« 巨人の「18番」。 | トップページ | NECO’S キッチン♪25 »

2012年2月10日 (金)

豚丼王国は夢の国!

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今日2月10日は「何の日」か皆さんご存知ですか?あまり全国的には知られていませんが実は「豚丼の日」ですshine

この「豚丼の日」は食品メーカーのソラチが「豚丼をもっと多くの人に知ってもらおう!」という事で日本記念日協会に申請し、2010年2月1日に正式登録され、現在その普及活動を行っている最中ですbell

「豚丼」といえば、ご存知「帯広の名物」ともいえる逸品ですshine。この美味しさをもっともっと多くの人に知ってもらいたい、その気持ちは「豚丼先生」と呼ばれる僕ももちろん同じですhappy02

_11

食欲をそそる、甘辛のタレがかかった柔らかい「豚肉」と「お米」との相性は抜群ですscissors。今でこそ、この「豚丼」は全国的にも知られるようになりましたが、僕が大学生の頃、つまり今から20年程前は、同じ北海道出身の人でもこの「豚丼」の存在を知らない人もたくさんいましたbearing

そのことに、実は僕はかなりショックを受けた事もありましたdown

僕のように幼い頃から「十勝」で育った人間は、「豚丼を食べる」ということはごく普通の当たり前の事でしたpaper

お店に行って食べる事ももちろんありましたし、家庭の食卓に「豚丼」が出る事も日常茶飯事でしたhappy01

なので、それはどこでもみんな普通の事なのだと思っていました。しかし、高校を卒業して札幌の大学に進学して、その「豚丼」の知名度の低さに落胆しましたsad

友達shadowとの会話の中で、「好きな丼ものは何丼」みたいな会話になり、僕は迷わず「豚丼」と答えましたscissors。すると、周りにいた数人の友達はみんな口を揃えて『何、それ?』と言うのですsign03。僕は最初、みんな冗談で言っていると思いましたが、それが本当に知らないという事がわかり、驚きを覚えた事を今でも記憶していますcoldsweats01

その後、僕はその友人の1人shadowを家に招き、「豚丼」を自ら作りふるまいましたrestaurant

『これが豚丼っていうんだ!』とその友人は、初めて見るものeyeにビックリしていましたが、口に入れた瞬間に『旨い!』と大喜びしてくれましたhappy02

その後も、「豚丼」を知らない友人たちに「豚丼の良さ」を色々と話して、「豚丼」というものをある程度は浸透させる事には成功しましたscissors

そんな昔の思い出を「豚丼の日」の今日、ふと思い出しましたconfident

今でこそ「豚丼先生」と呼ばれる僕ですが、若い頃にはそんな苦い経験と、「豚丼」の知名度を広げるための普及にも励んでいたのですconfident

僕が生まれ育った十勝、大地の恵を受ける十勝は「スイーツ王国」としても知られていますhappy01。しかし、僕の中では十勝は「豚丼王国」なのですshine

これから万が一、全国各地で「豚丼」を“ウリ”にする地域が出てきたとしても、僕は自信を持って「十勝・帯広が豚丼王国だ!」と胸を張って言えますgood。それだけの「歴史」と「伝統」がありますし、何よりも他では真似のできない「美味しさ」というものがありますからhappy01

帯広そして十勝には、数え切れない程の「豚丼専門店」が存在しますrestaurant。専門店でなくても、「焼肉店taurus」や「とんかつ屋さんpig」、あるいは「居酒屋beer」などでも「豚丼」を食べる事ができますscissors

どこで豚丼を食べても思う事は、『本当に豚丼のあるこの十勝に生まれて良かった!』という事ですconfident。僕にとって慣れ親しんだ「豚丼」の味は、いつも一緒にいる家族のようなものですpaper

これから死ぬまでの間に、何百回、何千回と「豚丼」を口にすると思いますが、何度食べても飽きないその味には、いつも自然と笑みが零れてしまいますhappy02

まさに僕の住む十勝は「豚丼王国」、そして僕にとってその「豚丼王国」は夢の国ですsign03

今日は「豚丼の日」を記念して、豚丼先生が自分の舌で味わった「帯広の美味しい豚丼」ベストfiveを発表したいと思いますcrown

これはあくまでも僕個人の感想ですので、ランキングには不満もあるかと思いますが、そのへんを考慮の上、ご参考にしてみてくださいconfident

five位 「たむら」

four位 「ぶたいち」

three位 「遊美館」

two位 「かかし」

one位 「いっぴん」

ちなみに今僕が気になっているお店が1つありますshine。そこは「ぶた屋」という豚丼専門店なんですが、近いうちに行ってみたいとは思っていますpaper

もう既に僕のお腹は、完全に「豚丼」に制圧されちゃっていますhappy02。これは、今すぐにでも食べにいかなきゃsign03

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の誕生花> 2月10日

0210

「豌豆」(えんどう)

花言葉は「永遠の悲しみ」です。

「豌豆」はマメ科の一年生または二年生の作物で、全世界に分布する主要作物の一つでもあります。春になると紫色、紅色、白色のスイートピーに似た花を咲かせ、種子は食用として使われています。ちなみに、この「豌豆」は新石器時代から利用されていたという記録がある古い植物です。

|

« 巨人の「18番」。 | トップページ | NECO’S キッチン♪25 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/44021967

この記事へのトラックバック一覧です: 豚丼王国は夢の国!:

« 巨人の「18番」。 | トップページ | NECO’S キッチン♪25 »