« 土俵が沸いたあの時代。 | トップページ | ジャンケン大会。 »

2012年1月27日 (金)

NECO’S キッチン♪23

こんばんにゃ~night 北の猫男爵ですcat

今週は日本列島を猛烈な寒波typhoonが襲い、普段は雪snowの積もることのない東京などでも積雪が観測され、その雪が凍結したために、あちらこちらで転倒downやスリップなどの事故が相次いで起きているのをニュースtvで見かけました。

僕らが住んでいる北海道では、少々の降雪があっても生活にはさほど影響はないのですが、雪に縁のない地域ではほんのわずかの雪でも、そこに暮らす人々の生活に大きく影響を及ぼすということを痛感したニュースでしたpaper

この寒波typhoonはまだ来週も居座るようですので、しばらくは油断ができませんbearing。幸いにも、天気予報では十勝地方は天気が良さそうなのでひと安心ですが、それでも朝晩の冷え込みdownは相変わらず厳しいようですから、風邪などひかないように十分気をつけてくださいねdanger

さて、そんな今日は久しぶりに「料理を作る」あの名物シリーズ企画をお送りしますrestaurant

「料理は想像から生まれる娯楽」というテーマのもとに、僕猫男爵がオリジナルレシピを考案しflair、このブログでご紹介しているこの企画ですが、参考にしているのは皆さんご存知の『MOCO’S キッチン』ですtv

『MOCO’S キッチン』は日本テレビ系列で毎朝放送されている『ZIP』の中のコーナーで、 速水もこみちさんが自慢の料理restaurantの腕を披露する人気の企画ですshine。その“本家”の名を汚さないためにも、僕も一生懸命「料理の創造」に努力したいと思いますhappy01

さあ、前置きはこのへんにして、それでは早速今日も『NECO’S キッチン』のスタートですnote

<NECO’S キッチン>~第23回~

皆さんこんばんは、猫男爵ですhappy01。2週間のご無沙汰でしたが、皆さん元気にお過ごしでしたか?実は僕は、タイの方に小旅行airplaneに行っていました。そこでたくさんの美味しい料理restaurantをいただき、非常に満喫することができましたhappy02。そんな余談はさておき、それでは今日はどんなリクエストpcが来ているのでしょうか、早速見てみましょうwink

猫男爵:今日ご紹介するメールmailは、ペンネーム「若大将」さんからですpaper

若大将さん:はじめまして、私は「若大将」と申します。年齢は50歳、妻と2人の息子の4人暮らしですhouse。実は恥ずかしいお話ですが、私は料理と言うものには全く興味がなく、今まで料理をしたことがありませんcoldsweats01。いつも妻に任せっぱなしなので、たまに妻と子供達に何か料理を作ってあげたいと思っています。そこで猫さんに、何か私でも簡単に作れる料理を教えていただきたくメールしましたmail。ちなみに、お正月に使った「お供え餅」が結構余っているので、それを有効に使いたいのでお願いしますpaper

猫男爵:いや~実に素晴らしいじゃないですかhappy02。奥さんやお子さんたちに何かを作ってあげたいsign03その気持ちは心の中で思っていても、なかなか行動にはできませんよねscissors。それではそんな料理経験のない「若大将」さんでも、簡単に作れる「餅料理」を今日は作っていきましょうgood

<材料> お餅、ベーコン、カレー粉、醤油、砂糖、片栗粉、中華スープ、以上ですrock

NECO’Sキッチン♪23

oneまずはお正月に余った「お供え餅」ですが、「お餅」に切り目を入れてレンジで30秒ほど加熱しますup。最近の「お供え餅」には切り目が入っているので、その場合はそのままレンジに入れるだけなのでもっと楽ですwink

NECO’Sキッチン♪23

two次に「お餅」を細長い形に切り、それを「ベーコン」で巻きますscissors。「ベーコン」の代わりに「豚バラ肉」でもかまいませんpaper

NECO’Sキッチン♪23

three熱したフライパンにサラダ油を敷き、先程の「ベーコン」を巻いた「お餅」を焼きますshine。ポイントは、あまり火を強くせずに弱火でじっくりと焼きましょうpaper

NECO’Sキッチン♪23

fourその間に今度は、鍋に水を入れて少し煮立てます。

five少し煮立ったところに、「中華スープ」「醤油」」「砂糖」「カレー粉」を入れてさらに煮立てますup

sixひと煮立ちしたら、最後に「片栗粉」を入れて“とろみ”をつけますshine

NECO’Sキッチン♪23

sevenフライパンで焼いていた「ベーコン」を巻いた「お餅」は、これくらいの焦げ目がつけばOKですgood

NECO’Sキッチン♪23

eight器に「ベーコン」を巻いた「お餅」を移し、先程の煮立てた“とろみ”のある「カレー」をかければ完成ですshine

『お餅のベーコン巻き、カレー風味』今日はこれで決まりscissors

余った「お供え餅」も、こんな感じで楽しみながら食べると、また違う美味しさが出るのではないでしょうかhappy01。お酒beerの“お供”にもなりますし、ちょっとした「オヤツ」感覚でも食べれますよねhappy02

この日はちょっと食材の調達不足で、本当は「水菜」が欲しいところでしたcoldsweats01。「お餅」の下に「水菜」などを敷くと、緑色を出すと色合いも出て良いかと思いますgood

「若大将さん」もぜひ挑戦してみてはいかがでしょうかwink。奥さんもお子さんもきっと喜んでくれると思いますよgood

さあ、今日の『NECO’S キッチン』はいかがでしたかpaper次回の『NECO’S キッチン』もどうぞお楽しみにhappy01

それでは今日はこのへんで。チャオ(ciao!)

<今日の名字しりとり> 芹澤(せりざわ)さん→若曽根(わかそね)さん、「中曽根さん」とか「ギャル曽根さん」なら聞いたことはありますが、まあ「ギャル曽根」は名字ではないですけどね(笑)、「若曽根さん」という名前もあるんですね。日本は広しです。そんな「若曽根さん」という名前の方は全国には230名程います。

|

« 土俵が沸いたあの時代。 | トップページ | ジャンケン大会。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211087/43754667

この記事へのトラックバック一覧です: NECO’S キッチン♪23:

« 土俵が沸いたあの時代。 | トップページ | ジャンケン大会。 »