« 『アフタースタイル』~カット2~ | トップページ | 謎が多い、痛い遺体・・・ »

2012年1月17日 (火)

佐々木リーダー説。

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

僕には以前から「気になっていたこと」がありますflair

これから話すことは、きっと僕の周りや、僕がたまたま見たことで“偶然”が重なっているだけなのかもしれませんが、どうしても僕は気になるので今日お話しますpaper

スポーツ競技、中でも特に「団体競技」においては、1つのチームを引っ張るリーダーが必ず必要となりますpaper。そういう人のことを「主将」や「キャプテン」とも呼びます。

チームにとっては非常に重要であり、そして大きな役目を果たす「キャプテン」ですが、その「キャプテン」に「佐々木」という名字が多いと感じるのは僕だけでしょうか?

これは先程も話したように、ただたんに僕の周りにそういうケースが多かったり、僕が勝手にそう決め付けているということもあるのかもしれませんが、僕個人的には以前からそう感じていますconfident。これを僕は「佐々木リーダー説」と名付けていますshine

そこで今日は、僕が提唱する「佐々木リーダー説」について、幾つかのケースをご紹介して検証してみたいと思いますscissors

<ケース1>「朝野球の佐々木」

僕が23歳の時から15年間続けている朝野球baseballですが、このチームをまとめているキャプテンが「佐々木」という高校時代の同級生ですpaper

彼は非常にリーダーシップがあり、チームが暗いムードdownの時などは、一番大きな声を出してムードを変えることもできる頼もしい存在ですhappy01。いつも彼には助けられていますし、本当に感謝していますconfident

<ケース2>「MVDの佐々木」

「佐々木」という友人は大学時代の同級生にもいますshine。彼は僕が週に1度参加しているミニバレーチーム「MVD」のリーダーですup。MVDには正式に「キャプテン」というものは存在しないのですが、彼は自他ともに認めるチームリーダーですwink

彼の団体をまとめる「統率力」というものも非常に大きなものがあり、僕もそこについつい甘えてしまいますcoldsweats01

<ケース3>「転校生の佐々木」

さらに僕に関わることでいえばもう1つ、僕の小学生からの同級生にも「佐々木」という友人がいますpaper。彼は小学5年生の時に転校schoolしてきたので、昔からの幼なじみというわけではないのですが、スポーツが万能ですぐにクラスのみんなとも仲良くなりましたhappy01

彼もリーダーシップが強いタイプで、転校してきたにも関わらず、数ヵ月後にはクラスの委員長になっていましたup。野球baseballが凄く上手で、中学校に入学すると僕と一緒に野球部に入り、1年生からレギュラーポジションを獲得するような、クラスでも学校でも常に中心的な存在でしたconfident

このように、僕の周りにいる「佐々木」という友人は、なぜかみんなリーダータイプな人が多いのですが、それは僕の周りだけではなく、「スポーツの世界」を見ても度々そういうケースに僕は遭遇しますbell

<ケース4>「駒苫の佐々木」

僕がまず最初にこの「佐々木リーダー説」のことを気になりだしたその発端が、2004年に夏の全国高等学校野球選手権大会baseballを、北海道勢として初めて制した駒大苫小牧高校のキャプテンの佐々木孝介選手でしたpaper

彼はチームのことを考える優れたリーダーで、そのリーダーシップを活かし現在は母校の監督に就任していますshine

<ケース5>「ラグビーの佐々木」

2005年、今度は大学ラグビー界でリーダーシップを発揮する選手を僕は見つけましたscissors。その選手は早稲田大学ラグビー部の佐々木隆道という選手で、彼は当時の清宮監督のもと、早稲田大学ラグビー部の長い歴史の中でも“最強”と呼ばれたチームを作り上げたキャプテンですup

そのリーダー力を現すかのように、当時の早稲田大学ラグビー部は「佐々木組」と称されていました。いかに彼の存在が偉大で、チームに及ぼす影響が大きかったかが、その言葉を見れば分かりますよねconfident

<ケース6>「駅伝の佐々木」

最後は「駅伝」でのケースです。長野県にある佐久長聖高校、平成に入りめきめきと頭角を現し、今ではすっかり高校駅伝の名門校になった高校ですschool

そして、この高校が全国制覇を成し遂げた2008年の駅伝部キャプテンが、佐々木寛文という選手です。彼はその後、早稲田大学に進学し今年も箱根駅伝を走りましたrun。その彼は現在は大学3年生なわけですが、既に新チームの主将に決まっているそうですgood

このように僕の知る限りでは、スポーツ競技の主将、いわゆるキャプテンには「佐々木」という名前の方が非常に多いのですshine。そしてそれは同時に僕の身近でも言えることですpaper

もちろんこれは僕の勝手な考えであり、実際は「佐々木」ではない名前のキャプテンがたくさんいると思います。もっと言えば、逆に「佐々木」という名前のキャプテンは本当はそんなに多くないのかもしれませんcoldsweats01

でも僕個人としては、なぜか「佐々木」という名前の方にとても縁があり、そしてその方々がなぜか常にリーダー的な存在にいるということだけは、お伝えしておきますhappy01

これが僕の言う、「佐々木リーダー説」という1つの結論ですpaper

皆さんの周りには「佐々木」というお名前の方shadowはいらっしゃいますか?そしてその方は、何かのリーダーではありませんか?ちょっと気にしてみてくださいhappy01

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の名字しりとり> 世歩(せほ)さん→細身(ほそみ)さん、これも希少なお名前のように感じますが、名前が「細身」だけに体ももしかするとスレンダーだったりするかもしれませんね。そんな「細身さん」という方は全国には10名程いるそうです。

|

« 『アフタースタイル』~カット2~ | トップページ | 謎が多い、痛い遺体・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/43680291

この記事へのトラックバック一覧です: 佐々木リーダー説。:

« 『アフタースタイル』~カット2~ | トップページ | 謎が多い、痛い遺体・・・ »