« 他のお客様のご迷惑にならないように・・・ | トップページ | NECO’S キッチン♪31 »

2012年4月16日 (月)

そして誰もいなくなった・・・

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日は昨日の暖かさとは違い、やや肌寒い一日でしたねbearing。しかし、ここにきて積雪snowもほとんどなくなり、タイヤ交換や冬物の後片付けなど、いよいよ本格的な「春」の準備がやってきましたねpaper

そんな昨日、僕はが審査員を務める北海道犬dogの展覧会に朝から手伝いに行ってきましたhappy01

全国各地で開催される犬の展覧会は、道内でも各支部で年に数度は開催されるようになっていますshine

協会に登録している会員は年々高齢化が進み、なかなか若い会員が増えなくて困っていると、以前父が言っていましたが、ここ数年は「ソフトバンクmobilephone」のCMでお馴染みの「お父さん犬dogの活躍のおかげで、北海道犬の人気が上昇しup、若い方でも会員登録する人が徐々に出てきたそうですwink

主催する側も高齢化が深刻な問題で、人手不足という事もあるので僕は毎年、予定が空いていれば手伝いとして参加していますgood

昨年は東日本大震災の影響で、展覧会を自粛した経緯があり、今年は2年ぶりの開催となりましたconfident

120415_131524

今回も道内各地から約50匹近い犬達dogと飼い主が集まり、各クラスで優勝を競い合いましたcrown

120415_092220

その中でもやはり近年目立つのが、「白い犬」の増加ですup。「お父さん犬」の人気が著しく現れている結果ですpaper

昨日は朝方こそやや寒かったですが、陽sunがさしてくると徐々に気温も上昇し、非常に過ごしやすい一日でしたhappy01。一日中外にいた僕は、おかげで軽く日焼けしてしまいましたcoldsweats01

120415_093327

犬の展覧会には「個体審査」と「比較審査」の2種類があります。そしてそれを総合して順位が付けられますpaper

「個体審査」は犬の体型、顔の形や輪郭、あるいは歯型などの犬じたいの容姿、そして気性などの精神面などを個別に審査しますeye

そして「比較審査」は、同じぐらいの年齢別に分かれた犬達が集まり、一斉に列をなして歩きます。そこで、歩き方や気性などを他の犬と比較しながら審査しますeye

僕のような素人目には、どの犬が良くてどの犬がダメなのかさっぱり分かりませんが、目の肥えた審査員になると「一目瞭然」のようですconfident

120415_093958

犬達の中には、まだ生後1年未満の「仔犬たち」も参加していますdog。仔犬の側には家族と一緒に来た小さな女の子の姿もありましたhappy01

「仔犬」と「子供」がじゃれあう姿は見ていても凄く可愛いかったですhappy02

昨日は朝8時から展覧会が始まり、終わったのが午後3時でしたcoldsweats01。年に一度の事とはいえ、非常に疲れましたsweat01。でも、たくさんの犬達を見て凄く元気をもらえた、そんな一日でしたconfident

10日程前になるでしょうか、実は僕の実家で飼われていた最後の愛犬「クラッシャー」が突然この世を去りました・・・まだ9歳という若さでしたが、心臓発作で急逝しましたweep

たまたま僕が実家を訪れた時、まだ僅かに息があったのですが、その数時間後に天国に旅立っていきました・・・

何度この辛い光景を目の当たりにした事でしょう・・・最後に僕に見せた「クラッシャー」の顔が今でも頭から離れませんdespair

前日まではピンピンして元気だったのに、人間と同じでいつどこに「悲しい運命」が待っているか分からないものですねbearing

翌日僕は仕事が休みでしたので、「クラッシャー」をペット霊園に連れて行きました。

「クラッシャー、天国でみんなと元気で暮らせよ・・・」

そんな事を思いながら手を合わせていると、思わず涙が溢れてきましたweep

ペット霊園からの帰り道、僕は「クラッシャー」との思い出を色々と思い出しながら帰路へとつきました。

そして誰もいなくなった・・・

とうとう僕の実家には愛犬が一匹もいなくなりましたbearing

僕が幼少の頃には最大14匹という大所帯だった犬小屋も、今では静まりかえっています。僕が生まれてから37年、これは初めて見る光景ですpaper

僕の父も年老いてきたし、そろそろたくさんの犬の世話をするにも限界がきているので、良い引き際なのかもしれませんconfident

今までたくさんの思い出と愛情をくれた、たくさんの犬達に本当に感謝していますconfident。僕は犬が大好きです。でも、生ある限りいつか必ず別れがきますbearingそれが辛くて、犬を飼うのは嫌な時期もありました。

ですから、僕の実家に犬がいなくなって寂しい反面、どこかホッとしている部分もあります。「もう辛い思いはしなくていいんだ」という、そんな気持ちがあるからです。

我が家の最後の愛犬の本名は北悠凰(ほくゆうおう)、平成14年11月15日生まれの血統書付きの名犬でしたdog

Dvc00016

「天国でみんなと仲良く過ごすんだよ、北悠凰」

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生花> 4月16日

0416

「スノーフレーク」

花言葉は「純潔」です。

「スノーフレーク」はヒガンバナ科の多年草で、南ヨーロッパ地方原産の観賞用植物です。「スイセン」に似た球根を持ち、根生葉も「スイセン」に似ていることから、和名を「スズランスイセン」と言います。

ちなみに「スノーフレーク」とは「雪片」という意味だそうです。

|

« 他のお客様のご迷惑にならないように・・・ | トップページ | NECO’S キッチン♪31 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/44907052

この記事へのトラックバック一覧です: そして誰もいなくなった・・・:

« 他のお客様のご迷惑にならないように・・・ | トップページ | NECO’S キッチン♪31 »