« そして誰もいなくなった・・・ | トップページ | 食わず嫌い。 »

2012年4月17日 (火)

NECO’S キッチン♪31

こんばんにゃ~ 北の猫男爵です

今日も昨日に引き続き、非常に肌寒い一日となりました。夕方からは小雨もしぶしぶしてきて、春の暖かさとは程遠い天候となりました。今週いっぱいは、すっきりしない空模様になりそうですので、風邪などひかないように気をつけてくださいね

さて、そんな今日は、久しぶりにお馴染みのあのシリーズ企画をお送りしたいと思います

皆さんは毎朝、『MOCO’S キッチン』はご覧になっていますか?通勤などで時間的に見れない方もきっといると思いますが、でも大丈夫です見れなかった分、この『NECO’S キッチン』で楽しんでください

俳優速水もこみちさんへの憧れから、昨年6月にスタートしたこの「料理企画」ですが、今日で何と31回目を数えます。という事は、これまで「30種類」のオリジナルレシピをご紹介してきたという事とですね

我ながら、ここまでよく続いていると思います。元々、料理をする事じたいは嫌いではありませんでしたが、そんなに頻繁に料理をした経験がなかったので、に手ほどきを受けながら、合間を見て何とかやっています

今日も、皆さんに楽しんでいただけるように頑張っていきますので、どうか宜しくお願い致します

それでは例の合言葉でスタートしましょうせ~の「料理は想像から生まれる娯楽」です

<NECO’S キッチン> ~第31回~

皆さんこんばんは、猫男爵です。今日も楽しく料理を作っていこうと思いますので、宜しくお願い致します。さあ、今日はいったいどんなメールが来ているのでしょうか

猫男爵:今日ご紹介するメールは、ペンネーム「ホワイト&ホワイト」さんからです。何でしょうかね?「歯みがき好き」な方なんでしょうかね。それはさておき、「ホワイト&ホワイト」さんからのリクエストをご紹介しましょう

ホワイト&ホワイトさん:はじめまして、僕は28歳の歯科医です。僕は無類の「麺好き」で、休みの日となれば、「ラーメン」や「パスタ」、あるいは「そば」に「うどん」と、あらゆる麺を食べ歩きしています。でもなかなか美味しい「焼きうどん」に出会えません。なので、自分で作ってみるのですが、それもうまくいきません。どうか猫さんのお力を借りたいと思いますので、美味しい「焼きうどん」レシピをぜひ教えてください

猫男爵:なるほど、歯科医なので「ホワイト&ホワイト」でしたか。それにしても、かなりの「麺好き」の方のようですね。では、今日はそんな「ホワイト&ホワイト」さんのために、美味しい「焼きうどん」を作っていきましょう

<材料> 白菜、人参、玉ねぎ、長ねぎ、魚肉ソーセージ、うどん(乾麺)、鰹節、卵、塩コショウ、お好み焼きソース、サラダ油、以上です

NECO’Sキッチン♪31

まずは具材の用意からです。最初に「玉ねぎ」を細切りに、「魚肉ソーセージ」はひと口サイズに切り分けます。

NECO’Sキッチン♪31

次に「人参」「白菜」「長ねぎ」という野菜たちをそれぞれお好みの形に切り分けます。食べやすいように小さなサイズに切るのもポイントですが、あまり小さくし過ぎると食感を楽しめなくなるので、適度の大きさに切り分けてください

NECO’Sキッチン♪31

次に、乾麺の「うどん」を沸騰した熱湯の中にいれて茹でます。

NECO’Sキッチン♪31

「うどん」を茹でている間に、先程切った具材をサラダ油を敷いたフライパンに入れて、塩コショウで味を調えながら炒めます

「うどん」が茹で上がったら、水でよく洗い、水気を吸い取ったのち、フライパンの中に入れます。

NECO’Sキッチン♪31

具材と「うどん」をよく絡ませながら炒め、ある程度具材と絡み合ってきたところで、お好み焼きの「ソース」を入れて、さらによく絡ませていきます

「うどん」に具材と「ソース」の味がよく絡み合ったら、火を止めて盛り付けます

NECO’Sキッチン♪31

最後にお皿に盛り付けた「うどん」の上に「半熟卵」を乗せて、さらに「鰹節」をまぶせば完成です

NECO’Sキッチン♪31

「猫風、半熟卵の焼きうどん」の完成です今日はこれで決まり!

NECO’Sキッチン♪31

「半熟卵」を割って「うどん」と絡ませて食べると、何とも言えない幸せな気持ちになります

今日リクエストをいただいた「ホワイト&ホワイト」さんも、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか

次回の『NECO’S キッチン』も、どうぞお楽しみに

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生花> 4月17日

0417

「大飛燕草」(おおひえんそう)

花言葉は「私の心を読んで下さい、信頼、軽快」です。

「大飛燕草」はキンポウゲ科の多年草で、中国北部を原産地とします。夏の暑さに弱いため、日本では秋蒔きの越年草として古くから栽培されています。園芸店では「デルフィニウム」の名前で売られています。

|

« そして誰もいなくなった・・・ | トップページ | 食わず嫌い。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NECO’S キッチン♪31:

« そして誰もいなくなった・・・ | トップページ | 食わず嫌い。 »