« NECO’S キッチン♪28 | トップページ | それぞれの想い。 »

2012年3月10日 (土)

奇跡的な結果!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

3月に入り、高校schoolの卒業式が行われ、そして間もなく中学校の卒業式が行われる時期がやってきますconfident

「15の春」それは、進学と共に訪れる「友人」との別れ、「恩師」との別れ、まさに旅立ちの瞬間でもありますnote

そんな卒業式を前に、今週は高校入試が6日の火曜日に行われましたpencil。受験生にとっては、この結果が自分の将来を左右することもあるので非常に大切な試験ですbell

僕自身は高校は推薦入学だったので、この高校入試というものを経験したことがありませんでした。

そこで昨年僕は、遥か昔の中学生の気持ちに戻り、「36の春、猫男爵の高校入試」という題名で、新聞に掲載された実際の入試問題を見ながら、試験を受けてみましたhappy01

しかし結果は散々な結果でしたsad・・・

300満点中の112点という結果でしたbearing。まあ、これが今の自分の学力だと思うことにして、その気持ちは胸の中にしまっておきましたconfident

そしてそれから1年が経ち、またこの日がやってきましたsign03

『昨年のリベンジだ!』と意気込み、昨年に引き続き今年も高校入試に実際に挑んでみることにしましたscissors

今年のお正月に、書き初めで書いた漢字1文字は「挑」でしたpencil。まさに今回のテーマにピッタリですshine

120309_230956

今年も新聞に掲載された実際の入試問題を解きますpencil。各教科60点満点で5教科合計の300満点ですbell。制限時間clockは各教科45分、もちろん何かを見たり調べたりすることは禁止dangerの、ガチの試験ですpaper

昨年から1つ歳を取っているので、当然「脳」の老化も少しは進んでいるはずですし、特に普段何かを勉強をしているわけではないので、極端な得点UPは望めませんが、昨年よりは少し点を上げることを目標に頑張ってみましたwink

まずは1教科目の「国語」からですpaper

「国語」は問題を良く読んで集中すれば解けないことはありませんgood。問題なのはその読解力です。それさえちゃんとクリアできれば、それなりの点数が取れる自信はありましたscissors

そして結果は「33点」でした。まあ半分は取れたので、1教科目としては上々の滑り出しですnote。ちなみに昨年の「国語」の点数は38点でしたので、若干ダウンですdown

次は2教科目の「数学」です。僕が最も苦手とする教科です・・・これを何とかクリアしなければ、昨年以上の成績を期待することは不可能ですsad

僕はこの「数学」に関しては集中力をかなり高めて挑みましたup

しかし、図形問題や証明問題はやっぱり難しい・・・『中学生の時によくこんな難しいことを勉強していたな~』とつくづく感じさせられましたbearing

「数学」の結果は何と「16点」でしたcoldsweats01。それでも昨年よりは3点UPですup。いかに僕が「数学」が苦手かということがよく分かりますよねhappy01

さあ、次はいよいよ僕が最も得意とする「社会」ですshine

この「社会」は昔から大好きな教科で、この教科だけは僕は常に学年で1番か2番の成績をおさめていた科目ですscissors。それだけにこの教科で得点を下げることだけは、僕のプライドが許しませんsign03

問題を読んでいくと、意外と簡単に解いていけることができ、非常に好感触でしたnote。自分の中では結構な点数が取れた感覚がありました。

そして、答え合わせをしたその結果はsign03

120309_231128

「40点」でしたshine。僕の中では「50点」は欲しいところだっただけに少し残念です・・・それでもこの「40点」は、今回の5教科の中での最高点ですpaper。ちなみに昨年の「社会」は「35点」でしたので、5点UPですup

少し休憩をして脳を休ませた後、4教科目は「理科」です。「文系」を得意とする僕にとっては、この「理科」も「数学」同様に苦手な教科の1つですsad

実際に問題を解いていくと、非常に難解な問題にぶつかってばかりで、なかなかペンが進みません・・・

120309_231030_2

『あ~あ、これ習ったな・・・なんだっけな~』と思うものもあれば、『こんなの習ったかな?記憶にないぞ・・・』と愚痴を零したくなるような問題もたくさんありましたcoldsweats01

それでも頭を悩ませながら一生懸命に答えたのですが、結果は予想以上の最悪な結果でしたdespair

何と・・・「理科」は「16点」でした。それでもこちらも昨年は「9点」でしたので、7点UPですup

最後の5教科目の「英語」の時間にもなれば、37歳の脳はもう限界に近い極限状態ですsad。思考能力がない中、気合いで「英語」に挑みましたgood

120309_231045

しかし問題を読めば読むほど、頭を抱えるだけですbearing。そのうちイライラ感も募り、『もういいや、あきらめよう・・・』という気持ちが心の中に溢れだし、僕は「挑戦」という気持ちと「諦め」という気持ちの狭間で葛藤をしばらく続けましたbearing

それでも最後まで試験には挑み続け、ようやく長かった225分の戦いに終止符が打たれましたpaper

120309_231143_2

気になる「英語」の結果は何と・・・「7点」でした。笑ってくださいcoldsweats0110点満点でないですよ、60満点中の7点ですから(笑)ちなみに昨年の英語は「17点」でしたので10点ダウンですdown

こうして意識が朦朧とする中、今年も無事に5教科の入試を終えることができましたpaper 

120309_231210

得意な教科、不得意な教科がはっきりと点数に表れた今回の入試でしたが、気になるのはその合計点数ですpaper

300点満点ですから、せめて半分の「150点」ぐらいは超えたいところですが、感触的にはそれを超えるだけの感触は皆無に等しかったですcoldsweats01

それでは今年の合計点数を発表したいと思いますbell

猫男爵、37歳の今年の高校入試の合計点数はsign03

120309_231257

300点中112点でしたbearing。やっぱり目標の「150点」超えはなりませんでした・・・

そしてこの後、驚く事実が判明しましたsign03この「112点」という点数は、何と昨年の合計点数と全く同じ点数だったのですsign03

この奇跡的な結果には、自分でもかなりのビックリでしたhappy02

1年経っても、上がりも下がりもしていない僕の脳、まあ良しとしますか(笑)

来年もこの高校入試に挑戦するかどうかはまだ分かりませんが、気力が残っていればぜひチャレンジしてみたいとは思っていますcoldsweats01。その時は「112点」をせめて超えれればとは思っていますpaper

皆さんもぜひ昔を思い出し、高校入試問題に挑戦してみてはいかがですかhappy01

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生花> 3月10日

0310

「昇り藤」

花言葉は「あなたは私の心に安らぎを与える」です。

「昇り藤」はマメ科の観賞用の多年草で、北アメリカを中心に約300種が存在します。花は総状に配列し、紫色や白色の花を咲かせます。藤の花を逆さに立てたような外見から、「昇り藤」という名前が付けられています。ヨーロッパでは「ルピナス」とも呼ばれ、豆を夫婦で食べると愛情が増すといわれています。

|

« NECO’S キッチン♪28 | トップページ | それぞれの想い。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/44445013

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡的な結果!:

« NECO’S キッチン♪28 | トップページ | それぞれの想い。 »