« NECO’S キッチン♪30 | トップページ | 役者揃い踏み! »

2012年4月 3日 (火)

未来の携帯電話。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

いや~まさかの大雪snowですsign03「4月」だというのに、何ですかこれはsign02

「台風typhoon」並みの勢力で日本列島を横断中の爆弾低気圧の影響で、今日は道内でも大荒れの天候が続いていますdespair

皆さんの住んでいる地域では今どんな状態ですか、僕の住んでいるところは「雪」がやや「みぞれ」に変わりつつありますが、それにしても4月にしてはこの降雪量は異常です・・・

夜中には気温が上昇しuprainに変わるというのですから、これもまた異常な現象ですよねdespair。明日の朝起きたら、いったい外はどんな感じになっているのでしょう・・・

さて、今では「一家に一台」どころか「一人に一台」となった「携帯電話mobilephone」、日常生活の中でこの存在はなくてはならないものになりましたconfident

まだ「携帯電話」が普及していない時代の事を考えると、よく生活できていたな~と思ってしまいますが、その時は「携帯電話」などなくとも何不自由なく暮らせたわけですから、これは人間が“便利さ”というものの上であぐらをかいている証拠かもしれませんねconfident

とはいっても「携帯電話」がある以上、こんな便利なものを使わない手はありませんpaper。僕も「携帯電話」を持ってかれこれ15年以上になりますが、その15年の間には「携帯電話」も大きく進化を遂げてきましたshine

最初はただ純粋に通話をするだけの機能だったものが、音楽noteが聴けるようになり、写真cameraを撮れるようになり、今ではパソコンpc並みの機能が搭載されています。

今や「携帯電話」が一台あれば、何でもできる時代に変貌を遂げたのですshine

しかしこの「携帯電話」、これから何十年後かの未来では、どんな事になっているのでしょうか?今日はそんな未来の「携帯電話」について探ってみたいと思いますhappy01

実はこのたび、アメリカのある研究者shadowが、歩くだけで「携帯電話」を充電するという方法の研究を進めているという記事を目にしました。

「携帯電話」にとって充電というものは必要不可欠ですpaper。どんなに便利なものでも、バッテリーが切れてしまうと、宝の持ち腐れですcoldsweats01

今は緊急用の電池式充電器や、車内専用の充電器など、充電に対する商品も増えていますが、それでも「あっ!まずい電池あと1つになった・・・」と声をあげてしまう事は、皆さんもご経験があるかと思います。

そこで気になるのが、歩くだけで充電できるという方法ですsign03

これはどういう事かと申しますと、「ナノテクノロジー」技術を使った充電方法ですshine

「ナノテクノロジー」とは、原子や分子といった極めて小さなレベルで作業を行い、原子や分子を色々組み立てて新しい物質を作る事ですpaper

今回の研究では「パワーフェルト」という素材を使い、微小な「カーボンナノチューブ」を合成樹脂繊維に閉じ込め、温度の変化を利用して充電するという方法ですup

簡単に言えば、「パワーフェルト」を張り付けた「携帯電話」を手に持ったり、ポケットに入れたりして歩くと、体温が気温よりも上昇してup温度変化が生じ、その熱を吸い上げて電力に変換するという仕組みですgood

この仕組みを利用すれば、フル充電とまではいかずとも、バッテリーの持ち時間を1~2時間程延ばすことができるそうですgood

まだこの研究は実用化できるまでの段階ではないそうですが、実用化にむけて今後も取り組んでいくそうですconfident

実現化すれば、未来では充電方法がもしかすると変わっているかもしれませんねpaper

実際には今、携帯電話に限らずあらゆ電力のために太陽のエネルギーを利用する「太陽光発電」が盛んに行われているので、「ソーラーパワー」を使った充電と言うのが一番現実的な話かもしれませんhappy01

そしてさらにもっと驚くのは、未来の携帯電話は「体内埋め込み型」になるという説ですsign03

この説を唱えるのは、レイ・ハモンド氏という人物ですshadow

彼によれば、未来の「携帯電話」は複数の分野に分かれるそうですpaper

例えば、画面の代わりに眼鏡eyeglass、音声を聞くのにはイヤリングear、さらには携帯電話の本体には人工知能を駆使して、使うユーザーのニーズに対応して、情報を整理してくれるような機能も組み込まれるそうですnote

そうなれば、「インターネットpc」などという言葉も、未来からは消えているかもしれませんconfident

そしてさらに進化が進めば、「携帯電話」の機能じだいが体内に埋め込まれるような、そんな時代が、未来の世界ではやってくるかもしれないとの事ですpaper

まあ、その頃僕は生きてはいないと思いますがcoldsweats01、100年後、200年後の未来の携帯電話はいったいどんな事になっているのでしょうかねcoldsweats01

その前に、その頃は「携帯電話」という存在じたいが消滅し、過去の遺物として博物館などに展示されているかもしれませんねcoldsweats01

「携帯電話」に限らず、未来の世界はどんな世界になっているのか、タイムマシーンがあれば一度見に行ってみたいものですconfident

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の名字しりとり> 4月3日

0403

「ゼラニューム」

花言葉は「決心、安楽、追憶、友情」です。

「ゼラニューム」はフウロソウ科の常緑多年草で、南アフリカを原産地とします。丈夫で育てやすく、しかも美しいので、昔から人気のある花です。

「右手にパンを持ったら、左手にはゼラニュームを持て。」という諺もあり、ゼラニュームは心の糧を表しています。

|

« NECO’S キッチン♪30 | トップページ | 役者揃い踏み! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/44743039

この記事へのトラックバック一覧です: 未来の携帯電話。:

« NECO’S キッチン♪30 | トップページ | 役者揃い踏み! »