を開始しますgood

園田:「了解です。気をつけて調査してください。」

それではここからは、ブログpcをお読みの皆さんに話しかけていく事にしますが、既に私の事についてはお聞きしたと思いますので、自己紹介は簡略させていただきますconfident

私は「時空」を超えた存在です。つまり、この時代の人にとっては「宇宙人」のような存在です。よって、この時代の人に接触するには細心の注意が必要となります。私の言動ひとつで「歴史」が変わってしまう事もありますからbearing

そこで私どもの会社が開発した特殊な機器を使い、この時代の人と接触をする事を可能にし、歴史が変わらないように注意しています。それについては「極秘事項」なので教える事はできませんが、この時代で調査をする事が私の任務なので、早速それを遂行したいと思いますpaper

120414_214024

ここが今回の調査の目的地である「ヒルズボロ・スタジアム」です。今回の調査物件は「ヒルズボロの悲劇」です。

まだ周囲には人の姿はさほど見受けられませんが、かなり老朽化が進んでいるサッカーsoccerの競技場のように外観からは見えますeye

では、スタジアムの中に入ってみる事にしますgood

120414_213930

現在の時刻watchは午前11時30分、まだ入場ゲートが開いていないので、客席には人は目立ちません。ピッチ上では選手による試合前の練習が行われていますsoccer

ちなみに今日の試合は、FAカップ準決勝の「リヴァプール」対「ノッティンガム・フォレスト」の戦いですpaper

選手の向こう側に見えるスタンドが今回問題となる「事故」が起きた場所ですpaper

「レッピング・レーン・エンド」と呼ばれるそのスタンドは、ご覧のように上段と下段の2層に分かれており、下段は全て「立見席」になっています。

正午をまわり、スタジアム内にサポーターが入場してきたので、私も「レッピング・レーン・エンド」の方に移動してみる事にしますconfident

数時間後・・・

ただ今、午後2時30分を過ぎましたwatch。試合開始まで30分を切り、スタジアムはかなりの観衆で賑わってきました。私がいる「レッピング・レーン・エンド」もリヴァプールのサポーターで混雑してきましたfull

どうやら入場ゲート付近で、警官達とサポーターの一部がもみ合いimpactになっているという情報が入っていますが、ここからは確認できません。

午後2時45分ですwatch試合開始15分前となりました。どうやら、入場ゲート付近で入場できないリヴァプールのサポーターが溢れており、現場の警官から「試合開始時間を遅らせるように」という要請があったようですが、警備本部はそれを却下したようですpaper

午後2時50分になりましたが、今僕のいる場所の下に位置する第3・第4ブロックの「立見席」に、先程入場できずにいたサポーター達が一斉に入ってきましたsign03

これはどういうことでしょうか?既にそこは満員の観客でほぼ埋め尽くされているはずなのに・・・

どうやらこの措置は、入場できないサポータ達の暴徒化を恐れた警官達が、退場者専用のゲートを開けて、そこから入場させた事によるもののようですpaper

しかし、これではあの場所の収容人数をかなり超えてfull、危険な状態になるように思われますsign03

午後2時52分ですwatchかなりの人が押し寄せ、既に“寿司詰め”状態ですbearing。一部の観客は密集度の低い、第1・第5ブロックの方に避難していますし、フェンスをよじ登り、私達のいる上段へ来ようとする人の姿も見受けられますeye。これは非常に危険な状態になってきましたdanger

私自身も身の危険を感じるので、一旦安全な場所まで避難しますpaper

数分後・・・

ただいま午後3時watchになり、ピッチでは予定通り試合開始のホイッスルが鳴らされ、試合soccerが始まっているようですが、第3・第4ブロックは依然と大変な状態ですsign03

次から次へと押し寄せる人の波で、最前列にいる観客はフェンスに圧迫されて気を失っている方もいますし、逃げ場を失ったためフェンスを登り、ピッチ側に逃げようとする方もいますが、警官隊によりそれを阻止されていますbearing

これは大至急何らかの措置を取らなければ、大変な事態になりますsign03

午後3時4分ですwatch遂に密集により圧がかかった鉄柵が崩壊downし、第3ブロック内で“将棋倒し”が起きていますsign03人が押しつぶされていきますbearing

「あっ!危ない!逃げろ!」

すみません、第3ブロックにいた人達がフェンスを登り、私達のいる上段に駆け上がってきたために、私達も非常に危険dangerな状態になり、今逃げてきたところですrun

15時6分ですwatch試合が中止されました。あまりの事態に、もはや試合どころではありませんcoldsweats02

ここからではよく確認eyeできませんが、第3ブロックではかなりの人が気を失いdown、嘔吐や失禁している人の姿もいるようです。一刻も早く、救急隊を動員しなければなりませんbearing

15時12分ですwatchようやくピッチ側にあるフェンスが撤去され、救出が始まりましたpaper。私達も今、身動きは取れない状態で、ただここでその状況を見守るしかありません・・・

救急隊はまだ到着していないようで、警官やサポータ達により、人工呼吸や心臓マッサージが行われていますが、かなりの数の負傷者が出ている模様ですsad

15時20分ですwatchようやく救急隊が到着したようです。しかし既に、ピッチの上にはかなりの負傷者が横たわっています。ピクリともしない人も多数見えますbearing

16時10分ですwatch私達もやっと身動きが取れる状況になりましたが、かなりの惨劇になっています・・・

原因は、収容人数を超えたサポーターを無理に入場させた事が最大の要因に思えますが、スタジアムじたいの「安全管理体制」にも問題があるように見受けられます。

結局、この事故によって犠牲になり命を落とされた方は96名・・・さらに766名の方が重軽傷を負いましたhospital

この事故の前から問題となっていた、「フーリガン」という暴徒化するサポータ達の行動も要因にあげられましたが、この惨劇にはそれよりも警備側の観客誘導に不手際があったのではないかと推測されますthink

この事故以降、イギリス国内のサッカースタジアムでは安全管理が徹底され、「立見席」を廃止して全面的に「椅子席」にしたり、フェンスを撤廃するなどの改善が決定されましたpaper

この事故の惨さを忘れないためにも、「ヒルズボロ・スタジム」の前には、記念碑が建てられているようですが、それは司令室に連絡して写真を送ってもらう事にしますcamera

光:「司令室、こちらは銀龍ですが、応答願います!」

園田:「はい、こちら司令室の園田です。どうされましたか?」

光:「ヒルズボロ・スタジアムの前にある記念碑の写真を送っていただけませんか?」

園田:「はい、了解しました。すぐに送信しますので、お待ちください。」

数分後・・・

120414_214044

こちらが「ヒルズボロの悲劇」の記念碑です。96人の亡くなった方のご冥福を心からお祈り致しますconfident

1989年4月15日、「ヒルズボロの悲劇」の調査をこれで終了しますpaper

それでは私はこれより「タイムアウト」して帰還する事にしますが、また皆さんにいつかどこかでお会いしましょうconfident

120414_210805

こうして、タイムトラベラー銀流光は無事に調査を終え、再び2545年の世界へと帰って行ったdash

さあ、いかがでしたか今日からスタートした新シリーズ企画「タイムトラベラー光」、楽しんでいただけましたかhappy01

「どこかでこんな番組見た気がするな・・・」と思った方、それはきっと気のせいですcoldsweats01。決して、NHKで要潤が調査員として「タイムワープ」しているあの番組ではありませんからねsmile

かなり類似しているところはありますが、これはあくまでも僕の妄想シリーズですflair。なので、当然のごとく出て来る個人名や名称等は全て架空のものでフィクションですpaper

不定期ではありますが、このシリーズ企画はこれからもちょくちょくやっていきますので、楽しみに待っていてくださいねwink

皆さんも「時空」を超えて、「タイムワープ」してみませんか?

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生花> 4月22日

0422

「小手毬」(こでまり)

花言葉は「優雅、品位、努力する」です。

「小手毬」はバラ科の落葉小低木で、原産地は中国です。古くから日本で観賞用に栽培されており、春になると「ユキヤナギ」に似た白色の小花を多数球状につけます。

名前の由来は、白い小さな花の塊を「手毬」に例えて付けられました。19世紀の初めに伝わったヨーロッパでも、優雅で明るい雰囲気から愛されています。

|

« 消えた・・・ | トップページ | 気がつけば32歳・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/44973005

この記事へのトラックバック一覧です: タイムトラベラー光~その壱~:

« 消えた・・・ | トップページ | 気がつけば32歳・・・ »